染着物買取で得するコラム|付け下げの種類

付け下げの種類

付け下げの種類について

紬だと場にそぐわないけれど訪問着だと仰々しすぎて…という時に活躍する付け下げ。実は付下げにもいくつかの種類がありどんな柄を選択するかでセンスも問われます。実際にどのようなものがあるか調べていきましょう。

付け下げ訪問着

まず紹介する付け下げの種類は、訪問着タイプの柄です。上前のオクミ線で柄をつなげているため、訪問着と見分けがつきにくいことがあります。上前に柄があることで華やかな印象を与えますので、かしこまった場の装いにぴったりです。一方、カジュアルな雰囲気の場で着たいときは、上前に柄がないものや付下げ小紋と呼ばれる小紋柄に染め上げられたものを選ぶと良いでしょう。付け下げの衿と胸の柄がつながっていないタイプの種類が大半であることをいかし、その部分を強調した着こなしをすると粋な着こなしになります。

飛び柄の付け下げ

次に紹介する付下げの種類は、飛び柄タイプの付け下げです。
飛び柄というと小紋と混同しそうですが、見分けるポイントは柄の向きになります。小紋は上下の向きを問いませんが、付下げの柄はすべて上を向いているのが特徴です。また、仕立てた時に柄が縫い目にかかることもありません。付下げの飛び柄は、比較的小ぶりな柄が多いため、着用したときに控えめで上品な印象になります。かしこまった席や目上の方とお会いするときなどに重宝します。

付け下げ小紋

最後の種類は、付け下げ小紋です。
付下げ小紋も、他のタイプと同様に柄が繰り返し染められていても必ず柄が上を向いていることです。訪問着に次ぐ格の付下げですが、付下げ小紋になると小紋と同格と見なされ外出着としてカジュアルに着ることができます。しゃれ袋帯や織りの名古屋帯などにあわせるとカジュアルな中にも上品さが漂う着こなしができます。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

売りたかった古い着物の整理ができました

普段全く開けない和箪笥から、忘れていた古い着物がどっさり出てきました。私の祖母の代から捨てずに仕舞って置いたものですが、母も高齢になり、私が引き受けるとしても困ってしまうので着物買取プレミアムさんのの出張買取サービスを利用することに決めました。とにかく量が多いので持ち歩かなくていいことと、スタッフの方の感じの良さに、頼んで良かったと安心しました。こんな便利なサービスならいつでも利用していきたいです。


作家物の付け下げが満足価格に!

世田谷区の金田です。作家物の付け下げをみてもらいました。とても丁寧な対応で買取ってくれました。電話を入れるだけで、自宅まで査定しに来てくれのは、とても便利で、ありがたかったです。買取価格も十分満足できる価格だったので、良かったです。査定スピードも思った以上に早かったことに驚きました。対応もとても丁寧な対応をしてくれますし査定スピードも早いので、また利用したいと思っています。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ