染着物買取で得するコラム|留袖の買取について

留袖の買取について

留袖買取の相場!どんな留袖だと高額買取してもらえるの?

着物買取と一言に言っても、査定してもらえる着物の種類は様々。

振袖や訪問着、着け下げ、有名作家の着物などたくさんの種類を買い取ってもらえるんですね。

今回は「留袖」の買取相場をチェックしてみましょう。留袖にも黒留袖や色留袖などの種類があり、保存状態によっても査定額に差が出る場合があります。

どんな留袖だと高額買取してもらえるのか、どんなところで買取してもらうと良いのかも一緒にご紹介したいと思います。

留袖ってどんな着物?

まず着物買取査定を依頼する前に、「留袖」とはどんな着物なのかきちんと知っておきましょう。

結婚式などでよく見かける着物「留袖」

留袖とは第一礼装であり、着物の中でも格が高い着物となっています。よく、結婚式などでも見かけますよね。

他にも特別なイベントの際などに着用することが多いですが、着物であるため保管が難しく、デザインが自分の歳に合わなくなってしまったり、着る機会が少なかったりして不要になり買い取って欲しいと思っている方も少なくありません。

第一礼装なので購入する方も多いのですが、その分手放す方も多いんですね。

そういう時こそ気軽に利用できる当サイトのような着物買取サイトに査定依頼してみると良いですよ。

基本的に出張査定料は無料ですし、出張エリアも幅広く展開しています。

留袖の大きな特徴は1つの絵になるように前後の模様が縫い目で途切れることなく繋がっている裾に描かれた「絵羽模様」があること、そして必ず紋が入っていること、紋の数で用途が変わることなどが挙げられます。

留袖には既婚女性が着る「黒留袖」、そして既未婚問わず着ることができる「色留袖」があります。

黒留袖は背中の中心、前両胸、後ろ両袖に紋を5つ入れるのが正式とされており、生地には縮緬(ちりめん)と呼ばれる模様のない生地が使用され、先ほどもご紹介しました「絵羽模様」が裾の部分に描かれています。

一方、色留袖は黒以外の留袖の事を言い、紋の数で用途や格が変わるとされています。

5つ紋であれば黒留袖と同じ格の高さとして扱われ、1つ紋・3つ紋であれば正式な茶事、祝賀パーティーなどで着用することができます。

特徴的な裾模様、デザインやカラーも色々あるので人気も十分あり。

留袖の買取相場について

留袖は第一礼装の格の高い着物になるので丁寧に保管してあれば、比較的高額査定してもらいやすいです。

種類やブランドにもよりますが、留袖の買取相場は「安くて3.000円前後、高いと30.000円前後」といった感じになります。

え?思ったより少ない・・・と思うかもしれませんが、着物の需要が高まり、着物買取をお願いする方も多く、一般的な着物で1.000円前後になってしまう事も少なくないため、留袖の買取相場は決して低いものでは無いんです。

着る機会も無いのにいつまでも取っておいて、いざまとめて処分するときに1円にもならなかったら何だか勿体無い気持ちになっちゃいますよね。

それなら着物買取店やサービスにお願いして査定→そのまま買い取ってもらった方がメリットがあると思います。

どんな留袖だと高額買取してもらえるの?

比較的買取相場の高い留袖ですが、状態が悪いもの、人気のないものだとガクっと査定額が下がってしまう事があります。

なので、高額買取してもらいたいならいくつかのポイントをクリアしておく必要があります。

まず、どんな着物にも言えますが、《保存状態》はかなり重要になってきます。

シミなどの汚れ、傷、色あせなど保存状態が悪いとどんなに購入時に高かった留袖でも買取価格がつかないこともあるんですね。

風通しが良く、湿気の少ない場所で衣装ケースやタンスに入れて直射日光が当たらないように保管するなど、留袖の保管方法はとってもデリケートなのでいずれ買い取ってもらう予定があれば丁寧に扱うようにしましょう。

次は《希少価値があるかどうか》です。留袖の中には染め方などが貴重な重要無形文化財のもの、有名作家の作品、人間国宝のものなどがあり、それらの留袖は一般的な留袖よりも高額査定してもらいやすいです。

これは他の着物にも言えます。買取の際には産地や素材など、その留袖の価値や品質の分かる「証紙」が必須となるので無くさないよう注意してくださいね。

ちなみに家紋が入っていても取ることが可能ですので、紋入りの留袖でも気軽に買取査定に出してみましょう。

最後は《未使用品かどうか》です。多くの場合は一度袖を通した中古の留袖になりますが、中には購入したけど一度も袖を通さずに終わってしまったという未使用品の留袖もあると思います。

着物の買取は状態が良ければ良いほど、高額査定してもらいやすくなるので、新品同様の未使用留袖は高値がつきやすいんですね。しつけ糸がついたままの状態ですとなお評価が上がります。

これらの点をクリアしておけば、相場、もしくは相場以上の査定額が期待できるかと思います。

留袖はどんなところで買取してもらうと良いの?

留袖を買い取ってくれるところはいくつかあります。

まずは一般的なリサイクルショップですが着物だけの専門店では無いので、目利きのあるスタッフがおらず、きちんとした買取価格がつかない場合があります。

多少知識はあっても証紙などが無ければ、他の格の低い留袖と同じ買取価格になってしまうこともあります。

リサイクルショップの利用は最終手段と考えておいた方が良さそうですね。売る場合は少しでも状態を良くしておくのもポイント。

人気のある模様が入っていても、やはり目利きのあるスタッフがいなければ、高額査定に繋がることは少ないかと思います。

近所の着物買取店にお願いすることもできます。

ですが、着物を販売しても買い取ってくれるという業者はそこまで多くは無いので、見つけるのが面倒というデメリットがあります。

また、持ち込む必要があるので売りたい留袖が何着もあると運ぶのに一苦労します。

その間によれてしまって、シワや傷を作ってしまうこともあります。車が無い方やお年寄りの方にはオススメできない買取場所かもしれません。

インターネットのオークションで中古の留袖を売ることもできますが、留袖=第一礼装、結婚式や祝賀会などおめでたいシーンなどで使用することもあり、品質の保証が無いオークションでは抵抗があるという方も多いんです。

オークションを初めて利用する方は売る側の評価も低いので、目に留めてもらう事も難しく、結果売り損になってしまうこともあるんですね。できればオークションでは販売しない方が良いでしょう。

それではどこが一番オススメなのか?・・・それは「着物買取専門サイト」を利用することです。

着物買取専門サイトは買取に関するサービスが充実しており、自宅に訪問しその場で買い取ってもらえる「出張買取」が利用できたり、通常着物買取専門店では買い取ってもらえない傷やシミがある留袖でも査定をお願いすることができるのです。

出張可能なエリアも広いので、気軽に査定をお願いすることが可能です。訪問するスタッフもしっかり着物の知識があるので、間違った価格がつく事も無いでしょう。

売る側がする事は依頼と留袖の用意だけ。後はその場で査定してもらい、査定額を出してもらって、(納得がいけば)その場で現金支払いしてもらって終了です。

着物の中でも買取価格の相場が高めな留袖。そのまま捨ててしまう前に一度、着物買取専門サイトで無料査定をお願いしてみてはいかがでしょうか?

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ