振袖の模様や柄について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
振袖の模様や柄について

一生に一度の特別な日!どんな着物を選ぶ?

振袖

成人式や結婚式など、人生のなかで特別な機会に袖を通す振袖。あでやかな着物姿の方が会場にいると、場が一気に華やぎますよね。日本の伝統でもある着物ですが、模様(柄)に特別な意味が込められているのをご存じでしょうか。

やっぱり定番!格式高い古典柄

伝統的な模様の振袖を選ぶ方が多いです。花や扇、蝶などの縁起の良い古典的な柄が着物の伝統。古くから日本人に縁起がいいと親しまれて古典柄はまさに日本の心。そんな模様(柄)の振袖を選ぶと、年代問わずに好印象です。もちろん、模様(柄)には意味が込められているので、模様の意味で振袖を選ぶこともおすすめです。例えば、花柄の着物は良い花言葉の模様が使われていることが多いです。梅は気品と忠実を、菊はきらびやかさと深い愛を、桜は精神的な美を、胡蝶蘭は優しい愛を表します。そして扇は新しいことを始める意思表示。蝶は長命。など、意味を知って着物を選ぶとぐっと心が引き締まります。

自由に着物を楽しみたい!ゴージャスモダン柄

古典的な模様(柄)の振袖だけではなく、現在ではモダンな洋装に使われるような模様(柄)も増えてきました。バラなどの洋花、洋風な雰囲気の蝶、星やハート柄、アニマル柄など、多くのデザインがあります。格式にしばられず、自分自身を個性的に演出できます。特に現在の成人式の振袖の人気模様(柄)として、どんどん知名度があがってきました。古典的な振袖とは対照的な印象を与えられます。そのため、オシャレとして着物を楽しむことができると、若者に支持されています。ゴージャスな印象になるので、髪型やネイル、小物に至るまで、自由に着物で個性を表現することが可能です。

柄だけじゃない!色選びも重要!

もちろん振袖は模様(柄)だけではなく、ベースになる色も重要なポイントです。模様(柄)も振袖の色によって、ぐっと印象が変わります。毎年定番の人気は、赤や黒のはっきりした色の振袖です。また、白地を選ぶと模様(柄)がより一層映えます。
着物の色選びは洋服とは少し異なります。普段洋服で過ごすことに慣れてしまっているので、柄が多い色物を全身にまとう機会はあまりありません。したがって、気に入った色や好みの柄も、いざ合わせてみると違和感を感じることがあります。振袖の色が、髪や肌の色に合っているか、体型にも合わせて色を選ぶようにします。背が低めな方、華奢な方は柔らかい色を、背が高い方、体型が気になる方は、濃い色の着物を選ぶとしっくりきます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。