留袖の買取相場や価格はどれくらい?留袖の処分の適切な方法とは

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
留袖の買取相場や価格はどれくらい?留袖の処分の適切な方法とは

留袖の買取相場と価格をご紹介します!

白の着物女性が指を指している

着物の中でも格式高い留袖。

着物の種類についてあまり詳しくないという方のために、留袖についてご紹介いたします。

また、留袖の買取金額の相場や高く売れる留袖の特徴などもご紹介。

不要になった留袖が自宅にあるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

留袖とは?

留袖は着物の中でも格式高い種類に分類されます。

着物として価値が高いものも多く、高価な着物として有名です。

留袖の特徴としては裾の部分に縫い目をまたいで模様が入っているという点があります。

趣向をこらした派手で鮮やかなものが多く、一気にその場の雰囲気を明るくしてくれます。

着用する方の気分も上げてくれて、お祝いの席にもぴったりの着物となっています。

かつては未婚女性は留袖ではなく振袖を着るのが習わしでしたが、最近は晩婚化の影響もあり、振袖は派手すぎると感じる方は留袖を着用することが多くなっています。

留袖には、黒留袖と色留袖の2種類があります。

留袖の中でもより格式高いのは黒留袖。

色留袖はもう少しだけカジュアルな印象になります。

嫁入り道具として留袖を持たされたものの着る機会がないという方は、留袖の処分方法についても考えてみましょう。

黒留袖

黒留袖は、その名のとおり真っ黒の着物のことです。

五つ紋が入っているものが一般的です。

五つ紋の入っている黒留袖が着物の中で最も格式高く、冠婚葬祭や正式な場所に着用していくことを推奨されています。

少しカジュアルな三つ紋、一つ紋の黒留袖もあります。

生地は濱縮緬、丹後縮緬などが取り入れられているものが多く、裾に模様が入っているものも。

黒留袖は既婚女性の第一礼装です。

結婚式、披露宴などで親族の女性がゲストをお迎えするために着用することもあります。

戦前は黒留袖の下には白の下着と重ねて着用するのが習わしでした。

葬儀などに参加する際は、帯などもすべて黒で統一して着用します。

ブランドの黒留袖、職人が手がけた黒留袖などには、表からは見えない繊細な模様が入っているものもあり、このような留袖は買取価格が高くなります。

きちんと見えない部分まで査定してくれる着物買取業者を見つけるようにしてくださいね。

色留袖

黒以外の色の留袖と色留袖と呼びます。

黒留袖の次に格式の高い着物で、こちらも冠婚葬祭などに着用していくことが可能です。

葬儀には向きませんが、法事にはグレーなど控えめな色の留袖を着用することができます。

生地はやはり縮緬のものが多いですが、綸子、緞子などが用いられることもあります。

黒留袖と同様に五つ紋、三つ紋、一つ紋のものがあり、やはり紋の数が多いほど格式が高くなるという特徴があります。

色留袖は黒留袖と訪問着の中間にあたり位置づけとなっており、訪問着よりももう少しきっちりした格好がしたいというときに非常におすすめの着物となっています。

着用範囲が幅広く、また有名な作家が留袖を手がけていることも多いため、買取市場でも色留袖は人気です。

不要になった色留袖をお持ちの方は、売却も考えてみましょう。

留袖の買取相場は?

留袖の買取相場は、状態や生地、色、紋の数によっても変動しますが、1000円から50000円程度が相場のようです。

需要の多さで価格が変わる

もちろん50000円以上の買取価格がつくこともありますが、これらは需要の多さによっても変動します。

多くの人が着用できるようなシンプルなものであれば買取金額は高くなります。

黒留袖は急にお葬式に参列することになった、結婚式に出席するためにできるだけ費用を抑えるために中古の黒留袖がほしいという方も多く、買取してもらいやすいようです。

生地やブランドも重要

黒留袖、色留袖はシンプルな分、その生地やブランドが価値を左右します。

安いものは着物が好きな人ならひと目でわかりますし、反対に上質なものもわかりやすいというのが留袖の特徴です。

伝統ある生地を使用しているもの、ブランドのものなどは、それを証明できる箱や証紙をつけて一緒に買取に出すことでより高い金額を期待することができるでしょう。

高く売れる留袖

留袖の買取相場は様々ですが、中でもより高く買い取ってもらうことのできる留袖とはどんなものなのでしょうか。

その特徴をご紹介いたします。

年齢を問わず着用できる

まずは、どんな年齢の方でも着用できるデザインであること。

あまりにも華やかすぎる留袖は、若い方向けに見えて高齢の方は購入してくれません。

反対に地味な留袖も好まれません。

ほどよく華があり、品も感じさせるような色合い、柄の留袖は多くの女性から需要があり、高く買い取ってもらうことができるでしょう。

状態がいい

留袖に限らず、着物はその保存状態も買取価格に大きく関係しています。

しわがあるもの、汚れがあるもの、においがあるものなどは一気に買取価格が下がります。

とくに無地の留袖はこのような汚れが目立ちやすいので注意しましょう。

より高く買い取ってもらうには、早めに売ることが大切です。

状態が悪化してしまう前に手放すことで、いざ売りたいときに買取価格がつかない…という事態を避けることができます。

希少価値の高いもの

留袖の中には、貴重な技術を駆使した染め方を採用しているもの、着物自体が空用無形文化財のもの、さらに有名作家の作品や、人間国宝が手がけた作品などがあります。

これらの希少価値の高い着物はより高価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。

しかし、本物であることを証明するためにはその手がけた方や染め方を証明するための証紙が必要です。

業者によってはこの証紙がなければ買取を受け付けてくれない、買取金額が上がらないという可能性もありますので十分注意して、探してから買取に出すようにしてください。

留袖を高く買い取ってくれるところ

留袖は、リサイクルショップなどではなく着物買取を専門にしている業者に売ることをおすすめします。

着物に関する知識をきちんと持っており、適切な価格を提示してくれることでしょう。

ヤフオク、メルカリなどでは自分で価格を設定することができますが、着物に関する知識がないままに価格を設定すると高すぎて誰も買い手がつかなかったり、反対に価値のある着物を安く手放してしまう可能性もあります。

近くに着物買取店がないという場合でも、ネットの宅配買取などを利用して取引を行うことができますよ。

フリーダイヤル:0120-542-670

フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。


以下の商品の買い取りもおこなっております。