小紋の買取相場は?売れるお店や高く売るコツを解説

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
小紋の買取相場は?売れるお店や高く売るコツを解説 小紋

小紋は普段着や外出着として、広く着られている着物のひとつ。

小紋という名前を知らなくても、「家に眠っていた着物が実は小紋だった」なんてケースも少なくありません。

当記事では小紋とはどんな着物なのかや、買取の対象になりやすい小紋などについてご紹介します。

どんな小紋がいくらで売れるのか、小紋の相場や高値で売るためのコツなどを覚えておきましょう。

「自分の着物がいくらで売れるか知りたい!」という方は、まず無料査定サービスを利用してみましょう。弊社【着物のバイセル】では、全国47都道府県対応の無料出張査定サービスを提供しております。
お申し込みから最短即日で査定にお伺いいたします!
お電話とWEBから簡単にお申込みが完了しますので、ぜひお気軽にご利用ください。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから
※24時間・土日祝も受付
【査定=売却ではない】

査定を依頼したからといって、必ず着物を売らなければいけないわけではありません。
売る・売らないは、査定後お客様自身の判断となりますので、査定額を参考にしていただくだけでも大丈夫です。
また査定商品は、お申込みの際にお役様に承諾をいただいた商品に限り行います。
不当な勧誘等は一切行いませんので、ご安心ください。
(参照:(株)BuySell Technologies /サービスガバナンス

小紋は「全体に柄を染め出した着物」

小紋とは「模様が同じ方向にくり返し入っている着物」のこと。
後染めの着物の一種で「型染め」といわれる手法を使い、着物全体に柄を施します。

細かい柄の「江戸小紋」をはじめ、幾何学柄や花柄など、ポップなものから上品なものまで多数の柄が存在するのが小紋の魅力です。

以前は小紋に使われる素材といえば絹という認識でしたが、最近ではポリエステルなどの化繊のものも多く流通しています。

小紋の格と着用シーン

小紋は格でいうと「しゃれ着(外出着)」に分類され、食事の席や買い物などの普段着として着用できます。
また江戸小紋の紋付などは略礼装(準礼装)としてフォーマルな席で着用しても構いません。

礼装のときは江戸小紋、お出かけの際は季節の花柄をあしらったものなどと使わけることで、幅広いシーンで着用できるのが特徴。

小紋は帯や小物の使い方で様々なコーディネートが楽しめるのも魅力のひとつです。

小紋の買取に対応しているお店

小紋は主に、一般的なリサイクルショップか着物専門の買取店に売ることができます。

特に高く売りたい方におすすめなのは、着物買取専門店です。

着物は専門的な知識がないと査定が難しく、専門店でないリサイクルショップでは価値がわからないまま査定されることがあります。
実際に普通の洋服と同じ基準で査定が行われ、想像以上に安い金額で売ることになってしまったという体験談も少なくありません。

一方着物を専門に扱う買取店であれば、査定知識や実績が豊富でより適切な価値を見出すことができます。

弊社着物のバイセルは着物を専門に取り扱っているため、着物に精通したプロの査定員が在籍しています。
また買い取った着物を流通させる独自の販路を確保しており、他社様よりも高い買取金額をご提示する自信があります。

少しでも高く着物を手放したい方は、ぜひ着物のバイセルにお気軽にご相談ください。

電話・WEBからの
ご相談はこちら

※24時間・土日祝も受付

小紋の買取相場はいくらなの?

小紋の買取り価格は、種類や状態によって異なるものの~10万円前後です。

リサイクルショップ 買取不可/〜千円
着物買取り業者 ~10万円

なかでも、小紋の中でも代表的な以下3種類は高額になりやすい傾向にあります。

  • 江戸小紋
    →小紋の中で最も格が高く高額になりやすい
  • 加賀小紋
    →特に「手描き友禅小紋」は高額になりやすい
  • 京小紋
    →上品な見た目と用途の広さから高額になりやすい

江戸小紋は模様がとても細かく高い技術が必要なため、状態次第では高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。
また加賀小紋は手間をかけて作り上げるので、専門家からの評価が高いという特徴があります。

京小紋は見た目の美しさだけでなく、ちょっとした外出からセミフォーマルなシーンまで幅広く着用できるため、需要があるといえるでしょう。

ただし小紋に限らず着物には定価が存在しないため、「定価の○%」という買取価格の付け方ができません。
実際の査定額を知るには、着物専門の知識がある買取業者に査定をしてもらうことが大切です。

高く売れる小紋の特徴4つ

高く売れる小紋の見た目や条件まで、注目したいポイントを4つご紹介します。
自宅のタンスに眠っている小紋が複数あるなら、ぜひ一度確認してみましょう。

※タップで各詳細にスクロールします。

作家・作家もの

有名な作家や人気のメーカーの小紋は、無名やノーブランドの小紋よりも高額で買取りしてもらえる可能性が高いです。
なかでも以下の作家が手がけた小紋は価値が高いといわれています。

  • 小宮康助
    →染色作家で人間国宝に認定
  • 中村勇二郎
    →型紙彫刻師で人間国宝に認定
  • 藍田正雄
    →高い技術で作られる縞柄が有名

小紋を手がけるメーカーのなかでも、とくに人気があるのは以下の2つです。

  • えり善(えりぜん)
    →創業400年以上経つ京都の老舗呉服店
  • 竺仙(ちくせん)
    →職人の手仕事で作られる繊細な柄が人気

もちろん柄や状態にもよりますが、一般的な小紋よりも高値がつく可能性が高いですよ。

状態がいいもの

着物の買取査定をする際に、最も重要ともいえるポイントは着物の状態です。
どんなに人気がある小紋や価値が高い小紋も、状態が悪いと値がつかないこともあるので注意しましょう。

とくに保管状態が悪いとシミが目立ってしまいます。
しかしどんなに気をつけて保管しても、年月とともに劣化してしまう可能性は十分にあります。

もし着用せずにタンスに眠っている古いきものがあるなら、早めに手放すのが最善でしょう。

遺品や思い出の着物などは手放しにくいですが、長い時間をかけて劣化させてしまうよりも買取査定を依頼するのがおすすめですよ。

証紙や落款などがある

着物の証明書ともいえる「証紙」や「落款」などがあると、買取り額が上がる可能性があります。
証紙や落款には以下のような情報が記載されています。

  • 証紙
    →着物を手がけた作家や織元、染め方などが記載されている
  • 落款
    →刻印から着物を手がけた作家が分かる

証紙は着物の端切れに貼られていることが多く、落款と呼ばれる刻印は着物の衿先かおくみ(衿の下から裾までの部分)にあります。

証紙と落款は着物の価値や着物が本物であることを証明できるため、査定時に見せると買取額が上がることが多いです。

ただ落款と違い証紙は無くしやすいので、保管場所を決めて大切に取っておいてください。

サイズが大きい

小紋に限らず着物全体にいえることですが、サイズが大きい着物は買い取ってもらいやすく、また高値で売れる可能性があります。

というのもサイズが大きいと仕立て直せばどんなサイズにも変更することができるので需要があるのです。

また女性の小紋であれば、日本人女性の身長にマッチしたMサイズのものも需要があるでしょう。
Sサイズのものは仕立て直すことが難しいため、期待する価格はつかないことが多いです。

小紋を売るなら着物買取専門のバイセルにお任せ下さい

小紋をはじめ、不要な着物を売りたいとお考えの方は着物買取専門のバイセルにお任せください。

バイセルでは、最短即日・完全無料でお手持ちの着物の査定が可能!
査定額にご納得いただければ、そのまま買取代金をお渡しいたします。

出張買取・宅配買取・持ち込み買取からお好きな方法をお選びいただけますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

弊社【着物のバイセル】では、全国47都道府県対応の無料出張査定サービスを提供しております。
お申し込みから最短即日で査定にお伺いいたします!
お電話とWEBから簡単にお申込みが完了しますので、ぜひお気軽にご利用ください。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから

※24時間・土日祝も受付
▼実際にバイセルをご利用した方の口コミはこちら▼
バイセル着物買取の口コミ・評判は?お客様の声をまとめました。