染着物買取で得するコラム|振袖の雑学について

振袖の雑学

振袖についての雑学

振袖は独身女性の第一礼装として着用されている着物になります。今回、この振袖についての雑学を紹介していきます。

振袖の雑学

振袖は着物の種類のうちの1つです。着物には振袖の他にも留袖や小紋、訪問着などがありますが、それらは形や格が異なり、着用する人や着用シーンも異なってきます。このような着物の様々ある種類の中でも、振袖は豪華な柄や模様が入っている着物のことをいい、たもとが長いのが特徴となっています。また、振袖を着用することができるのは独身女性だけで既婚女性はどんなに年齢が若くても着用することはできないという興味深い雑学があります。その理由には、歴史的な背景の雑学が存在しますので、その雑学を知っておけば正しく振袖を着用することができるでしょう。

振袖の歴史について

振袖がなぜ独身女性しか着用できないのか、振袖の歴史の雑学と共に説明していきます。まず、振袖はかつては女性だけでなく男性も着用していた着物でした。それが江戸時代になると、次第に女性のみが着用する着物として定着していったのです。この時代の女性は、男性の求愛に言葉で返事をする行為がはしたないという文化があり、着物の袖を振って返事をしていました。左右に振れば「はい」前後に振れば「いいえ」の意味があり、着物の袖が愛情表現に使われていたという雑学があります。既婚女性の場合には、このような求愛の返事は必要ありませんので、おのずと長い袖は不要になります。この歴史の雑学から、袖が長い振袖は独身女性が着用する着物とされてきたのです。また、現代の恋愛においての振る、振られるという言葉はこの背景からきています。

他にもある振袖の雑学

振袖が独身女性のみ着用する理由について他にも雑学があります。男女兼用から徐々に女性の衣装として発展していきましたが、関所を通る時にも重要な役割を担っていました。関所を通過する際には、独身女性は振袖を着用していないと通ることができないとされてきたのです。それは、身分や年齢をごまかしているのではないかという因縁をつけられないようにするためです。また、関所の近くには貸し振袖屋があったというのも興味深い雑学でしょう。こういった歴史の雑学からも、独身女性は振袖を着用するものという認識が広まっていったのです。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

自宅まで来てくれるサービスがあるのがいいですね

最近では、着物を着る機会がなかなかなく、たんすに眠らせたままにしておりました。。着物を売るために御社に申し込みをし、何着かの着物を買取していただけました。納得できる価格で買取っていただくことができ、おどろいております。御社のサービスは自宅に査定員の方が来てくれるということで本当に手軽でありがたかったです。友人にも是非紹介いたします。


電話してから即日に来てくれるサービスは実にありがたいです

私の母や祖母が持っていた振袖がタンスに入ったままで、捨てることも出来ずに困っていました。インターネットで着物買取プレミアムさんを知りましたが、即日に家に来てくれて買取していただけるとは思いませんでした。電話一本で申し込みで自宅に来てくれるサービスはありがたいですね。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ