ざざんざ織の特徴について

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
ざざんざ織の特徴について

浜松の伝統工芸ざざんざ織とは

ざざんざ織

静岡県の浜松で受け継がれてきた「ざざんざ織」。独特の美しい風合いが特徴の絹織物です。静岡県無形文化財にも指定されている「ざざんざ織」についてご紹介します。

ざざんざ織のはじまり

ざざんざ織の特徴でもある「ざざんざ」という言葉は、松風の音を表現した「ざざんざ」からきています。その昔、足利義教が有名な松の木の下で「浜松の音はざざんざ」と詠んだことからその松の木は「ざざんざの松」と呼ばれるようになり、広重の五十三次にも描かれるほど有名になりました。潮風の中、多くの旅人や訪れる人たちに美しさと安らぎを与え続けているざざんざの松にあやかって、ざざんざ織の創設者である平松氏は自ら考案した織物をざざんざ織と名付けました。平松氏の家は代々織物業を営んでいましたが、柳宗悦が提唱した民芸運動に深く傾倒した平松氏は機械によらない織物を考案しました。そのため、ざざんざ織は全ての工程が丁寧な手作業によって行われるのが特徴です。また、色づけに自然の草木などが用いられるのも大きな特徴の一つです。

丁寧な手仕事で織られる「ざざんざ織」

ざざんざ織は昭和4年に平松氏によって完成された比較的歴史の浅い織物です。しかし、その作業工程は昔ながらの手作業が特徴となっています。
ざざんざ織は紬の織物ですが、一般的な紬とは大きく異なった特徴があります。ざざんざ織で使用する繭は、一つの繭に2匹の蚕が入ってしまった規格外となった玉繭です。糸が絡み合っているため手作業でしか糸を取り出せず、糸も太かったり細かったり大きなムラが生じます。それを織り上げることで独特な風合いが生まれるのです。
また、糸が太いために混じり物を取り除く精錬過程では煮沸に約4時間もかかります。長時間煮沸することで糸の量は約3割も減ってしまいますが、その結果ざざんざ織の特徴である手になじむしなやかさが得られるのです。

自然素材のみで作られる美しい織物

ざざんざ織の特徴として最も注目される点が、その深みのある落ち着いた色合いです。ざざんざ織は茜やヤマモモなど天然の草木や植物によって染色されています。また、灰汁やミョウバン、鉄などの化学薬品を使わない自然のものを媒染剤として使い、色合いに変化をつけています。そのため、ざざんざ織は年月を重ねるにつれて風合いが増し、長年にわたって愛する人の多い織物です。
通常の織物よりもしっかりとした厚みがあるのもざざんざ織の特徴です。生地が厚めなので着物の場合は単衣で仕立てられるのも特徴です。着物のほかに小物入れやネクタイなども作られており、どれも使い込むほどに肌になじんで自然染料の特徴である艶が増していきます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。