着物買取コラム|シミのついた着物の買取について

シミのついた着物の買取について

シミのついた着物は買い取ってもらえる?着物買取のあれこれ

着物買取の査定において、人気のブランドやデザインであるかどうかも重要ですが、その時の状態や傷み具合なども査定額に響きます。シミなどの着物汚れは査定額を下げてしまう原因になってしまうんですね。できればキレイな状態のまま買い取ってもらうのが一番ですが、長年使っていたりすると汚れが目立ってしまうこともあります。

では、少しでもシミのついた着物は買い取ってもらえないのでしょうか?答えはNO!です。確かにリサイクルショップや着物買取専門店など、店頭に持ち込む場合はシミや汚れがあると値段がつかない事もあります。

しかし当サイトのようなインターネットの着物買取専門店であればよっぽど致命的なシミや汚れでない限り、買い取ってもらう事が可能です。

今までネットの着物買取専門店の存在を知らなかった方も、知っていたけど何となく利用していなかった方も、これを機会に買い取ってもらいにくい着物の買取をお願いしてみてはいかがでしょうか?

着物買取専門店でシミつき着物を買い取ってもらおう!

まず、着物買取専門店を利用する際はシミなどの汚れがついた着物、シワがひどい着物などより広い範囲で買取対応してくれるサイトを選ぶようにしましょう。

着物の買取実績のある人気サイトのほとんどが、シミのついた着物の買取に対応してもらえます。もっと詳しく知りたいという方はお問い合わせフォームより気軽に相談してみると良いですよ。

また、出張査定や宅配査定の料金は一切かからないので、実際に依頼し、直接シミのついた着物をチェックしてもらうのもアリ。ただし、素人目でみても明らかに酷すぎるシミや汚れ、シワがある場合は買取を断られてしまう場合もあるので注意しましょう。

特にボロボロに破けていたり、目立つ焼き跡がついている状態のものは査定額がつかない事も多々あります。ついてしまったものはしょうがないですが、のちのち売ろうと思っているのであればできるだけ汚さず、保管を徹底し、キレイな状態にしておくよう心がけておきましょう。

  • シミのついた着物を少しでも高値で買い取ってもらうためにできる事
  • シミのついた着物でもその種類や作家、素材、保管状態によっては数万円以上で買い取ってもらう事も十分に可能です。特に伝統工芸品や有名作家の着物は証紙など、そのことがしっかり証明できるものと一緒に用意しておけば高値で買い取ってもらうことが可能です。

    なので、シミのついた着物を少しでも高値で買い取ってもらうためにまずできる事は(高価な着物である場合)証明できるものを探して用意しておく事です。

    着物と一緒に保管しているのであれば問題ないですが、無い場合は査定してもらう前に必ず探しておくようにしましょう。証紙などが無いと「シミつき」というマイナスポイントもあるので、せっかく価値のある着物でも査定額が下がってしまいます。

    また、シミのついた着物の種類の買取相場額をきちんと把握しておく事も大切。

    付下げ・小紋などの買取相場額は数千円程度(安い時は数百円)、振袖・訪問着は数万円程度(安い時は数千円)となっているのでチェックしておきましょう。そして「素材」も重要な査定ポイントになります。ウールやポリエステル素材よりも、シルクや正絹素材の方が比較的高く買い取ってもらえる傾向にあります。

    シミのついた着物を少しでも高値で買い取ってもらうためにできる次の事は「訪問査定を利用する」事。着物買取専門店では利用する方の多い査定方法で、担当スタッフが直接自宅まで査定しに訪問してくれるので、売る側は自宅で待っているだけでOKなんです。

    なぜ、少しでも高値で買い取ってもらうために出張査定を利用するのがオススメなのか?それは余計なシワや汚れを作らないで済むかもしれないからなんです。

    ダンボール箱に詰めて送る宅配査定や、車に乗せて運ぶ必要のある持ち込み査定だと、詰め方が悪かったり、車の振動による摩擦などで着物がさらにダメになってしまうというケースも少なくありません。

    なので、自宅に用意しておくだけで済む「出張査定」の方が安心なんですね。

  • 比較的買い取ってもらいやすいシミのついた着物とは?
  • 着た時に隠れてしまうようなシミ、よく見ないと分からないようなシミ、染め直しのきく色の着物のシミ、落としやすいシミなど同じシミつきでも、これらのようなシミであれば査定額にはあまり響かないと言われています。

    シミがついたという理由だけで買取を諦めるのはまだ早いですよ!

    そして一番やってはいけない事が「自分でシミを落とす」事。少しでも査定額をあげる為、査定前に自分でシミを落とそうとする方がいらっしゃいますが、着物は非常にデリケートなものなので専門の知識や技術が無い場合は無理に触らないようにしましょう。

    最悪の場合、余計にシミが酷くなったり、布が破けて傷んだりしてしまいます。

    《豆知識》着物についたシミをすぐに落とす方法

    先ほど、着物についてしまったシミは自分で無理に落とさない方が良いとご紹介しましたが、付いて間もないシミは早急に対処してあげることによって汚れの広がりを防いだり、その場である程度キレイに取る事ができます。

    汚れがついてしまうと、ついついハンカチやタオルでサっと拭いてしまいがちですが、もっと効果的な方法があるのでぜひ試してみてくださいね。

  • コーヒーの汚れは布に移すべし!
  • コーヒーなどの汚れは時間が経つと取れにくく、シミにもなりやすいので、ついてしまったらすぐに対処してあげるようにしましょう。

    これは自宅いる際にできる方法ですが、まず中性洗剤(食器洗いの洗剤)を13倍~17倍に薄めます。

    次についてしまった着物の部分を軽く水で濡らし、キレイなガーゼを用意して軽くたたいてあげてください。

    すると徐々にガーゼ(布)に汚れが移っていきます。これで応急処置は完了。

    それでも心配だという方はすぐにクリーニングに出すようにしましょう。

    紅茶などの汚れにもこの方法が使えますが、出先やカフェなどではあまりできないかもしれません。

  • 化粧品の汚れは「ベンジン」で取るべし!
  • 女性だとチークやファンデーション、リップなどのメイクアイテムが着物についてしまう事がありますよね。ちょっとだけだからティッシュで払えば大丈夫!と思っている方もいると思いますが、余計に汚れを広げてしまう事も・・・。

    キレイに取り去りたいなら、「ベンジン」を使ってみましょう。ベンジンは通販やドラッグストアなどでも購入できるので、着物をよく着るという方は1本持っておくと安心かと思います。

    この方法も自宅にいるときに行いやすい方法。

    まずは「ベンジン」「清潔で白いガーゼ、タオル数枚」「歯ブラシ」などを用意します。まずガーゼにベンジンをしみ込ませ、ついてしまった部分にタオルや布をひきます。

    その上にベンジンをしみ込ませたガーゼをのせて、歯ブラシでトントンと軽く叩きながら優しくベンジンをしみ込ませて、ひいたタオルに汚れをゆっくりと移していきます。

    この時焦ってこすったり、強く叩きすぎないように注意しましょう。

    シミのついた着物は絶対に買い取ってもらえないなんて事はありません。

    ネットで検索するとシミつきOK、多少の汚れがついてもOKという着物買取専門店を簡単に見つけることができますので、ぜひ利用してみてくださいね。

  •       

    以下の商品の買い取りもおこなっております。

    フリーダイヤル:0120-102-142

    キャンペーン

    必要事項を記入の上、
    【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

    <利用目的>
    ・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

    <第三者提供>
    ・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

    <委託>
    ・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

    <開示等のお求め>
    ・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

    <個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
    ・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

    <個人情報保護管理者>
    株式会社BuySell Technologies 総務部長

    <個人情報苦情及び相談窓口>
    株式会社BuySell Technologies お客様相談室
    東京都新宿区四谷4-28-8
    メール:privacy@buysell-technologies.com

    上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

    このページの先頭へ