織着物買取で得する情報:しょうざん生紬の歴史について

しょうざん生紬の歴史

必見!しょうざん生紬の歴史

注目を集めているしょうざん生紬。どんな歴史を持っている生紬なのか気になっている人も多いでしょう。そこで、しょうざん生紬の歴史を見ていきましょう。

しょうざん生紬とは

しょうざん生紬の歴史とは、上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭が使われています。その玉繭を座繰で手引きして製糸することで、弾力のある素朴な玉糸を経緯したうえで使用し織り上げた素材になっています。繭から直接糸を引いた生糸を使って織られているため、独特の繊細な風合いが表現されています。そして、しょうざん生紬の生紬の歴史は家庭でくつろいで着ることができ、外出にも十分間に合う生地になっています。温度調節機能に優れていて、耐久性も高いというしょうざん生紬の生紬の歴史になっているため、扱いやすさがあります。

しょうざん生紬の歴史

緯糸は手紡ぎの苧麻で織られている八重山上布の製造方法。染めあがった八重山上布の製造方法を5月ごろ天日乾燥し、その後海さらしをして海水で色止めするという方法が行われています。天然な色合いが出ているので、八重山上布の製造方法はリラックスして着ることができると評判になっています。八重山上布の製造方法は白地に紅露の根から採れるキレイな赤茶色の染料で沖縄特有の絣模様をしっかりと捺染したものになっているので、沖縄の空気感が詰まっている仕上がりになっています。そして、八重山上布の製造方法は14世紀末がはじまりです。

しょうざん生紬の歴史

しょうざん生紬の歴史は京都で作られてきているということです。製糸技術の向上によって、節があることも個性と感じることができるようなトレンドになっています。そして、今では貴重品となった玉繭が生紬の味わいをしっかりと作っています。
しょうざん生紬の歴史は、訪問着など残った柄との相性が良く多くのデザインが生産されています。そのため、しょうざん生紬の歴史の好みのデザインを選ぶことができるため、自分の趣味に合わせたコレクションをすることが可能になっています。伝統工芸品の魅力も兼ね備えています。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ