小紋の模様や柄について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
小紋の模様や柄について

小紋の模様について

小紋模様

様々な種類や模様が存在している着物は非常に奥深いものです。そこで、今回は着物の多数ある種類の中の1つ、小紋の模様についての知識を説明していきます。

小紋とは何か

小紋は着物の種類の1つで、訪問着や付け下げの場合には肩の方が上にくるように模様がつけられていますが、上下の方向関係なく模様が入っているのが特徴になっています。そのため、礼装や正装として着用することはできません。ただし、江戸小紋という種類においては例外になります。現在では模様の大きさや密度に関係なく、上下方向関わらず模様が入っている着物を総称していいます。染める技法によって様々な種類が存在しますが、その多くの種類の中でも「江戸小紋」や「京小紋」や「加賀小紋」は主な技法として知られているでしょう。

江戸小紋について

江戸小紋は、江戸時代において諸大名が着用していた裃の模様付けが発祥です。やがて、大名家の間で模様付けの豪華さを競うようになり、見かねた江戸幕府が規制を加えることになります。そのため、幕府の規制を逃れるように遠くから見た時に無地に見えるようにと模様を細かく入れるようになり、その結果、高度な染め技術が必要になったのです。また、各大名で使うことができる模様が固定化していき、「鮫」や「行儀」「大小あられ」などが使われていました。大名が着用していた小紋は格式が高く、模様は家紋の結晶を意味し、模様が細かいほど地位が高いとされていたのです。
その頃、庶民の間でも大名を真似て小紋が取り入れられており、その場合には野菜や玩具、動物など身近にあるものを細かい模様にしていました。

京小紋と加賀小紋について

京小紋は、京都の伝統工芸品の染色である京友禅の派手な模様と型染めを融合したものをいいます。単色染めの江戸小紋に対し、多色染めであるのが特徴で、一つ一つの模様が大きく抽象柄よりも具象柄が多いため、見た目が華やかです。一方、加賀小紋の場合には、京小紋の影響を受けて石川県で作られました。色使いには伝統工芸品の染色技法である加賀友禅を取り入れており、細かい模様が特徴的で繊細で上品な印象を与えます。また、江戸小紋の影響を受けた種類も存在しています。その場合には、細かい模様を一色染めで染めているのが特徴になっています。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。