染着物買取で得するコラム|留袖の種類

留袖の種類について

留袖の種類と違いについて

留袖は2種類あり、それぞれに特徴や着用シーンに違いがあります。そこで、その2つの種類の違いについて説明していきます。

黒留袖と色留袖の違いとは

黒留袖は、地色が黒色で生地には模様のない縮緬が使われることが多く、裾部分にだけ模様が入っている種類のことをいいます。5つの紋が入っていて既婚女性の第一礼装として用いられていました。現代においては結婚式や披露宴などで親族の既婚女性が着用する正装として使われています。一方、色留袖の場合には、地色が黒以外の色がついている種類のもののことをいいます。生地は模様のない縮緬を用いることもありますが、黒留袖との違いは、模様が織り出されている種類のものを用いる場合もあるということです。着用目的によって5つ紋や3つ紋、1つ紋、または無紋にすることもありますが、現在の場合には第二礼装として3つ紋を使うことが多いというのも黒留袖との違いになります。また、宮中では一般の人とは違い、黒は喪の色として色留袖の種類を使用します。

黒留袖と色留袖の帯の特徴

黒留袖の場合には、合わせる帯は丸帯という種類が一般的に用いられてきましたが、生地が厚くて帯が締めづらいため、昔とは違い現代においては袋帯が用いられています。金や銀などの箔を使った格調高い種類の帯を二重太鼓で締めるのが特徴です。
色留袖の場合は、未婚女性の第一礼装として黒留袖と同格ですがその華やかさと紋の数などによって第一礼装以外の着方ができる着物です。第一礼装として着用するときは、金や銀の箔を使った格式高い種類の帯を黒留袖と同じように二重太鼓で締めていきます。また、紋なしの場合には、紋ありとは違い、主に袋帯を合わせて訪問着として着用することもあります。

黒留袖と色留袖の着用シーン

黒留袖は既婚女性の最も格の高い第一礼装の種類として着用します。結婚式の際に親族や仲人として参加する場合には黒留袖の種類を着用します。一方、色留袖の場合には、黒留袖とは違い既婚、未婚問わずに着用することが可能です。着用するシーンも幅広いのが特徴で、結婚式や披露宴に友人として招かれた時や遠縁の親戚、または上司の妻として参加する時にもこの種類を着用します。華やかな印象になりますので、黒留袖の落ちついた印象とは違い、若い人にもぴったりの着物になるでしょう。
また、この種類の場合には、宮中の正式礼装の際にも使われており、格式のある場や結納、またはパーティーにも着用されます。
これら2種類の違いを頭に入れておけば、お祝いの場で着物をうまく活用することができるでしょう。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

汚れのある留袖でも買取してもらえたので安心しました

結婚する際に母と祖母がそれぞれの留袖を持たせてくれました。しかし、私の保管方法が適切でなかったようで少し汚れてしまいました。でも捨てる事はしたくないと悩んでいた時近所の方から着物買取プレミアムさんを紹介していただきました。初めての利用でしたが電話一本ですぐに査定してくれました。汚れはあったものの買い取りしてもらうことができ大よかったです。買取りしたお金で、母と祖母で食事にでもいこうかと思ってます。


最初から最後まで丁寧な対応でした

不要になった留袖や訪問着などの和服が引っ越すをする際に邪魔になりましたが、買取ってもらえたので、安心しました。電話対応のとき丁寧に対応してくれたので、安心して利用できました。査定価格も満足できる価格を付けてもらえて、安心しました。時間がかかると思っていた査定もスムーズに行われました。最初から最後まで、丁寧な対応でした。また利用したいです。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ