織着物買取で得するコラム|宮古上布の特徴について

宮古上布の特徴

なるほど!宮古上布の特徴

沖縄の伝統高原品として広く知られている宮古上布。どんな特徴を持っているのかということを知らない人も多いでしょう。そこで、宮古上布の特徴を紹介するので、目を通してみてください。

宮古上布とは

宮古上布の特徴は、苧麻を原料とする麻織になっています。藍染めの紺地に白い十字絣で模様を出しているデザインが現在では多く流通しています。宮古上布の特徴は先染めされた糸や絣糸を経糸と緯糸に使います。これらを図案に従って白い十字になるように織り、模様を出していくという製作方法になっています。宮古上布の特徴は柄がずれないように、一定の間隔で調節する必要があります。熟練した職人でも一日20~30センチくらいしか織れないのです。そして、織るまでに一年以上の時間を必要とする難しい技術を伴う作業になっています。

宮古上布の特徴とは

宮古上布の特徴は通商産業大臣指定の伝統的工芸品ということです。さらには、文化庁指定の重要無形文化財になっています。一時期には通商産業省認定の伝統工芸士が4名いて、現代の名工に指定された人が1名います。もともと数が少ないので、在庫として持っているところは少なく宮古上布の特徴は高価で取引をされています。宮古上布の特徴は、親子三代物と言われるほど、丈夫で長持ちするということです。そのため、破れにくく保存がしやすいという性質を宮古上布の特徴は持っています。湿気などにも強いため、カビや汚れが付きにくいのです。

宮古上布の歴史とは

宮古上布の特徴は15世紀頃から織られていたとされていて、藍染めの紺上布として完成したのは1583年になります。琉球の尚永王に献上された「綾錆布(あやさびふ)」が最初に残っている記録になっています。宮古上布の特徴は、経糸が14ヨミ(1120本)以上あり、糸は手積みで藍染は琉球藍を使用している上に、すべて手織りであるということです。そのため、宮古上布の特徴は本麻で通気性に富んでいるので、湿気に強いのです。また、宮古上布の特徴は十数回染めこなしてあるのでしっかりと奥まで色が浸透していて褪色しにくい性質を持っています。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

査定員さんの対応がすばらしかったです

先日はありがとうございました。御社の出張買取サービスを依頼するにあたって、査定の方に自宅へ来て貰うことが少々心配だったのですが、礼節重んじる穏やかな査定員さんが来られたので安心いたしました。着物の数が多かったので査定が大変だったでしょうが嫌な顔一つせず、本当に感謝しております。


申し込みから査定まで時間がかからないんですね

タンスの肥やしになっていた宮古上布の訪問着や帯をを、売りに出す事にしました。
その時に着物買取プレミアムさんにお願いしたのですが、選んだ理由はすぐに家に来てもらえるところでした。売りに行く手間が省けるのはでかいです。時間がない時でも呼べばすぐ来てくれますし、査定も時間がかからずスムーズでした。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ