織着物買取で得するコラム|牛首紬の技法について

牛首紬の伝統技法

牛首紬の伝統技法や独自の染め方について

「牛首紬」は、石川県白岡市白峰地区で生産されている、紬織物です。ここでは、牛首紬についてと伝統技法や独自の染め方について紹介します。

牛首袖とはどんな紬?

まず始めに、「牛首紬」ですが、これは石川県の白峰地区(旧白峰村)で誕生され、伝統技法を使った織物です。この石川県白峰地区(旧白峰村)は明治の初めのころまで、牛首村と言われていたこともあり、そのころに誕生しました。また牛首紬の歴史は古く、1159年の平治の乱に敗れ、牛首村に逃れた源氏の一族が村人に、牛首紬の伝統技法を伝えたのが始まりであるともいわれています。そして、牛首紬は昔の牛首村の時代に、冬の交通の便がちゃんとなっていなかったため、山間地の貴重な産業として発展しており、手織りならではの伝統技法からは、昔の方々の心意気さえ感じる事ができます。

牛首袖の伝統技法について

次に、牛首紬の伝統技法についてですが、ここの地方しかできない独自の牛首紬の糸作りでは、2匹の蚕が共同で一個の眉にしている玉繭から、職人の経験とカンがないと出来ない伝統技法を使用する手挽き糸(玉糸)を作る事により、作られた空気を含んだ柔らかい独自の糸質が独自の光沢と温もりのある牛首紬の地風を生み出してくれます。また、牛首紬を制作する時に伝統技法を使う製作工程の中で、糸にひねりをかける作業である撚糸(ねんし)と呼ばれる伝統技法の作業は一番の強みであり、乾燥をする前に行うので、良い糸づくりをするためには理想的作業です。

牛首袖の伝統技法を用いる独自の染め方について

最後に、牛首紬を制作するときに伝統技法を用いる独自の染め方についてですが、牛首紬には3つの染め方があります。
1つ目の染め方は、藍染めという方法です。これは奈良の平安時代の時で、古代染色法の「正藍冷染」とすごく似ていますが、経験が非常に重要視されている伝統技法です。こうする事により様々な縞模様に織りあげる事が出来ます。
2つ目の染め方は、くろゆり染めです。この染色したものは海抜から800メートル下の土地で栽培したくろゆりの花びら9,000枚から色の素を抽出し、媒染剤を使用する伝統技法によって、いろいろな色に発色させていきます。
3つ目は、後染めです。白生地として織りあげた牛首紬生地に、染色を施したものです。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

口コミ評判がいいのはわかる気がしました

着なくなった牛首紬を査定に出しました。出張買取ですと、知らない人を家に招かなければならず、心配な面もあります。 私はインターネットで口コミをしらべているうちに、評価の高い着物買取プレミアムさんを知りましたスピード感のある買取対応でとても良かったです。
やっぱり口コミが評判がいいところだと結果も納得できますね。


古い牛首紬や和装小物を売ることができました

今回買取をお願いしたのは、昔仕立てた牛首紬ですです。かなり高かったんですけど、着ることがないのでもったいないと思っていました。手放すのはちょっと迷いましたけど、どうせ着ないならと思いきって売ることにしました。値段も悪くなかったですし、何より安心して引き取ってもらえると感じましたので。本当にありがとうございました。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ