織着物買取で得するコラム|結城紬の模様

結城紬の模様

必見!結城紬の魅力的な模様とは?

何となく言葉を聞いたことがある人も多いという結城紬。模様が個性的なことでも知られていますよね。そこで、結城紬の模様をしっかりと紹介していきます。

本場結城紬とは

本場結城紬の模様は茨城県や栃木県で生産されている絹織物になります。国の重要無形文化財に指定されているほど、本場結城紬の模様は貴重な存在になっています。もともとは固くて丈夫な織物であるという性質を持ち合わせていたものの、近代化に伴い糸を細くすることができるようになったため、今では本場結城紬の模様は軽くて柔らかいと表現されることが多くあります。本場結城紬の模様は奈良時代からつくりつづけられているという歴史を持っています。そのため、本場結城紬の模様(柄)は多くの職人によって語り継がれてきたのです。

本場結城紬の織り方の違いとは

本場結城紬の模様の折り方の違いについては、地機と高機の2種類があります。そして、それぞれに対して緯糸が違う平織と縮織があります。その掛け合わせた組み合わせによって、4種類があります。そして、本場結城紬の模様は3つの工程を経て作られています。真綿から指先で糸をつむぐ作業である糸つむぎと防染する柄の部分を綿糸で括る作業である絣くびりと地機で織る作業である織りになります。全てが手作業であるため、本場結城紬の模様特有の繊細な風合いが実現しているのです。本場結城紬の模様は職人の手によって創り上げられた芸術品になっています。

本場結城紬の模様の種類とは

本場結城紬の模様の種類は、代表的な絣模様は「亀甲」になります。本場結城紬の模様の亀甲柄は細工の細かさによって80、100、120、160、200亀甲にしっかりと分類されます。80亀甲が反物の一幅あたり当たりの80の亀甲が並んでいるという本場結城紬の模様のサイズ間になります。そのため、数字が大きくなるほど亀甲の柄が細かくなるという仕組みになっています。このような細かい仕組みが本場結城紬の模様の多くの人を魅了する繊細さを持っている理由になっています。本場結城紬の模様は最高のぜいたく品に該当します。

      

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

譲りうけた結城紬が高値に

祖母の形見として結城紬を譲り受けたのですが、小柄な人だったので私には寸法が合いませんでした。そのまま着るわけにもいかず、かといって仕立て直ししてまで着るのはどうかしら、と困っていました。思ったより高値で買取してもらえて満足しています。どなたかサイズの合う方に着てもらえたら、嬉しく思います。


古くなった着物を買い取ってもらいました

古くなった着物の査定を依頼したのです。3枚のみでしたが出張してくれました。その場で査定してくれました。中には珍しい本場結城紬があったために満足価格で買取してくれました。また利用したいです。

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ