染着物買取で得するコラム|付け下げの模様について

付け下げの模様について

付け下げの模様とはどんなもの?

付け下げとは、純礼装に近いほど格式高いもので、既婚の方でも未婚の方でも着ることが出来ます。付下げの模様は、独特な形を描いているのが特徴です。

付下げの模様は、良いとこ取り

付け下げの模様は独特な形をしています。一体どのような形かと言いますと、反物の状態で巻かれていることが多く、模様が全て上を向いているものを、付け下げと言うのです。付下げと訪問着は、非常によく似ているのですが、模様の付け方には、はっきりとした違いがみられます。まずは付け下げですが、模様が縫い目にかからないように染めてあるのが特徴です。飛び柄であったり、小さくまとめられた柄であったりします。反して訪問着は、縫い目に関係なく一枚絵のような大きく大胆な図柄が描かれていることが多いのです。

付下げには、実は三種類の柄があるのです

付け下げの模様は、実は三種類ほどあります。付け下げ、付け下げ小紋、付け下げ訪問着の三種です。小紋は、小紋の模様を染め上げたものです。格で言いますと、普通の小紋と同じく、普段着としての顔を持っています。見た目は、可愛らしい小さな模様が、着物の上いっぱいに広がっている感じです。訪問着は、上前のオクミ線で模様をつなげたもので、本物の訪問着と等しい程度の格式を持っています。訪問着程までとはいきませんが、大胆な構図の大きな模様が描かれていることが多く、非常に華やかな雰囲気を纏っています。

付下げの誕生秘話

太平洋戦争が起こった時代、贅沢をさせないように、訪問着が禁止されました。大胆な模様と美しい色味はたいそう贅沢に見えましたので、禁止されてしまったのです。そんな時に生まれたのが、付け下げでした。訪問着に比べると模様は少々控えめで、格式も損ないません。しかも、付け下げは訪問着ほど費用がかかる訳ではないので、取締り対象からは外されたのでした。花柳界をさきがけとして流行し始め、工夫を凝らした模様の付下げが増えてきました。いつの時代でもオシャレをしたい女性の気持ちは変わりません。付け下げには、そんな思いも込められているのです。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

古い付け下げでも買い取ってくれるんですね

先日はありがとうございました。申し込み前は綺麗で状態の良いものしか買取をしてくれないと考えていたのですが、御社に電話したところ「古いものでも買取しますよ」と言われ驚きました。やや色落ちした着ることない付け下げや訪問着をを引っ張り出してきて、売ることにしました。値段は高くはありませんでしたが、古い着物が処分できたのがよかったです。


着ていない着物処分ができてすっきりしました

大掃除をきっかけとして、着物の処分をすることになりました。けれど、捨てるのは惜しいので、買取を受け付けているところを探しました。まずは査定をお願いしましたが、満足価格なので安心しました。すぐに買取を申し込むことができましたから、スピーディーで驚きました。今後も着物を処分したい時にお願いするつもりです。買取を依頼して良かったです。


以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ