名古屋帯の種類について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
名古屋帯の種類について

名古屋帯の種類

名古屋帯2本

名古屋帯とは、お太鼓に結ぶ帯のことで、名古屋仕立てで仕立てることが多くあります。お太鼓部分の端の部分を縫って、手先から胴回りの部分を半分に折る仕立て方です。いくつか種類がありますので、ご紹介します。

着物のバイセルでは、名古屋帯をはじめ帯の買取も行っております。
詳しくは着物のバイセルの帯買取についてをご覧ください。

九寸帯または九寸名古屋について

名古屋帯は帯の幅が9寸であることから、別名九寸帯と呼ばれます。両方を含めて、九寸名古屋と呼ぶこともあります。大正時代、名古屋女学校の教師であった越原春子氏が名付け親と言われています。いわゆる名古屋帯は、この九寸帯のことを指すことが多くあります。二重太鼓を簡略化して、一重のお太鼓が結べるように短くなっているのがこの種類の特徴です。カジュアルからセミフォーマル幅広い場面に応じて締めることができるので、素材の種類や柄などをあなたの好みに応じて選ぶ楽しさがあります。例えば、流麗な雲文などの上質な折柄の九寸名古屋帯であれば、フォーマルな帯としても使える種類です。

袋名古屋帯または八寸名古屋について

九寸帯に対して、幅が8寸の名古屋帯は、八寸名古屋と呼ばれます。別名で袋名古屋帯もしくはかがり帯とも呼ぶこともあります。垂れと手先の端をかがるだけのいわゆる単衣仕立てがこの種類の特徴です。袋帯の仕立てやすさと名古屋帯の軽さのいいところどりともいえるでしょう。厚めの種類の生地で作られることが多く、帯芯を必要としません。この種類はカジュアルにもセミフォーマルにも使うことができますが、例えば同じ綴れ織りであっても、金糸、銀糸を含む場合には、カジュアルには向きません。たとえば紬の浴衣に麻の袋名古屋帯を合わせるとよそゆきのコーディネートになります。

京袋帯について

表地に裏地を縫い合わせた袋帯と同じように仕立て、かつ名古屋帯と同じ長さに仕立てた帯の種類を京袋帯と呼びます。袋帯よりも軽くて、一方で前帯の幅を自由に変えることができます。名古屋帯という種類の中でも比較的お手頃です。格の高い柄付け、つまり柄が豪華であれば、素材の種類にこだわらず柄の格が優先されます。そのため京袋帯はポリエステル素材も一般的です。
なお、袋帯は通常二重太鼓を結ぶことができる長さに仕立てられますが、この京袋帯については長さが名古屋帯と同じで味覚できているので、二重太鼓を結ぶことはできません。

キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。