訪問着の模様ついて

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
訪問着の模様ついて

格式ある訪問着は、華やかな模様が繋がる芸術品

訪問着

訪問着は、若い方から年配の方まで、未婚・既婚を問わずに着られる社交着ともいえる着物です。絵羽模様という全体に繋がった模様が特徴です。

すべてオーダーメードの訪問着

訪問着の模様は、裾全体、袖から身頃、襟から肩へと、縫い目を越えて繋がっています。これは着る人の身体に合わせて仮仕立てをした白生地に下絵を描き、それをほどいて反物の状態に戻して染めの作業をするために可能になっていることです。つまり、訪問着は、模様も含めて、一つ一つオーダーメードで作られるということです。似たように見える付け下げが、初めから染められている反物で売られているのと大きく異なっている点です。その手のかかる模様付けと仕立てこそが、訪問着の華やかさや格式の高さの根拠となるものといえます。

いろいろなシーンで着たい訪問着

訪問着を着る機会は思いのほか多く、まず挙げられるのは、結婚披露宴や正式なパーティなどのあらたまった席です。その他にも、同窓会や食事会、茶会、他家への訪問など幅広く応用でき、格調の高いおしゃれ着として装うことができます。訪問着の模様の種類は多種多様で、用途や年齢に合わせて選ぶことができます。一般に若い方には、華やかな大柄で、全体に模様が入っているものがふさわしく、年配の方には、落ち着いた色合いで、模様があまりこみあっていないすっきりしたものがよいとされています。また、訪問着は紋を付ければ、より高い格の着物として扱われるものになります。

おしゃれに楽しむ訪問着

たくさんの訪問着を持つことができるのであれば、TPOや季節に合わせたものを選んで出かけることができますが、持てる数が限られるのであれば、1着はオールマイティの四季柄の模様から、選ぶことが賢明です。そのうえで、個性的な模様の訪問着を揃えられるとおしゃれの楽しみが広がります。訪問着は、染め方や模様など、着物そのものだけではなく、合わせる帯や小物などのコーディネイトによっても、格や雰囲気を変えることができます。同じ着物をかしこまった席で礼装のように着ることも、ハイグレードな外出着として着ることもできるので、工夫すれば有効に着回しを楽しめです。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。