織着物買取で得するコラム|久米島紬の模様や特徴

久米島紬の模様や特徴

久米島紬の模様や特徴などについて

「久米島紬」とは、沖縄県の久米島で織られている紬です。ここでは、そんな久米島紬の詳細についてと、模様の特徴等について説明します。

久米島紬とは?

「久米島紬」の製作技術は、国の無形文化財に指定されており、その歴史は14世紀の末頃、沖縄県の久米島集落の長が中国の明に渡り、養蚕の手作業の技術を学んで持ち帰って作り始めたころから伝わります。また、久米島紬の原料の糸の一部は久米島内の養蚕農家によって生産され、染料は全て久米島内に自生している植物のサルトリイバラなどを使用し、泥染めなども久米島内で行っています。そして、元々は久米島紬に限らず、さまざまな色合いで模様が入ったものがありましたが、現在の色合いや模様は黒い光沢のあるものが基本で単調な模様が入った物が多いです。

久米島紬の模様の特徴について

次に、久米島紬の模様の特徴についてですが、これにはさまざまあります。1つ目は、鳥が飛んでいるかのような久米島紬の模様である「トゥイグワー」の久米島紬は照明の具合で色が違って見える時がありますが、非常に黒に近い色です。2つ目は、楕円がずれて二つ並んでいる模様は「ト―ニ―」という久米島紬は、豚の餌箱を模様として表したものです。3つ目は、絣模様の久米島紬です。これは一般的に、琉球絣と呼ばれている雲、島、水などの南国独特の模様です。織り上がった反物はたたんで棒でたたき、絹の光沢を出し、毛羽立ちを消してくれます。

久米島紬の仕上げについて

最後に久米島紬の仕上げについてです。まず、洗濯です。織り上がった久米島紬を、最後の糸のしまつを終えてから、30度ほどのぬるま湯で布や布の模様にしわが出来ないようにしながら糊を落としていきます。次に、自然乾燥をさせた後、手際良く8分乾きの状態で地直しをしていきます。そののち、布目や模様を整えた布は8分乾きの状態で屏風たたみにしていきます。次にきぬた打ちをして杵でたたいていきます。
そして、天日で干して乾燥させた後に、最後の仕上げを行うか、湯のし機に通し出しと久米島紬のしわや模様をきちっと伸ばす工程を行います。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

宅配サービスを利用して気軽に売ることができました

実家にあった久米島紬や琉球紅型を買取っていただきました。宅配でお願いしましたので、自宅で梱包して発送するだけなので終始、人に会うことなく気楽に買取が成立しました。またお願いしたいです。


着なくなった久米島紬が予想以上の金額となりました

母が着なくなった着物が10着ほどあり、出張買取をお願いしました。久米島紬や希少な大島紬など全体に高価なものが多く、状態も良いものばかりということで、予想以上に評価してもらえました。査定時には、スタッフの方が着物に詳しいことが伝わってくる説明で安心できました。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ