袋帯の種類について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
袋帯の種類について

袋帯の種類

西陣袋帯

和装には欠かせない袋帯ですが、一口に帯と言っても様々な種類があります。袋帯の種類を知る事でより着物を楽しむ事ができるかも知れません。どんな物があるのか、ご紹介いたします。

袋帯の歴史

袋帯の原型は丸帯とされています。丸帯は裏表共に柄があり、昭和初期までは晴れの日の装いに多く用いられていました。しかし模様が裏表にあるのでかなり重量がある種類となります。袋帯は重くて締めにくい丸帯に代わり、明治後期の頃から作られるようになりました。表は柄がありますが、裏は無地であるため重量も軽く、結び方の種類も豊富です。袋帯は服装の簡略化、軽装化を目的に作られましたが次第に訪問着などの種類にも用いられるようになり、正装の留袖に締められる事もあります。通常店頭では口かがりがされていない状態で販売されており、これに帯芯を入れ仕立ててから着用します。

袋帯の種類

袋帯にも様々な種類があります。留袖や振り袖などフォーマルな装いに使う種類と、おしゃれ訪問着や小袖に使われる種類とに大別されます。フォーマルな物は錦織、唐織、綴織など格調の高い生地でできています。一方おしゃれ着に用いられる袋帯は「洒落帯」と呼ばれ、カジュアルで二重太鼓で締めるのに向いています。小袖や紬に合わせる帯は九寸名古屋帯の一重太鼓などが一般的でしたが、洒落帯の二重太鼓も人気となっています。袋帯は西陣織の格調高い物、しゃれ味豊かな物、おしゃれ感の強い物など多くの柄がありますが、着る着物の格調に合わせて選ぶ事が大切です。

袋帯の特徴

袋帯の特徴は表が柄があるのに対し、裏は無地であるという事です。長さや巾は種類によって差はありますが長さは約4m30cm前後、巾は約31cm程度になります。名古屋帯に比べ70~80cm長い袋帯は二重太鼓や変わり結びにして用います。二重太鼓には「喜びが重なる」という意味があるので黒留袖や振袖などの慶事で正装用として使われます。また袋帯は女性用だけでなく、男性用の種類もあります。こちらは角帯を袋状に織った種類の物を指します。柄付けは帯全面に柄がある物や六割に柄がある六通柄を主とし、お太鼓部分と前にのみ柄があるお太鼓柄もあります。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。