着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
訪問着の種類

季節や場所を選ぶ訪問着の種類

衣桁にかけた訪問着

普段生活の中で着物を着用している人は昔に比べて少なくなりましたが、日本の伝統を伝えるものとして訪問着や様々な種類の着物を愛好している人は多いようです。

訪問着と付け下げの違い

着物にも場所に合わせた格式があり、結婚式やお祝い事で良く見受けられる装いには訪問着や付け下げなど数種類の着物があります。中でも訪問着や付け下げはお祝い事の定番として存在し、様々な種類の絵柄や色合いがあります。訪問着は白生地を仮仕立てした後に肩から胸や袖、裾まで一続きに絵羽模様が描かれていることが大きな特徴となっています。付け下げは絵柄が一続きにはなっていませんが絵柄がすべて上向きに仕立てられており、訪問着同様華やかなお祝い事に着用します。また、色無地という絵柄のない無地の着物もありますが、紋を付けることで訪問着と同じ格式として着用できる着物もあります。

季節に合わせた素材と仕立て方

お祝い事は季節を問いません。洋服は季節に合わせて衣替えをしますが、着物にも洋服ほどではありませんが季節に応じて着るものが異なります。袷という種類がありますが、袖や胴などに裏地を付けて仕立てた着物で一般的には10月初めから5月末までの時期に着ます。7月、8月の真夏に着る着物に絽や紗など薄くて透ける生地で仕立てられた薄物と呼ばれる着物があります。その他にも裏地が付いていない単衣の着物は、6月や9月など袷と絽や紗を着る合間に着用します。

格式に合わせた用途ごとの着物の種類

着物には格式を伴うものから普段着用のおしゃれ着までいろいろな種類がありますが、TPOに合わせた着物の着用を心がけましょう。
最高の礼装として五つの紋が入った黒紋付きがあります。帯を変えることで慶弔どちらにも着られます。その次に格調の高い着物に留袖があります。留袖には色の種類があり黒留袖は結婚式などで近親者が着用できる着物です。結婚式で多くの来客が着ている訪問着は、一連に連なった華やかな絵羽模様が特徴で格を合わせた袋帯を着用します。他にも略礼装としてお祝い事で見受けられる着物に、訪問着によく似た付け下げや紋入りの色無地といった種類もあります。



キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。