八重山上布の製造方法

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
八重山上布の製造方法

必見!八重山上布の製造方法を紹介

織物

沖縄を代表する織物である八重山上布。その製造方法が気になっている人も多いでしょう。そこで、八重山上布の製造方法をたっぷりとご紹介していきます。

八重山上布とはどんなものか

八重山上布の製造方法は、石垣島などがある八重山諸島で作られている織物になります。豊かな海と美しい空の風合いを表現した織物として、高い人気を誇っています。大自然の恵みと人間の素晴らしい技の結晶で育まれた織物で、八重山上布の製造方法は今に受け継がれているのです。八重山上布の製造方法は沖縄の伝統民芸品として、沖縄県無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品、沖縄県推奨優良県産品に指定されています。素朴なデザインと落ち着きを感じることができる手触りになっているため、幅広い方面で多くの評価を獲得しています。

八重山上布の織り方とは

緯糸は手紡ぎの苧麻で織られている八重山上布の製造方法。染めあがった八重山上布の製造方法を5月ごろ天日乾燥し、その後海さらしをして海水で色止めするという方法が行われています。天然な色合いが出ているので、八重山上布の製造方法はリラックスして着ることができると評判になっています。八重山上布の製造方法は白地に紅露の根から採れるキレイな赤茶色の染料で沖縄特有の絣模様をしっかりと捺染したものになっているので、沖縄の空気感が詰まっている仕上がりになっています。そして、八重山上布の製造方法は14世紀末がはじまりです。

八重山上布の染め方とは

白地を基調としている八重山上布の製造方法。風をしっかりと取り込む仕上がりになっているので、清涼感に包まれた仕上がりになっています。八重山上布の製造方法の染め方は、植物染料が使われています。ひとつひとつ丁寧に染め上げられるため独特の行き歳の変化を感じ取ることができます。その色彩の変化が、八重山上布の製造方法の個性につながっていて、人気の秘密になっています。一つとして同じものが完成することがないという八重山上布の製造方法の特徴があります。そして、八重山上布の製造方法は肌触りがいいため、夏用の着物として最適なテイストです。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。