帯買取で得するコラム|名古屋帯のコーディネート

名古屋帯のコーディネートについて

あなたににぴったりな名古屋帯を選ぶために

カジュアルにもセミフォーマルにも使える名古屋帯ですが、様々な種類の生地があります。また、柄行(絵柄)によって、ベストなコーディネートがそれぞれ異なります。

名古屋帯の特徴やコーディネートについて

袋帯よりも格式ばらない名古屋帯は、普段にはもちろんのこと、少し改まったシーンでも締めることのできる実用的な帯です。付け下げや色無地の他、紬、小紋を中心に使われ、生地や柄行きにも種類があります。カジュアルからセミフォーマルなコーディネートに対応できる名古屋帯ですが、訪問着・留袖にコーディネートすることはあまり無ありません。フォーマル向けの袋帯と、インフォーマルな八寸帯との中間が、名古屋帯といえます。自分にぴったりの名古屋帯を使ってコーディネートすることで、常に快適な着物ライフを送ることができます。

自分の体に合う長さを知ること

自分にとって最適な名古屋帯のコーディネートの条件は、全体的な長さだけではなく、お太鼓の部分、胴や手の部分などの長さも含めて自分にぴったりだと思えることです。自分に合っている名古屋帯ならば、体に巻いたり締めたりする全ての動作において楽に扱えるため、着物姿のコーディネートも素早く完成させることができます。このようなことから、帯結びにストレスを感じているという場合は、長さが自分に合っていないことも十分に考えられます。名古屋帯は、お太鼓と、胴・手の部分の長さがまちまちだということを理解した上で、自分にとって短過ぎず長過ぎない長さを把握してコーディネートすることが重要です。

名古屋帯の主な種類とコーディネートのポイント

着物や柄行によって名古屋帯をコーディネートすることは、大切なポイントです。幅広い種類の着物に着用できるのが魅力ですが、どのような着物にも使用できるわけではないという点を理解しておく必要があります。名古屋帯のタイプを大きく分けると、織り名古屋帯・染め名古屋帯に分けることができます。織りのタイプは、付け下げと色無地の他、小紋によく使われますが、カジュアルなコーディネート(紬など)に向く柄行もあります。染めのタイプは、紬・小紋とのコーディネートに最適で、モダンな雰囲気の柄行や季節感のある柄行が充実しています。これらのタイプにとらわれ過ぎず、帯の柄行・格調などを基準にそれぞれの着物と組み合わせれば、あなたの個性や魅力を生かす名古屋帯のコーディネートに繋がります。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

帯だけでも買い取ってくれるのはいいですね!

電話対応も良く丁寧に教えてくれたので、わかりやすかったです、自宅まで、査定しに来てくれるので、便利でした。査定価格も予想以上の価格だったので、十分に満足しています。帯だけの査定だけでも自宅に来てくれたのがうれしかったです


不要になった帯や和装小物を処分できました

不要になった帯や和装小物をしっかり買取ってもらうことができました。電話対応のときから非常に対応が良かったです。電話をして、あとはスタッフが自宅にきてもらえるだけなので大変便利でした。査定価格も十分に納得できる価格だったのも評価できる点です。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ