着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
付け下げの種類

付け下げの種類について

付け下げ

紬だと場にそぐわないけれど訪問着だと仰々しすぎて…という時に活躍する付け下げ。実は付下げにもいくつかの種類がありどんな柄を選択するかでセンスも問われます。実際にどのようなものがあるか調べていきましょう。

付け下げ訪問着

まず紹介する付け下げの種類は、訪問着タイプの柄です。上前のオクミ線で柄をつなげているため、訪問着と見分けがつきにくいことがあります。上前に柄があることで華やかな印象を与えますので、かしこまった場の装いにぴったりです。一方、カジュアルな雰囲気の場で着たいときは、上前に柄がないものや付下げ小紋と呼ばれる小紋柄に染め上げられたものを選ぶと良いでしょう。付け下げの衿と胸の柄がつながっていないタイプの種類が大半であることをいかし、その部分を強調した着こなしをすると粋な着こなしになります。

飛び柄の付け下げ

次に紹介する付下げの種類は、飛び柄タイプの付け下げです。
飛び柄というと小紋と混同しそうですが、見分けるポイントは柄の向きになります。小紋は上下の向きを問いませんが、付下げの柄はすべて上を向いているのが特徴です。また、仕立てた時に柄が縫い目にかかることもありません。付下げの飛び柄は、比較的小ぶりな柄が多いため、着用したときに控えめで上品な印象になります。かしこまった席や目上の方とお会いするときなどに重宝します。

付け下げ小紋

最後の種類は、付け下げ小紋です。
付下げ小紋も、他のタイプと同様に柄が繰り返し染められていても必ず柄が上を向いていることです。訪問着に次ぐ格の付下げですが、付下げ小紋になると小紋と同格と見なされ外出着としてカジュアルに着ることができます。しゃれ袋帯や織りの名古屋帯などにあわせるとカジュアルな中にも上品さが漂う着こなしができます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。