着物買取コラム|着物の買取相場について

着物の買取相場について

知っておこう!着物買取の相場

よく、着物買取サイトなどに依頼する際はある程度の着物に関する知識をつけておくと良いと言われていますよね。

中でも「着物買取の相場」は知っておいて損になる事ありません。高額買取も期待できる着物買取の査定額は誰もが気になるポイントです。

今回は着物買取の相場についてご紹介!仕組みや高く売るためのコツなども一緒に見てみましょう。

一般的な着物買取の相場

まず、着物の買取相場は購入した時期や人気・流行、保存状態、着物作家のものかどうか(ブランド)などによって大きく異なります。

なので同じ着物でも買取価格に多少の差が出てしまう事もあるんですね。ですが、ある程度の相場はありますのでご紹介したいと思います。

  • 一般的な着物買取の相場とは?
  • 過去の買取相場の傾向から見て人間国宝着物や有名作家の着物でない、一般的な着物買取の相場は安めの場合10.000円~30.000円前後。

    傷や汚れが無く未使用、またはほぼ未使用のものだと30.000円以上で買い取ってもらえる場合もあります。逆に傷や汚れが目立ち、かつ長年使用してきた着物だと10.000円以下になってしまう事もあります。

    「証紙」などの価値が証明できるものがあればきちんと揃えておくようにしましょう。それだけでも査定額UPに繋がります。比較的査定額が安めの着物だからこそ、きちんと目利きのある専門の査定スタッフに見てもらう事が大切。

    リサイクルショップに持ち込むことをお考えの場合は注意が必要です。着物に関する知識が無い方が査定してしまうと、本当は値段が付くはずなのに下手をしたら価格がつかない!なんてこともあります。

  • 高い着物の買取相場はどのくらい?
  • 一般的な着物買取相場が分かったら、次に気になるのが高い着物の買取相場ですよね。

    高い着物、高額査定してもらいやすい着物の条件は色々ありますが、まずは先ほどもご紹介しましたように人間国宝着物や有名作家の着物であるかどうかという点が査定額に関係してきます。

    洋服のリサイクルなどでもそうですが、似たようなデザインでもブランド物であるかどうかで買取額に差が出ますよね。着物も例外ではなく、人気の作家や希少な着物になると査定額がはね上がる事が多いんです。

    一般的な着物買取の相場が20.000円前後なのに対し、高い着物の買取相場は条件が非常に良いと100.000円以上になったりもします。

    おばあちゃんから貰った、受け継いだ着物が不要になったので何となく査定を依頼したら、思わぬ高額査定になり驚いた!なんてこともあり得るんですね。

    持っている着物が貴重なものかどうかは着物の知識が無いと分かりませんので、査定額を詳しく知りたい場合は当サイトのように無料の出張買取サービスなどを利用してみると良いですよ。

    高額買取が期待できる条件は有名作家や人間国宝級の着物以外にも、結城紬・伝統工芸品・振袖・訪問着・友禅のものであれば、多少保存状態が悪くても、一般的な着物の買取相場を上回る査定額がつく場合があります。

    2010年にユネスコ登録された伝統的技法の光る「結城紬」は、長い時間をかけて丁寧に作られ、横糸と縦糸に手つむぎ糸を使用するという一般的な紬には見られない特徴により希少性が高く、着物も高額査定になる傾向にあります。

    「振袖」は、若々しく華やか、鮮やかな色使いやデザインが多く、また、格式のある礼装にもなるので一般的な着物よりも買取価格が高めになる事が多いです。

    もちろん保存状態にもよりますが、たくさんの着数が無い事、仕立てにお金がかかる事などからリサイクルショップに出しても比較的高額査定してもらえるみたいです。訪問着も同じですね。

  • 着物関連の小物や帯の買取相場は安い?
  • 売りたい着物を整理していると帯締めやバッグ、巾着、草履などの着物関連の小物やいらなくなった帯などが出てくる事もあるかと思います。

    できれば一緒に査定してもらえると有難いですよね。ですが、着物買取店の中には着物関連の小物や帯は買い取りNGや極端な安値なところも多く、査定してもらっても値段がつかない場合が多いんです。

    それじゃあ捨てるしかないの?と思うかもしれませんが、当サイトのような着物買取専門サイトであれば、傷や汚れがついてしまった着物はもちろん、着物関連の小物や帯の買取も対応しているので安心。まとめて買い取ってもらえるので着物整理がしやすくなります。

    着物関連の小物や帯の買取相場もブランドや流行、保存状態などに左右されますが、一般的には着物の買取相場よりも低め。0円では無いにしても、着物関連の小物の場合は数百円~数千円程度で見ておいた方が良いでしょう。

    着物関連の小物と言ってもその種類は様々ですが、中でも「帯締め」は希少な素材で作られたもの、作家物などであれば査定額が上がりやすい傾向にあります。

    装飾品のイメージがある帯締めの素材は高級なものだとプラチナや金、珊瑚などがあるので特に狙い目。もしそのような希少素材で作られた帯締めを処分したいと思った時は、売る着物が無くても査定してもらう価値は十分にあるかと思います。

    一方、帯は希少価値の高い「名古屋帯」などにも作家物や伝統工芸品もあるので、条件に該当すれば高額買取が期待できます。ですが、名古屋帯は使い勝手が良く、多くの方が使用する事から「大量生産品」のものもあります。

    一般的な名古屋帯になると査定額が一気に下がってしまうのでご注意。丸帯なども査定額が低めと言われています。

    着物同様、帯の価値が分からない場合はとりあえず無料査定してくれる買取サイトに気軽に依頼してみると安心かと思います。

    少しでも高額で買い取ってもらうためにできる事まとめ

    ざっくりとご紹介しましたが、着物の買取相場をある程度知っておく事はとても大切な事なので、頭に入れておきましょう。

    比較や判断材料にも使えます。そして着物の買取相場はいくつもの条件によりその価格が左右されるので、できるだけ高額で買い取ってもらえるよう意識し、工夫しておく事も大切です。

    少しでも高額で買い取ってもらうためにできる事をまとめてみました。

  • ①「保存状態」はできるだけ良くしておく事!
  • 有名作家や人間国宝などの着物にグレードアップさせるなんて事はできませんが、保存状態を良くする事は誰にでもどんな着物にもできる事です。

    いくら傷がついたり、汚れていても買取OKなサイトでも、保存状態があまりにも悪いと買取価格がつかない事があります。手遅れでなければ、できるだけ保存状態は良くしておくに限ります。

    ついてしまったシミなども、その瞬間であれば正しい方法で自分でもキレイに取る事ができます。また、未使用のもので保存状態が良いと査定額UPに繋がります。

  • ②証紙や付属品がある場合は必ずセットで査定してもらう事!
  • その着物の価値を証明する「証紙」や有名作家や伝統工芸品などの付属小物などがある場合は必ず、一緒に査定してもらうようにしましょう。

    証紙の場合、あるとないとでは査定額に大きな差が出てしまうケースも多々あるので捨てずにきちんととっておくようにしましょう。

    有名作家などの着物の付属小物であれば、セットで査定してもらう事によって査定額が上がる場合があります。

    素人目には価値が無さそうに見える和装小物でも高値がつく事もあるので、そのまま処分してしまわないようにしましょう。

    おわりに

    着物買取の相場は保存状態や人気、希少価値の高さなどで大きく異なります。

    思わぬ高額査定になることもありますので、ぜひ目利きのある専門スタッフに査定してもらえる当サイトのような着物買取ショップを活用してみてくださいね。

          

    以下の商品の買い取りもおこなっております。

    フリーダイヤル:0120-102-142

    キャンペーン

    必要事項を記入の上、
    【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

    ● お名前

    ● 電話番号

    ● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

    ● 住所

    ● メールアドレス

    上記の個人情報の利用目的に同意する

    このページの先頭へ