着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
袋帯の仕立て方

袋帯の仕立て方

袋帯

礼服用の帯としてなじみが深い袋帯。袋帯の仕立て方の歴史や保管方法をしっかりとチェックしていきましょう。

袋帯の歴史

丸帯が重くて締めにくいということから袋帯の仕立て方が誕生したという歴史があります。そして、時代の流れとともに軽装化の趣が強くなっていくことにより、一般にも広く普及が進んでいったのです。そのうえ、丸帯に比べ袋帯の仕立て方はコストもかからないというメリットもあったのです。袋帯の仕立て方は長さが約430センチ以上になっています。礼装用に特化しているため、礼装である二十太鼓ができる長さが基準となっています。さらには、手先部分とタレから胴回り一周分だけ柄が入っている六通柄になっているという特徴があります。

袋帯の保管方法

袋帯の仕立て方の保管方法は、湿気や水分に注意することが大切になっています。きちんとすることで、袋帯の仕立て方を経年劣化からしっかりと防いでくれます。袋帯の仕立て方のたたみ方は、中側が表になるように二つ折りしていき、さらに三つ折りの屏風たたみにすることになります。そして、袋帯の仕立て方を和紙に包んでタンスにしまいます。タンスにしまったら二週間に一度ほどタンスの扉を開けておくことをおすすめします。扉を開ければ、タンスの中にこもっている湿気や水分を外に逃がすることができ、袋帯の仕立て方を守ってくれる働きがあります。

袋帯の査定のポイント

袋帯の仕立て方について、査定のポイントは汚れやほつれがないかどうかという状態が大切になっています。そのため、日頃から丁寧な保管方法を実践することをおすすめします。丁寧な保管方法ができていれば、高価買取につながることが考えられます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。