色無地の種類について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
色無地の種類について

色無地の種類を知ろう

色無地

色無地の着物は柄のない黒以外の1色で染めた着物のことです。法事や卒業式、観劇からお茶会、普段のショッピングなど幅広いシーンで使えるため、着物初心者の人でもチャレンジしやすいです。ここでは色無地の特徴や種類についてご紹介します。

色無地の特徴

色無地には柄のない分、様々な種類の色や生地があり、また家紋を入れるか入れないかで使えるシーンがかわってきます。
家紋がない場合の色無地であれば普段着や略礼装として使えるので、ショッピングや友達との食事などオシャレ着として使えます。家紋を入れた色無地の着物の場合は、付け下げや訪問着などの着物と同じ扱いになるため、礼服として着ることができます。柄がないため、選ぶ際のポイントは「地色と地紋」をチェックしましょう。柄がないといっても、綸子や紋意匠といった種類の生地は、光沢や太さなどの違った糸で織るためぼんやりと模様がみえます。冠婚葬祭などにも着られるものは、流水柄・有職文様などのものを選ぶとよいでしょう。地紋のない種類には一越・二越・三越・紬縮緬といった種類の生地です。

紋の数も重要

色無地は他の種類の着物と違って、家紋を入れることが多い着物でもあります。家紋を入れる数などにも意味があり、5つ入れた場合は大変格式の高い礼服になります。3つ紋の場合は訪問着と同等か格上扱いの準礼服になり、1つ紋の場合は略式の扱いになり、この種類が最も一般的とされます。もし結婚式や卒業式などに着る場合には1つ紋以上の色無地を選ぶとよいでしょう。しかし、家紋の数や場所については家や地域などのしきたりによって異なる場合もありますので注意が必要です。色無地は柄が目立たない分、色の種類が大変豊富です。年齢を問わずお祝い事で着る際には、華やかで明るい色を、法事などで着る際には明度の低く落ち着いた色を選ぶと失敗しません。

帯でオシャレの差をつける

色無地には様々な種類があり、帯のあわせ方によって様々なシーンで活用できます。紋のない色無地を着る際には名古屋帯や半幅帯、織りの袋帯などを合わせるとカジュアルなシーンで使えます。この種類の帯は他にも小紋や付け下げともあわせることができます。少し高級感を出したい場合には、金糸・銀糸などを織り込まれた二重袋帯や二重太鼓の名古屋帯を用いると、茶会やパーティーなどに着ることが出来ます。帯の柄も重要で、カジュアルなシーンでは落ち着いた色合いの色無地に、あまり派手ではない柄の帯を用いると浮きません。フォーマルな場では、華やかな色無地に縁起の良い柄などを用いた帯を合わせると格調高い装いとなります。着物には様々な種類の模様や生地があり、またあわせる帯や小物によって自分だけのコーディネートを楽しむこと出来ます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。