染着物買取で得するコラム|付け下げの買取について

付け下げの買取について

付け下げ買取の相場ってどのくらい?どこで買い取ってもらうのがベスト?

保管が難しく、着る機会も多くない「着物」をどうにかしたいと思っている方も多いですよね。

中には代々受け継がれている着物があるが、デザインも古く、着る事も無いので片付けたいと思っている方もいると思います。

昔よりも圧倒的に着る事の無くなった着物ですので買取の需要が無いのでは?と思われがちですが、実は現在、海外の人へのお土産に購入したり、観光旅行に着て行く方も増えたので徐々に需要が高まりつつあるんです。

また、日本国内でも着物をメインにしたイベントが毎年開催されている地域もあり、レンタル店も充実しているんですね。

その都度新品の着物を買う方もいますが、やはりそこまで着る機会が無いので中古でOKという方も多く、その分、着物買取サービスに力を入れている業者もたくさんいます。

今回はそんな着物の買取、準礼装として着る「付け下げ着物」の買取についてご紹介したいと思います。相場やオススメの買取先なども合わせてご紹介します。

付け下げ着物ってどんな着物?

付け下げ着物を買い取ってもらう前に、「付け下げってなんぞや?」という方も多いと思うので簡単にご説明させていただきます。

留袖や振袖は見た事、聞いた事があると思いますが、付け下げって少しも想像できないですよね。

自分の手元にある着物が付け下げかどうかなんて、素人には判断できません。

どんな特徴があるのか、見てみましょう。

  • 様々なシーンで活躍してくれる「付け下げ着物」
  • 人生の節目など特別なシーンでしか着る機会の少ない「留袖」や「振袖」と違い、「付け下げ着物」は結婚披露宴や祝賀パーティー、訪問着、クラス会・同窓会、お子さんの参観日や学芸会、入学式・卒業式、茶会、正式な場所へのお出かけ用など様々なシーンで着ることができます。

    もちろん留袖のような第一礼装では無いので、結婚式の開催側として着ることはできませんが、それでも普通の着物よりが格が高いので、1着は持っているという方も多いのではないでしょうか?

    ちなみに結婚しているしていないに関わらず着ることができます。格は留袖の下、訪問着と同じ格になります。

    留袖のように紋を入れることができ、紋が入ると格が上がるとされているんですね。このポイントは着物買取の際にもチェックされるかと思います。

    柄のデザインは色々ありますが、幅広いシーンで活用したいのなら柄付けがシンプルで、派手過ぎないものを選ぶようにしましょう。

    華やか過ぎたり、紋が入っているとお出かけ用にはあまり向きません。付け下げは反物の状態で、描かれた模様が着用時に全て上を向くようになっているのが特徴。

    訪問着と似たような見た目ですが、昔は訪問着より格が下とされていました。現在では、訪問着と同じ格として扱われることが多いです。

  • 付け下げにはどんな帯がオススメ?
  • ちょっとしたお出かけ用、お子さんの参観日やイベント、訪問着として着用したいなら染め名古屋帯や箔入り袋帯、デザインのオシャレな袋帯などを組み合わせると良いかと思います。

    付け下げのデザインはシンプルで軽めのものがオススメ。付け下げが地味でも、帯で適度な華やかさを演出することができるので、オシャレでカジュアルな着こなしが可能。

    よりフォーマルに着こなしたいのであれば、付け下げのデザインは華やかで箔などをたっぷり使用したものをチョイスし、唐織や古典柄の袋帯といった格の高い帯を組み合わせると良いかと思います。

    付け下げは描かれている模様やデザイン、そして袋帯や名古屋帯などを組み合わせる事によって様々なシーンで活躍してくれるんですね。

    付け下げは買い取ってもらえるの?買取相場は?

    様々なシーンで着用できる付け下げは所有しているという方も比較的多く、TPOに合わせて数着揃えているという方も少なくありません。

    たくさんある付け下げもきちんと保管し、定期的に着る機会があれば長い間愛用することができますが、ダンスの奥に眠ったままにしておくとどんどん状態が悪くなり、買取価格も下がってしまいます。

    もう着る機会が無い、この先きちんと保管できる自信が無い・・・と思ったら一度、「付け下げ」の買取査定をお願いしてみてはいかがでしょうか?

    当サイトのように自宅まで訪問査定してくれる出張買取サービスは基本的に無料で利用できますし、査定額に納得がいかなかったり、とりあえず保留にしたい時も買取を断ることが可能です。査定額を見積もってもらってから、処分するかどうか決めるのも1つの方法かと思います。

    付け下げは着られないほど傷ついていたり、汚れていたりしない限りは基本的に着物買取店でもリサイクルショップでも買い取ってもらえる可能性が高いです。

    もちろん当サイトのような着物買取専門のサイトでも査定可能となっています。気になる買取相場ですが・・・「安い場合だと~10.000円前後、高い場合だと20.000円前後」になることが多いようです。

    あくまで大まかな付け下げの買取相場となっているので、全ての付け下げにそれらの買取価格がつくとは限りません。より高値で買い取ってもらいたいなら、できるだけ状態の良いものを早めに買い取ってもらうようにしましょう。

    付け下げはどこで買い取ってもらうのがベスト?

    付け下げをより高値で買い取ってもらうためには保存状態が良い事も大切ですが、買取先選びも非常に大切です。

    買取専門店、リサイクルショップ、買取専門サイトなど付け下げを買い取り、査定してくれるお店はたくさんあります。その中から1店を絞るのはちょっと大変ですよね。

    良い買取先を選ぶポイントをいくつかご紹介しましょう。まずは《買取実績の高さ》。買取実績が高いという事は、それだけ利用する方も多く、スムーズに買い取ってもらえる可能性も高いという事になります。

    また、実績の高さは信頼と信用の高さにも繋がりますので、より安心して依頼することができます。

    着物買取の中でも実績の高さで注目を集めているのがスマホやパソコンから申し込みできる「着物買取サイト」。

    気軽に利用できる、付け下げを含む幅広い種類や状態の着物を査定してもらえる、訪問査定で持ち込む必要なしなので多くの方が利用している着物買取サービスなんですね。

    次のポイントは《目利きのある査定スタッフがいるかどうか》。

    どんなに人気のある着物買取店でも目利きのある査定員やスタッフがいないと適正な査定額を出してもらえない場合があります。

    特にその付け下げの品質や価値を証明するもの(証紙など)がないと査定ポイントがグっと下がり、せっかく高値で買い取ってもらえそうな付け下げでも数千円や数百円で終わってしまう事もあるんですね。

    買取額をムダに下げてしまわないようにする為にも、しっかりと目利きのある査定スタッフのいるお店やサイトにお願いするようにしましょう。

    特に着物買取を専門にしている着物買取サイトは、着物の知識が豊富で、目利きのあるスタッフも多い傾向にあります。

    最後のポイントは《出張買取サービスなどがあるかどうか》。たくさんの付け下げを箱や袋に詰めて、車に載せ、買取先に持ち込むのは簡単なことでは無いですよね。

    お年寄りの方だと時間もかかり苦労するかと思います。そこで持ち込む必要のない、自宅訪問型の出張買取サービスが利用できれば自宅に売りたい付け下げを用意しておくだけで良いので気軽に査定してもらう事ができちゃうんですね。

    この出張買取サービスは着物販売店やリサイクルショップでは中々見られないサービスであり、主に当サイトなどが行っています。

    良い買取店選びのポイントから参考にすると、付け下げは「着物買取サイト」で買い取ってもらうのがベストと言えるでしょう!ぜひ一度無料査定をお願いしてみてくださいね。

  •       

    以下の商品の買い取りもおこなっております。

    フリーダイヤル:0120-102-142

    キャンペーン

    必要事項を記入の上、
    【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

    ● お名前

    ● 電話番号

    ● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

    ● 住所

    ● メールアドレス

    上記の個人情報の利用目的に同意する

    このページの先頭へ