付け下げの模様について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
付け下げの模様について

付け下げの模様とはどんなもの?

付け下げ

付け下げとは、純礼装に近いほど格式高いもので、既婚の方でも未婚の方でも着ることが出来ます。付下げの模様は、独特な形を描いているのが特徴です。

付下げの模様は、良いとこ取り

付け下げの模様は独特な形をしています。一体どのような形かと言いますと、反物の状態で巻かれていることが多く、模様が全て上を向いているものを、付け下げと言うのです。付下げと訪問着は、非常によく似ているのですが、模様の付け方には、はっきりとした違いがみられます。まずは付け下げですが、模様が縫い目にかからないように染めてあるのが特徴です。飛び柄であったり、小さくまとめられた柄であったりします。反して訪問着は、縫い目に関係なく一枚絵のような大きく大胆な図柄が描かれていることが多いのです。

付下げには、実は三種類の柄があるのです

付け下げの模様は、実は三種類ほどあります。付け下げ、付け下げ小紋、付け下げ訪問着の三種です。小紋は、小紋の模様を染め上げたものです。格で言いますと、普通の小紋と同じく、普段着としての顔を持っています。見た目は、可愛らしい小さな模様が、着物の上いっぱいに広がっている感じです。訪問着は、上前のオクミ線で模様をつなげたもので、本物の訪問着と等しい程度の格式を持っています。訪問着程までとはいきませんが、大胆な構図の大きな模様が描かれていることが多く、非常に華やかな雰囲気を纏っています。

付下げの誕生秘話

太平洋戦争が起こった時代、贅沢をさせないように、訪問着が禁止されました。大胆な模様と美しい色味はたいそう贅沢に見えましたので、禁止されてしまったのです。そんな時に生まれたのが、付け下げでした。訪問着に比べると模様は少々控えめで、格式も損ないません。しかも、付け下げは訪問着ほど費用がかかる訳ではないので、取締り対象からは外されたのでした。花柳界をさきがけとして流行し始め、工夫を凝らした模様の付下げが増えてきました。いつの時代でもオシャレをしたい女性の気持ちは変わりません。付け下げには、そんな思いも込められているのです。

フリーダイヤル:0120-542-670



フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。


以下の商品の買い取りもおこなっております。