染着物買取で得するコラム|辻ヶ花染めの歴史

辻ヶ花染めの歴史について

日本特有の技法、辻ヶ花染めの特徴や歴史について

辻ヶ花染めは、幻の染などとも呼ばれ、長い歴史を持つ手法です。搾り染を基本にした手法で、日本で古くから続いています。

搾り染めが基調の辻ヶ花染め

絞り染をベースに、描き絵や刺繍、摺箔などの技法をあわせ用いた辻ヶ花染めは、奈良時代に始まった絞り染めを基本にした手法といわれています。辻ヶ花染めについての歴史的な資料などがあまり残されていないことから、確実な定義は定められていませんが、絞り染めをほぼメインに、補助技法を併用した手法のものが辻ヶ花染めとされています。また、辻ヶ花染めという名前の由来、発生時期、その後の変化や展開など、歴史的な事柄については未だに明確になっていませんが、メディアなどでも多く取り上げられるようになり、歴史に関する様々な推定がなされています。

辻ヶ花染めに関する最も古い歴史

辻ヶ花染めの中で歴史が最も古いものは、享禄元年頃につくられたとされる藤に波文様裂です。小袖を部分的に利用してつくられた裂ということから、小袖が製作されたのはさらに前の時代と考えられています。また、部分的に藍に染めたり、金・銀の摺箔を用いるなど、数種類の技法があわせ用いられており、享禄元年よりも前に、辻ヶ花染めが歴史的な展開を始めていたこともうかがえます。初期の頃の歴史では、一色のみの地染まりで、白上げになった文様の辻ヶ花染めでしたが、次第にその一部が異なる色で染められるようになっていきます。そして、補助的な技法(摺箔・描き絵など)も用いられ始めました。

桃山時代・江戸時代の初めにかけて完成期を迎えた辻ヶ花染め

辻ヶ花染めの名前の期限には、色彩説・地名説・文様形態説など、数説があります。室町時代の後半頃から、桃山時代の末頃まで行われていたと考えられている染色の辻ヶ花染めは、日本の歴史の中でも比較的短期間の内に流行し、にわかに消滅してしまったことから、幻の染ともいわれるようになりました。辻ヶ花染めの桃山時代から最盛期は江戸時代の初め頃までで、この頃は辻ヶ花染めの歴史の中での完成期といえます。たとえ男性用でも、女性用に負けない程の華やかさがありました。性別に然程重点を置かず、絞りの美しさを最大限にいかすというスタンスは、日本の歴史上でも非常に珍しいことでした。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

査定員さんの知識にびっくりしました

柏市の森田です。叔母が成人のときに着ていた古い振袖の処分や紬などの和服の処分に悩んでいました。御社に申し込みした際に、少しの汚れがあってもOKとのことでしたので、自宅に来ていただき査定してもらいました。値段はそこまで高いわけではなかったですが、捨てる予定だった振袖の処分ができてよかったです。家に来た査定員さんの着物の知識にもびっくりしました!


期待よりも少し高い金額だったのでよかったです

私が持っていた振袖を娘に譲ろうと思ったのですが、娘が欲しくないというもので、いっそのこと売りに出してしまおうということになりました。友人が着物買取プレミアムさんを紹介していただき、早速申し込みしました。古い振袖だったので値段がつかないかと思いましたが、綺麗な状態で保管してあったので期待より少し高い金額でした。このお金で娘とご飯にでもいこうかと思っています。ありがとうございました。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ