着物の帯の買取相場は?帯の種類別価格と高額で売るためのポイントを解説

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着物の帯の買取相場は?帯の種類別価格と高額で売るためのポイントを解説 帯買取のアイキャッチ

着物の着る機会が減っている近年、着物だけではなく帯の処分に困ってる…なんて方は多くいらっしゃるはず。

「着物の帯って買い取ってもらえるの?」「自分の持っている帯はいくらするんだろう」
このような疑問をお持ちの方に、当記事では買取されやすい帯の種類や買取相場をご紹介します。

高く売るためのポイントも解説しますので、不要な帯をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

弊社着物のバイセルでは、着物だけでなく帯の買取も行っています。

お問い合わせから最短即日で査定にお伺いすることが可能です。(全国47都道府県対応)
どのような帯も、知識豊富な査定員が丁寧に査定させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから
※24時間・土日祝も受付

買い取りされやすい帯の種類と買取相場

帯の買取相場グラフ

着物市場において買取の対象になりやすい帯は、袋帯・名古屋帯・丸帯・角帯・半幅帯の5種類です。
以下に、各帯の平均買取相場をまとめました。

帯の種類(有名作家物の場合) 買取相場
袋帯 ~200,000円
名古屋帯 ~120,000円
丸帯 ~50,000円
角帯 ~40,000円
半幅帯 ~20,000円

近年では、袋帯がもっとも高く買取される傾向にあります。
特に見た目の豪華さ・格式の高さ・用途の広さは査定額に影響する部分です。
以下からは各帯の特徴と相場をご紹介していきます。

【袋帯】~200,000円

袋帯のイラスト

帯の中で最も高値での買取が期待できる袋帯の相場は、約~200,000円です。

最も格式が高い一方重くて着付けがしにくい「丸帯」に代わり、扱いやすい礼装用の帯として新たに誕生しました。
生地の表地と裏地を袋状に縫い付けてあるのが特徴で、古典的な吉祥文様から現代的で鮮やかな色柄まで多彩なデザインとなっています。

帯としての格式は高いので、振袖や留袖・色無地・訪問着など礼装にも準礼装にも合わせることができます。
さらにはお洒落着にも合わせられ幅広いシーンで使用できることから、需要とともに相場も高くなっています。

【名古屋帯】~120,000円

名古屋帯のイラスト

名古屋帯の平均相場は約~120,000円です。

袋帯を簡略化した帯で、小紋や紬などカジュアルな着物に合わせられることが多いです。
ただし金や銀の糸が使われた帯は、もう少し格上のお洒落着に合わせることもできます。

格式は袋帯に劣るものの、長さは約3m60cm・幅は約30cmと扱いやすいことから高値がつく傾向にあります。
大正末期の名古屋帯は「アンティーク名古屋帯」とも呼ばれ、懐かしさのある色柄が人気なのも高値がつく理由の1つです。

【丸帯】~50,000円

丸帯のイラスト

丸帯の平均相場は、約~50,000円です。

帯の中でも最も格式が高く、第一礼装用の帯として使用されてきました。
柄は伝統的な有職文様や鳳凰・鶴など格調高い動植物が描かれ、金や銀などが織り込まれた豪華な作りのものが多いです。

しかし丸帯は一人では着付けがしづらいことから現在ではほぼ使われず、需要も高くはありません。

とはいえ状態によっては高値がついたり「アンティーク帯」として高額査定になる可能性もありますので、ぜひ一度査定に出してみてください。

【角帯】~40,000円

角帯の平均買取価格は、約~40,000円となっています。

約角帯は長さ約4m・幅約10cmほどに仕立てられていて、男性の和装においてもっとも用いられる帯です。
男帯としては「兵児帯」も有名ですが、角帯は兵児帯よりも格式高いとされています。

男性用の帯は女性用に比べて少ないため、買取価格が高くなると言えるでしょう。

【半幅帯】~20,000円

半幅帯の買取価格は、約~20,000円となります。

名前の通り半分の幅で作られた帯で、一般的な帯の幅が約36cmであるのに対し半幅帯は約18cm幅で仕立てられることが多いです。
カジュアル向けの帯ですので、紬や浴衣などの普段着に合わせることができます。

特別希少価値や格式が高いわけではありませんが、だからこそ保存状態が査定額を左右するといっても過言ではありません。
高額買取を期待するがのであれば、綺麗なうちに早く売ることがカギといえます。

高値で買取されやすい帯の3つの特徴

以下3つの帯は、より高値で買取されやすい傾向にあります。

  • 有名作家の帯
  • 人気織元の帯
  • 有名産地の帯

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①有名作家の帯

有名作家のグラフ

人間国宝等の有名作家が手掛けた帯は、高額で買取される傾向にあります。
以下に代表的な作家の買取相場をまとめました。

帯の種類(有名作家物の場合) 買取相場
北村武資 110000円
龍村平蔵 100000円
細見華岳 100000円
小川善三郎 65000円
川島甚兵衛 20000円
小森久 15000円

特に人間国宝である北村武資や細見華岳の帯は非常に価値が高いです。
また賞を受賞しているような帯作家の作品も高額買取が期待できます。

もしも上記のような有名作家の帯があれば、買取金額が高くなるでしょう。

お手持ちの帯が有名作家作品かどうかを判断するには、着物の知識がある専門家に査定を依頼するのが確実です。

②人気織元の帯

歴史がある織元や人気織元の帯も、高い買取価格がつくことが多いです。
なぜならどの帯を購入しようか迷っている方や着物の初心者の方にとって、織元の信頼度やブランド力が重要になるからです。

帯の代表的な織元には「川島織物」「白綾苑大庭」「枡屋高尾」などがあります。
中でも「白綾苑大庭」は西陣織の帯の最高級品で有名で、多くの着物愛好家から支持されているメーカーです。

③有名な産地の帯

帯の産地を示した地図

有名な産地で作られた帯も、高額買取が期待できます。

帯には3大産地と言われるものがあり、「京都の西陣」「福岡の博多」「群馬の桐生」がこちらに当てはまります。
上記の産地の帯はより高い査定額になる傾向があり、数万円単位で変動することも珍しくありません。

お手持ちの帯がどこで生産されたものかどうか、しっかり確認してみるといいでしょう。

 

着物の帯を高く売るための3つのポイント

帯を高く売るには、以下のようにおさえておくべきポイントがあります。

  • 汚れ落としや補修は避ける
  • 着物の買取専門業者に査定を依頼する
  • 証紙一緒に査定に出す

帯そのものの価値は同じでも、上記だけでさらに数万円の価値がつくこともあるためぜひチェックしておきましょう。

①汚れ落としや補修は避ける

1つ目のポイントは、汚れや傷を落とそうとむやみに補修やクリーニングには出さないことです。

帯は汗染み込んだり汚れが付着したりと、和装品の中でも汚れやすいです。
そこでクリーニングに出して綺麗にしようと考える方もいらっしゃいますが、帯のクリーニングには専門の知識や技術が必須。
むやみに手を加えたり、一般のクリーニングに依頼をするとかえって帯の状態や風合いを損ねてしまう恐れがあります。

結果的に査定額が下がってしまった…なんてケースもありますので、査定まではそのまま保管しておくのがベストです。

②着物の知識が豊富な着物買取専門業者に査定依頼をする

2つ目は、帯の査定や買取は着物の専門業者に依頼をすることです。

そもそもリサイクルショップや古着屋では、帯の買取は受け付けていないケースが多数見受けられます。
また買取専門業者に依頼をしても、着物の専門知識がなければ帯の価値を適切に判断することはできません。

本来は価値がある帯もほとんど値がつかなかった・・・なんてことも少なくありませんので、少しでも高額で売りたいとお考えの方はぜひ着物専門の買取業者に依頼をしましょう。
弊社着物のバイセルでは専門知識を持ったスタッフが丁寧に査定をいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

↓バイセルの出張買取はお問合せから最短即日・無料で査定↓
値段だけ知りたい方もOK。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから
※24時間・土日祝も受付

③証紙も一緒に査定に出す

帯と証紙を一緒に出す

3つ目のポイントは、査定時に帯と一緒に証紙も出すことです。
証紙とは帯の価値と品質を示す重要な証明書のこと。

作家や織元によって帯の価値が変わることは上述しましたが、証紙があることで有名作家や有名産地の帯だと証明できます。

証紙がなくても買取は可能ですが、有無によって価格は大きく変動します。
大切に保管しておき、売却の際は必ず査定員に提示してください。

着物の帯は種類によって買取価格が異なる

着物の帯は、種類や産地・作家などで買取金額が大きく変わってきます。
実際に帯がいくらになるのか知りたい方は、専門知識を持つ査定員による査定が必須です。

バイセルでは着物買取のプロが多数在籍しており、お持ちの帯はいくらで買取可能か正確な金額を査定いたします。

最短即日で査定にお伺いいたしますので、ぜひ一度無料査定をご検討ください。

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓