帯買取で得するコラム|袋帯の特徴

袋帯の特徴

袋帯の特徴

成人式や結婚式で袋帯を締めたことのある人もいるかもしれません。袋帯は女性の正装用の帯として良く知られています。正装用のものは豪華なのが特徴です。その一方で、日常に使えるものも販売されており活用範囲の広い帯となっています。

アレンジ自在な帯

袋帯は裏が無地になっているのが特徴で、軽く締めやすくなっています。この特徴のため、コツをつかめばひとりでも簡単に帯を結ぶことができます。もっとも名古屋帯に比べれば重さがあります。袋帯の幅はおよそ31センチメートル、長さは4メートル17センチメートル以上とされています。長さに余裕があるので二重太鼓結びや振袖用の変わり結びをすることも可能です。結び方のアレンジの幅が広いのも袋帯の特徴です。このため、自分で結び方をアレンジして1つの帯で多彩な着こなしを楽しむ人もたくさんいます。袋帯はおしゃれを楽しみたい人にも向いている帯と言えるでしょう。

袋帯の種類

袋帯は種類が多彩なことが特徴です。正装用の袋帯は織り帯が一般的です。金糸銀糸を用いた豪華なものが多く見られ、価格は高いものでは数百万円もします。正装用には正倉院模様や有職模様、幾何学模様などの柄が適当とされています。京都の西陣で織られている帯が有名です。その一方で袋帯には小紋や紬に合わせる「しゃれ帯」と呼ばれる比較的カジュアルなデザインのものもあります。こちらは染め帯も販売されています。このようにいつでも着用できるのが袋帯の特徴となっています。帯ごとの特徴をつかめば着物にあわせたおしゃれを楽しめるでしょう。

仕立ての特徴

袋帯は種類が多彩なことが特徴です。正装用の袋帯は織り帯が一般的です。金糸銀糸を用いた豪華なものが多く見られ、価格は高いものでは数百万円もします。正装用には正倉院模様や有職模様、幾何学模様などの柄が適当とされています。京都の西陣で織られている帯が有名です。その一方で袋帯には小紋や紬に合わせる「しゃれ帯」と呼ばれる比較的カジュアルなデザインのものもあります。こちらは染め帯も販売されています。
このようにいつでも着用できるのが袋帯の特徴となっています。帯ごとの特徴をつかめば着物にあわせたおしゃれを楽しめるでしょう。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

遺品整理で出てきた帯や和服類を買取してもらいました

遺品整理で出てきた作家ものの帯や和服を買取していただきました。私は着物のことが詳しくなかったのですが、家にきた査定員の方は私にもわかるように丁寧に説明しながら査定してもらいました。保管状態があまり思わしくなかったようなので、買取金額はそこまで高くはなったのですが、査定員さんが丁寧に説明していただけたので納得して売ることができました。


出張買取サービスは便利ですね

昔は趣味で茶道をしていたので着物をよく着ていましたが、普段はあまり着物を着る機会がなく作家もの帯や結城紬が押入れに眠っています。着なくなっていたので売ることにしました。着物買取さんは出張買取サービスがあるのでとても便利ですね。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ