染着物買取で得するコラム|友禅の種類

友禅のについて

文化の違いから個性ある3つの友禅が生まれました

友禅の種類が3つあるのをご存知でしょうか?京や加賀と東京の3種類があって、それぞれ文化の違いや成り立ちにも違いがあるのです。それでは、この3つの文化の違いから友禅の成り立ちまで説明しましょう。

古都で生まれた京友禅

古都京都で生まれた京友禅という種類は、元禄時代(江戸時代中期)に扇絵師である「宮崎友禅斎」が始めたものと言われています。それ以前は絞り染めの上に刺繍や箔を施したものでした。それが友禅糊で、隣同士になった色でも混ざらなくなったのです。当時は画期的な染色技法で、まるで日本画のような染め模様が実現しました。京友禅の種類には大きな特徴があって、遠くから見ても分かるような大きな模様と華やかな彩りで描かれています。それは華やかな京文化が、そのまま着物にまで反映されているのが、京友禅という種類の着物なのです。

加賀百万石で生まれた友禅

江戸時代の頃、加賀は前田家が統治する百万石の城下町として繁栄しており、その城下町で生まれたのが加賀友禅という種類です。加賀では古くから、梅の皮や柿渋を楊枝糊で染めて行く方法の染色技法が行われていました。加賀友禅の種類には特徴があり、雪が多く降る場所を反映して、冬の季節に雪に埋もれてしまう雪国の自然を美しい模様として描かれています。そして草花模様は、落ち着きのある写実的な描かれかたをしているのです。写実性を高めるために白い線を太くしたり細くしたりして変化のある装飾効果も、加賀友禅の種類が人気を集めている理由でしょう。

渋い色が好まれた江戸で生まれた友禅

江戸時代のころ、東京は江戸と呼ばれて将軍のお膝元でした。この地では、渋い色である江戸茶のような少し灰色がかった色で落ち着きのある色調が好まれていたのです。そのため、この地で生まれた東京友禅という種類も、藍と白のようなシンプルで落ち着きのある色調が使われていました。模様では、磯の松や葦(あし)など江戸に数多くあった自然が描かれていました。東京友禅という種類は当初、江戸城の大奥にいた女中たちに好まれました。その色はやがて庶民にまで伝わっていき「江戸解き模様」と呼ばれたのです。このように、東京友禅という種類は京友禅にくらべれば華やかではありません。しかし、あなたがシンプルで落ち着きのある色が好きであれば東京友禅を手に取ってみる価値はあるでしょう。

お客様の声

宅配買取も利用できるのがうれしいです

私が持っている着物は、艶やかな京友禅です。普段、着る事が無い為、査定依頼をしました。御社は出張買取以外にも宅配でも買取できるので、友禅の他に訪問着や帯も買い取ってもらうことにしました。宅配でしたので時間がかかるかと思っていましたが、とても素早く対応していただき良かったです。


出張料が無料というのはうれしいサービスですね

横浜市と桜井と申します。30年前ほど前に母親から譲りうけた京友禅が数枚あったのですが、長年箪笥の肥やしになっていたので売ることにしました。着物買取プレミアムさんは電話1つですぐに自宅まで来てくれて、お店にもっていく手間もかからずに助かりました。なんといっても無料で自宅に来てくれるのはうれしいサービスですね。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ