染着物買取で得するコラム|振袖の模様・選び方

振袖の模様・選び方

一生に一度のために!振袖の模様の選び方

美しい模様が魅力的な振袖。一生に一度の成人式には欠かせません。たくさんの種類がある振袖の模様と選び方について紹介します。大きく分けて3つのタイプがあります。

王道の古典柄

振袖の選び方がわからない!というあなたに、振袖に迷ったらまずおすすめしたいのが古典柄です。昔からある伝統的な模様で、時代を問わず親しまれてきました。花や鳥、扇などの和柄で、振袖の全体に模様が入っているためとても華やかで気品があります。古典柄の格式高いイメージは成人式にぴったりです。模様に意味があるものも多く、例えば菊の花には無病息災の意味が込められています。模様の意味を考える選び方もあり、流行に左右されるデザインではないのでそれぞれの選び方があります。飽きのこないデザインは親から子、孫へと受け継がれることでしょう。

大人っぽい新古典柄

和柄の振袖におけるもう一つの選び方が新古典柄です。古典柄とあまり変わらない模様ですが、古典柄は振袖の全体に入ってるのに対し、新古典柄は袖や裾など一部分だけに模様が入っています。振袖の一ヶ所だけに模様が入ることで主張しすぎず、洗練され大人っぽい印象になります。古典柄は少し単調になりがちですが、新古典柄はアクセントがあり、模様が集中していることでメリハリがつきます。スタイリッシュなので、背の高い人にもおすすめです。また、模様がどこの部分に入っているのかを考える選び方もあります。似ている古典柄と新古典柄でも、このように選び方が様々です。

個性的なモダン柄

人とは少し違った振袖の選び方をしたいという人には、個性的なモダン柄がおすすめです。
その名の通り流行を取り入れた模様です。バラや幾何学的な模様が多く、蝶のような可愛らしいものからヒョウ柄といったクールなものまで、振袖の種類が豊富です。自分に合った選び方で、より理想的なイメージになれるでしょう。また、ラインストーンなど装飾が施されたものもあるので、アクセサリーをあまり付けることのない振袖のコーディネートをより華やかにできます。装飾の付き方や選び方によってもイメージが変わるので、全体のバランスを考えることも大切です。大胆な模様は痩せ型の人に似合うので、モダン柄がよく映えるでしょう。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

古くなった振袖でも買取できるのですね!

古くなった振袖や帯などを買取ってもらえるのか不安もありましたが、無事買取ってもらえたので安心しました。電話一本で自宅に来てくれ、初めての私でもわかりやすくオペレータさんが丁寧に説明してくれました。査定にきてくれたスタッフの方も説明が丁寧でわかりやすかったです。値段はそこまでいなかったのですが、親切な対応が印象的でした。


宅配サービスは非常に助かりました

作家ものの振袖を親戚から譲り受けたのですが、普段、着る事が無い為、売ることにしました。ネットで着物を買い取ってくれる業者さんを探していたところ着物買取プレミアムさんを見つけダンボールに送るだけで査定から買取までができる宅配を選びました。到着後すぐに査定していただき、金額に納得したので査定の翌日には私の口座へ代金を振り込んでいただけました。査定から代金の振込みまでがスムーズでとても便利でした。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ