着物のリサイクル方法はどんなものがある?着物を上手に処分する

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着物のリサイクル方法はどんなものがある?着物を上手に処分する

着物の上手な処分方法はリサイクルの活用!

3世代の着物女性が並んでいる

古くなった着物やデザインが気に入らない着物が増えてきた、また遺品整理などで故人が着用していた着物がでてきて処分方法に困っていませんか?着物は、そのまま処分するという方法もありますが、他にも様々なリサイクル方法があります。

着なくなったとは言え着物は高価なものですし、思い入れがあるとなかなか捨てられませんよね。

賢いリサイクル方法をチェックして、満足のいく結果を目指しましょう。

不要になった着物のリサイクル方法

不要になった着物はどのような処分方法、リサイクル方法があるのでしょうか。

よくあるパターンをご紹介します。

それぞれの特徴についてチェックしてみてくださいね。

ごみとして捨てる

まず、一番最初に考えられるのがこのごみとして捨てるという方法。

ゴミ袋に入れて燃えるゴミの日に出すだけなので簡単で今すぐにでもできる方法です。

しかし着物の中には高級な生地でできたものや縫製、加工にもこだわられたもの、デザイン自体に価値があるものなど、高価なものがたくさんあります。

著しく汚れがひどいもの、もう着られないような状態のもの、安価なものなどは処分するしかないかもしれませんが、まだ十分着られる状態のものなた処分する以外の方法を検討した方がいいでしょう。

周囲の人に譲る

自分は着物を着ないものの、素敵な着物を誰かに着てほしい、という場合は、周囲にいる着物を着る人に譲ってしまうという方法もおすすめです。

着物の着付けを習っている人、茶道や花道などで着物を着る機会の多い人、イベントの際に着物を着ているという人は周囲にいませんか?親戚、友人、知人などにあたって、聞いてみるといいでしょう。

好きなものを選んでもらって残ったものは別のリサイクル方法を考える、というのもおすすめです。

大切な着物を処分するのはもったいないですし、譲った人がその着物を着ているのを見ると嬉しくなるはずです。

リメイクしてリサイクルする

器用な方は、不要になった着物をリサイクルしてしまうというのもおすすめです。

お気に入りの柄の部分だけ切り取って髪飾りやチャーム、ドレス、スカートなどの洋服なんかにするという方法もあります。

また、草履の鼻緒にすれば他の着物を着用する際にもその着物の一部を楽しむことができます。

着物の柄は様々なものがあり、柄によってはその小物もまた違った印象になります。

バッグ、ポーチなどにリサイクルすれば洋服に合わせやすく、日常的にその着物を楽しむことができますよ。

リメイクするほど器用じゃないけどその着物の柄の小物がほしい、本格的なドレスを作りたいという方は、専門の業者に依頼するという方法もあります。

世界に一つだけの着物の小物を作ってみてくださいね。

しかし、当然ですが着物を切ってしまうとその着物を売ったり、譲ったりすることはできなくなります。

大きな汚れがあって着物として使うことができない、サイズが合わないなどの場合にのみこのリサイクル方法を考えるようにしましょう。

リサイクルショップに売る

不要になった着物は様々な処分方法がありますが、売ってしまうというのも賢いやり方です。

着物はもともとの価格が高いものですので、買取に出せばそれなりの価格で買い取ってもらえることが多くなるでしょう。

不要になったものを売るときに利用することの多いリサイクルショップ。

着物の買取も行っているケースもあります。

しかし、地方にあるような小さなリサイクルショップや、安い洋服、家具、家電などを買い取っているリサイクルショップに持ち込むのは少し待ってください。

このような総合リサイクルショップは、安く仕入れて安く売るのが基本です。

着物など高価なものでも、買取価格が低かったり需要がないとみなされて買い取ってもらえないことも多いようです。

着物の買取を行っている店舗なのか、一度確認してから査定を依頼するようにしましょう。

リサイクルショップといってもブランドものの洋服やバッグなど、価格の高いものを買取、販売しているような店舗なら少しはましな価格になるかもしれません。

しかしこの場合でも着物の査定ポイントを熟知していないスタッフが多く、思ったより高い金額にならなかった…とがっかりしてしまう可能性が高いので注意しておきましょう。

着物買取業者に売る

着物を買取に出してリサイクルするなら、専門の買取業者に売るのが一番おすすめです。

着物の査定は状態だけでなく生地、柄、長さ、細かい部分の汚れなど、洋服などとは違いかなり丁寧に行わなければ適性な価格を出すことができません。

着物の買取を専門にしている業者ならこのような査定ポイントも熟知しており、価値のある着物をきちんとした価格で買い取ってくれます。

着物買取専門業者が近くにないという方は多いかと思いますが、最近ではネットでの買取を受け付けている業者がたくさんあります。

ダンボールに詰めて送るだけの簡単な宅配買取や、実際に査定スタッフに自宅に引き取りに来てもらえる出張買取など、自分の生活に合わせた買取方法を選択することができるのでぜひチェックしてみてください。

買取業者を選ぶ際は、送料、手数料などが無料であるかどうか、買取実績は豊富にあるか、売りたい着物の買取価格はどれくらいになるのかを確認しておくことでよりスムーズな取引ができますよ。

また、一つの業者にいきなり任せてしまうのではなく、複数の業者に査定を依頼して、その中から一番買取金額が高い業者にお願いするという方法もおすすめ。

事前査定などを利用してみましょう。

着物の他、着物用のバッグや草履、帯、羽織などの周辺アイテムも一緒に買い取ってくれる業者なら、一度に着物に関するものを処分できてしまいます。

もう着物を着る機会がないという方はこのような業者を利用してみるのもいいでしょう。

着物を買取に出してリサイクルしよう

不要になった着物のリサイクル方法、買取方法についてご紹介いたしました。

着物はなかなか着る機会がないものの大きいので、たんすの場所を取ってしまいます。

着る機会がないという方は、においがついたり虫に食われてしまったりと着物が劣化する前に買取に出したり、賢くリサイクルすることをおすすめします。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。