染着物買取で得するコラム|訪問着の買取について

訪問着の買取について

訪問着って買い取ってもらえるの?買取相場を把握しておこう!

「訪問着」って買い取ってもらえるのか調査してみました!その際の買取相場もチェック!

着物買取の際はある程度、着物に関する知識(相場など)を頭に入れておくと心強いですよ。

訪問着の買取相場とは?どれくらいで買い取ってもらえるの?

まずは気になる訪問着の買取相場から見てみましょう。ざっくりと調べてみましたが、状態の良い中古・新古で「10.000円前後」になる事が多いようです。

これはあくまで目安の相場ですので参考までに。「状態が良い」とは、きちんと保管されており、傷やシミなどが少ない(または無い)、使用感がそこまで強くないといった状態です。

なので、何度も袖を通した訪問着でも状態が良ければ査定額UPに繋がるんですね。ですが、ここで注意して欲しいのが「素材やデザイン」。

ポリエステルなどの高価でない素材を使用した訪問着や、ショッピングデパートなどで簡単に手に入る大量生産型の訪問着、デザインが古臭すぎたり・個性的過ぎて幅広い年齢層に対応できない訪問着などは査定額が下がってしまうポイントになります。

そうなると2.000円~3.000円程度の買取価格になってしまうことも・・・。

ですが、保管状態が良ければ素材やデザインが悪くても、多少は査定額UPに繋がるかもしれないので、今からでも丁寧に扱い、保管しておくようにしましょう。

一方、高額査定になりやすいのが人間国宝のものや有名作家の作品、伝統工芸品など。分かりやすく言いますと銘柄=ブランドの訪問着といった感じですね。

洋服やアクセサリーもそうですが、ブランド品であるのとそうでないのとでは買取価格に大きな差が出ますし、中古で購入する際も価格が高めだったりします。

訪問着にも「京友禅」や「加賀友禅」といったブランドがあるのですが、これらの訪問着は高額査定になりやすい傾向にあります。

人間国宝のものや有名作家の作品は素材も絹などの高級な素材を使用しており、デザインも魅力的なものばかり。

クセのない古典柄だと幅広い年齢層に対応できるので、その分人気も高く、高額査定してもらいやすくなるでしょう。

ブランドの訪問着の場合、買取相場は「数万円~」になる事が多く、ほとんど出回っていない希少価値の高いものであれば「数百万」の買取価格がつく場合もあります。

ブランドの訪問着の場合、ブランドである事を証明できる証紙などが必要になるので無くさないようにしましょう。

もし、無くしてしまった場合は高額査定が狙えない場合もあるので頭に入れておいてくださいね。

ブランドでもプリント柄だと査定額が下がる

加賀友禅などの訪問着ブランドの中には、人気の柄をインクジェットプリントした訪問着も存在します。

もちろん手描きでは無いので、購入価格もバカみたいに高いという事はありませんが、プリント柄なので査定評価は若干下がります。

「加賀友禅の訪問着だと思って、高額査定を期待していたら、インクジェットプリントされたものでそこまで高い査定額がつかなかった」という場合もあります。

そうなるとちょっとショックですよね。ちなみにしっかりと手描きされた訪問着ブランドであれば、必ず証明するものが付属されているので無くさないようにするのが大切。

色々な状態、種類の訪問着の買取相場をご紹介しましたが、やはり着物の知識が無いと素人では買取価格の予想は難しいかと思います。

なので自分で見て判断するより、地域の呉服店や着物、訪問着の目利きがあるスタッフのいるネットサイトでの着物買取専門店(当サイト)に査定だけお願いしてもらった方が良いと思います。

査定額は査定する人によって変わってきますので、時間と根気があれば何店か持ち込み、査定額を比較してみるのも良いでしょう。

訪問着買取のオススメはどこ?

訪問着買取のオススメは「プロの査定スタッフのいる、無料査定・出張査定OKの買取専門店」。

そんな都合の良いお店なんてあるの?と思いますが、最近では外国人の利用などで中古着物の需要も高まっていますので、様々な買取サービスを展開している着物買取専門店も多く存在するんです。

中でもインターネットの着物買取専門店は、プロの査定スタッフが揃っており(女性スタッフもいます)、無料査定・出張査定にも対応しているのでユーザーさんも非常に多いんです。

家賃や人件費などの余計なコストをカットしており、その分査定や買取に力を入れることができるので、より納得のいきやすい査定額になると言われているんですね。

1着からでも無料で査定してもらえるので、お手持ちの訪問着を処分したいと思っているなら一度無料査定をお願いしてみると良いですよ。

どんな着物なの?「訪問着」

祝賀パーティーや結婚式などあらたまった場所でもよく見かける「訪問着」は正装の1つとされており、「絵羽模様」と呼ばれる留袖と同じ縫い目をまたいで1つの絵になるように柄が繋がっているデザインになっているのが特徴です。

絵羽模様は反物の時点でおかしくならないように手描き絵を入れた後、染色作業をし、縫い目で途切れる事無く柄が繋がるよう工夫された模様づけであり、どんな着物にも施されているというものではありません。

既婚者でも未婚者でも着用する事ができ、最近では結婚式やパーティーなど華やかなシーン以外にも、お子さんの行事に着ていく方も多いそうです。

留袖のように紋を入れる事もできますが、紋を入れてしまうと街着のように気軽に着れなくなってしまうので注意。準礼装の着物であるため格は高めです。

よく間違いやすい「付け下げ」との大きな違いは絵羽模様であるかどうか。付け下げは1つ1つの柄が繋がっていないのが特徴です。

訪問着の生地や種類は?

訪問着に使用される生地は季節などにもよりますが、「綸子」「縮緬」「紗」「絽」といった高級で美しい素材が使われる事が多く、あらたまった場所に相応しい見た目や雰囲気を演出してくれます。

夏の訪問着は、通常の訪問着のように裏地がついておらず、「単衣仕立て」となっているのでより涼しく着用することができるようになっています。

真夏でも訪問着を着たい!となった時も透明感のある「絽」や「紗」を使用した単衣仕立て、薄物の訪問着であれば、見た目も涼しく真夏の屋外にも気軽に着て行くことができます。

一方、秋~冬~春にかけては「袷」と呼ばれる裏地のついた訪問着を着る事が多くなります。

裏地がある分、単衣仕立てや薄物よりもしっかりした印象があり、記念撮影など様々なシーンで見栄えも良くなります。このように訪問着も季節に合わせて着分けているんですね。

シーンに合わせてデザインや柄を使い分けよう

訪問着は付け下げのように様々なシーンで活用できます。

ですが、同じデザインで活用し回すというのはちょっとNG。実はシーン毎に相応しい訪問着のデザインや柄があるんですね。

結婚式などの華やかなシーンの場合は、同じく華やかで明るいデザインや柄をチョイスするのが良いと言われています。

もちろん花嫁より目立ってはいけませんが、シンプルで地味なデザインの訪問着はちょっとミスマッチかもしれません。

お子さんの行事や旅行用には、華やかさを残しつつも控えめなデザインや柄が良いとされています。

訪問着は控えめなデザインにしても、しっかりとした存在感があり、季節を感じさせない柄であれば幅広いシーンで活用することができると思います。

ちょっとしたお出かけ用、お茶会にはさらに華やかさを控えたシンプルな柄をチョイスするのがオススメ。

訪問着の買取、ぜひ検討してみてください。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ