織着物買取で得するコラム|琉球絣の歴史について

琉球絣の歴史

琉球絣の歴史とは

琉球絣は日本の絣のルーツにもなった織物です。丈夫で素朴な味わいが好まれる絣ですが、その歴史を紐解いていきましょう。

琉球絣は日本の絣の源流?

八重山上布の歴史とは、石垣島などがある八重山諸島で生まれた織物になっています。果てしなく続く空と海の青さという自然が詰まっていて、自然の大切さを教えてくれます。苧麻糸で織りだす麻織物で、八重山上布の歴史を感じることができます。紅露の芋をおろしたとても濃縮なエキスを用いた捺染の技法で絣糸を染める丁寧な方法と、藍やその他植物染料を用いた浸染によるしっかりとした地括りの手結い技法で絣を丹念に作る方法があります。どちらも八重山上布の歴史を経て、沖縄の伝統工芸品として広く語り継がれている名品になっています。清楚な白地になっているため、さわやかな印象に仕上がると評判です。

琉球絣の図柄

琉球絣は600種とも言われる多彩な図柄を有していることが特徴のひとつです。琉球王府時代から伝わる歴史ある図柄をもとに、現代の職人がオリジナルの図柄を作り上げてきました。もととなっているのは『御絵図帳』といい、貢物とされた織物の図案集です。植物や動物、生活品などがモチーフにされた幾何学模様で、例えばイチチマルグムーは五つの丸い雲を表したもの、トウイグワー トウイグワーは二羽で飛ぶ小鳥を表したものです。これら琉球絣の歴史的文様は、当時の当時の琉球の生活を伝えてくれていると言えるでしょう。歴史の織り込まれた一反。それが琉球絣なのです。

琉球絣の織

琉球絣の織には、現代でも歴史ある昔ながらの技法が用いられています。織物で文様を表すには、様々な色糸の浮き沈みにより表現する錦などに採られる方法や、織りあがった布をあとから染める方法などがありますが、絣の場合はあらかじめまだらに染めた糸を緻密な計算によって織り上げていく手法です。琉球絣もその例外ではなく、模様の部分を一箇所ずつ手括りで締め上げていきます。縦糸の間に横糸を投げ込んで手作業で織っていくため、一日に1~2メートルしか織り上げることができません。
生活用品が大量生産へとシフトしていく歴史の中で、頑なにその製法を守る琉球絣ですが、最近では歴史を学び、伝統的な技術を駆使しつつ、現代アートの感覚で織物を生み出す若者の活躍も少しずつ目立ってきています。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

初めてでも安心して着物の買取ができました!

福岡市内の川上と申します。先日はありがとうございました。初めて利用させていただきましたが、着物自体の知識も買取の知識もなかったので不安もありましたが、しっかりとした説明をしてくださいました。そのおかげで、納得して買取してもらうことができました。


処分したいと思っていた着物が処分できました

長年着ないで箪笥の肥やしになっていた着物を引っ越しの際に処分したかったけれどまだまだ着れそうなものなので捨ててしまうのはもったいなと思い利用いたしました。大変丁寧に対応していただき、無事に買取していただけました。また機会があれば利用したいと思います。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ