「着物買取」で安い買取額になってしまう理由!保管の仕方にも要注意!

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
「着物買取」で安い買取額になってしまう理由!保管の仕方にも要注意!

着物買取って安い?そんな疑問にお答えします!

着物の女性が座布団に正座している

せっかく高い着物を買ったのだから、売る時もそれなりの高額で買い取って欲しい。

買取相場では高いとされていた着物でも買取の条件が整っていないと1.000円以下の安い買取額になってしまう事があるんですね。

処分する気持ちで買い取ってもらいたい方なら問題ありませんが、多くは「少しでも現金に」と思っていると思います。

どうして買取相場よりも低くなってしまうのか?今回は着物買取で安い買取額になってしまう理由をいくつかご紹介しましょう!

着物を良く着ている方も、そうでない方もぜひチェックしてみてください。

着物買取で成功している方の多くは、高額査定にだけ目を向けずに、どうして安い買取額になってしまうのか?という点にもしっかりと目を向けています。

査定のマイナスポイントになる部分をきちんとカバーできれば、思わぬ金額で買い取ってもらえる可能性も出てくるでしょう!

着物買取で安い買取額になってしまう3つの理由

?買取相場の低い着物である

当たり前ですが買取相場の低い着物は買取額も微々たるものが多いです。

量産されているものや、あまりにもデザインが古いもの・人気でないもの、汚れや傷が目立つ着物などは数百円前後の買取額になる事がほとんどです。

何着も査定に出したのに10.000円にもならなかったという場合は、買取相場の低い着物ばかりだった可能性が高いです。

中には悪質な買取業者もいて適当な買取額をつけられてしまう事もありますが、多くの場合は決して「買い叩かれている」わけでは無いので勘違いしてしまわないよう注意しましょう。

着物と聞くと高級なイメージがありますが、買取価格は決して高額では無いという事を頭に入れておきましょう。

納得のいく金額にならないのであれば無理に買い取ってもらう必要も無いかと思います。

着物を売る際は単体よりも、複数着・セットの方が若干買取額が上がる傾向にあります。

?買取先選びで失敗する

買取先選びも慎重になった方が良いでしょう。

面倒でも何店舗かはしごして査定額を比較し、一番高い所にお願いする事が安い買取額になってしまうのを回避するコツになります。

着物の買取相場はあくまで目安ですので、どこの店舗に依頼しても同じ買取額になるとは限らないんですね。

買取先によっては数万円近くの差が出てしまうので、適当な店舗や業者にすぐに決めてしまわないようにしましょう。

主な着物買取先にはリサイクルショップや質屋、呉服店、実店舗のある着物買取業者、そして最近人気を集めているネットでの着物買取専門ショップがあります。

それぞれのメリットデメリットもありますので、それらも含めて検討してみてくださいね。

?保管状態が悪い

着物はデリケートで繊細、取り扱いの難しい和服としても有名ですよね。

普通のシャツやズボンのように気軽に扱えないのはもちろん、着用後のケアや保管場所、定期的な日干しや虫干しなど常に気を使って保管しておかないとあっという間に劣化していくんです。

買取先を探したり、買取相場をチェックしている間も着物は少しずつ劣化していってます。

もう売るからと雑に保管していると、せっかくの高額査定対象の着物も査定額がガクっと下がってしまいます。

査定額のマイナスポイントになりやすいのが着物の汚れや劣化具合。

簡単にシワや汚れになってしまう着物だからこそ、査定に出すまでの短い期間であっても丁寧に保管しておく必要があるんですね。

キレイな状態であれば、人気のないデザインや種類の着物であっても買取相場に合った金額で買い取ってもらいやすいです。

着物の正しい保管方法について

着物の正しい保管方法には色々なポイントや流れがありますが、まず最低条件となるのが「畳み方」です。

着物を着用後にそのまま脱ぎ捨てておく人はいないと思いますが、着物はとてもシワになりやすく、シワが目立つと見た目の美しさも損なわれてしまうのできちんと畳んで仕舞っておく事が最低条件。

キレイな長方形になるように折り目を意識して1着1着丁寧に畳むことを心がけましょう。

箔や刺繍のあるものは箔落ちや変色を防ぐため、和紙(白布)などを当てて畳むようにしてください。

収納は桐のタンス、衣装ケースといった着物保管に向いたものを選びましょう。

和服用のたとう紙に包んで収納するのを忘れずに。

重ねて仕舞うことはできますが、ギュウギュウ詰めにするとシワの原因になってしまうので、重ねる枚数にも十分に注意してください。

また、着物の素材の中には虫食いやカビに弱い種類もあるので、防虫剤や防カビ剤も使用しましょう。

また、帯はなるべく着物と一緒に収納しないようにしましょう。

変色の原因になったり、一緒にしていた着物が虫食いにあうと一緒に虫食いの被害にあってしまう場合があります。

同じく変色の原因となるゴムなどを使った和装小物も一緒に収納しないようにしてください。

時間がある時は天日干しをして、余計な虫食い穴やカビが発生しないようにきちんとケアしておきましょう。

フリーダイヤル:0120-542-670

フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。


以下の商品の買い取りもおこなっております。