塩沢紬(本塩沢・夏塩沢)の魅力

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
塩沢紬(本塩沢・夏塩沢)の魅力

塩沢紬の魅力について

塩沢紬

江戸時代から始まった塩沢紬は、絣模様が魅力の織物です。落ち着きのある上品な雰囲気の着物として古くから親しまれています。

新潟県で生産される伝統的な織物

塩沢紬は、新潟県の南魚沼市を中心に生産されている伝統的な絹織物です。玉糸と生糸をたて糸に、真綿手紡糸をよこ糸に使って織られた繊細な絣模様が塩沢紬の特色です。塩沢御召(本塩沢)と一まとめにされることが多くありますが、正確には別の種類のものです。細かいシボ模様が塩沢御召(本塩沢)の特徴で、亀甲絣・十字絣で構成された模様は大変優雅な雰囲気です。また、夏塩沢は、塩沢紬ほどの古い歴史は持たないものの、麻織物が衰退したことが背景となって明治時代に誕生した、夏向けの涼しげな織物のことをいいます。

塩沢紬の模様や魅力について

古くからの技術と文化を持った塩沢紬は、日本の伝統的な工芸品として、また、世界的な文化財としての指定を受けています。小さな節があり、光沢が控えめな玉糸を厳選したたて糸に、真綿の手紡糸をよこ糸に使用することで、精巧な蚊絣をつくり出しています蚊絣の他にも、十字絣や亀甲絣といった細かな絣模様があり、塩沢紬ならではの気品や渋みのある模様に加えて、ふんわりとした素材感も楽しめます。引き締まるような着心地と、華やかさのある模様魅力の塩沢御召(本塩沢)も、塩沢紬の翌年に日本の伝統工芸品として指定されています。

単衣の代表とされる塩沢紬

塩沢紬は、単衣の代表的な存在としても知られています。塩沢紬ならではのシボ感や肌触りの良さが特徴で、奥深い着こなしを楽しめます。日本で最も古い歴史を持つと伝えられている麻織物の越後上布の技術を取り入れた絹織物で、生産される数が少ないことから、希少な品という意味を込めて「幻の軸」などと呼ばれることもあります。細かい絣の模様が最大の魅力の塩沢紬は、他の種類の紬よりも柔らかくシャリっとした風合いがあります。渋めの色調、紺色もしくは黒色の生地に白い絣模様、その反対色や紫・緑・エンジ系といった色使いで、基本的には多色使いではない蚊絣の模様のものが多くあります。



キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。