色無地のコーディネート

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
色無地のコーディネート

柄のない色無地は幅広い用途に

色無地

色無地は柄のない、一色染めの着物のことを指します。お茶の席やお子様のイベント(入学式・卒業式)、紋を入れれば格式が上がり、冠婚葬祭にも着用できることからお持ちの方も多い着物でしょう。

地紋のありなし

色無地と言うと、単色の飾り気のない着物を連想される方もおられると思いますが、地紋がある生地を選べば柄物のような華やかさを楽しむこともできます。柄ではないのでカラフルなものではなく、落ち着いた品のある華やかさです。慶弔両方に使うのであれば、流水文や波文、有識文様のものを選ぶと着まわしがしやすくなります。一方、慶事のみを想定しているのであれば、亀甲文様や鶴文など、吉祥文様の色無地を選ぶことで慶事にふさわしいお洒落を楽しむことができます。色無地は柄がないことで、地紋の美しさがより映える着物です。慶弔の意識が難しいのであれば地紋のないもの、よりお洒落を楽しみたいのであれば地紋を選ぶ、というのもよいでしょう。

紋のありなし

紋なしの色無地は普段着の扱いなので注意が必要です。結婚式など改まった席に着ていく場合には一つ紋以上のものがおすすめです。一つ紋は略式礼装、三つ紋は準礼装(訪問着より格上扱い)、五つ紋は式服扱いで非常に改まったもの、というのが一般的なようです。柄のない色無地では金糸や白抜きの紋が目立ちますので、同系色の糸で刺繍する、ということも多いです。気に入った紋であれば柄のように目立たせてもいいでしょうし、シンプルさを楽しみたい場合には、仕立てるときにそのようにお願いしましょう。柄のない、色無地ならではのお洒落が楽しめます。

色無地のコーディネート

色無地は着物自体がシンプルなので、帯や小物で柄を取り入れて楽しみましょう。改まった席では刺繍の袋帯を合わせます。冠婚葬祭などではない、ちょっとしたおでかけなどでは、思い切って柄物の半襟を取り入れてみると華やかさが増します。また、ハレの日もそうそうないし、お茶席に行くわけでもないし……という方も多いでしょうが、そういった方はカジュアルに、半幅帯に柄足袋を合わせて、普段着として活用してみることも可能です。シンプルな色無地は、洋服のコーディネートを考えるように小物でいくらでも印象が変わります。色無地は活用範囲の広い着物なのです。



キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。