着物を店舗で買取してもらう時のメリットとデメリットを詳細に解説

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着物を店舗で買取してもらう時のメリットとデメリットを詳細に解説

店舗で着物を買い取りに出すときに参考にしたいメリットデメリットは?

着物女性が手に贈物をもってお出かけしている

着物の買取方法としてメジャーな方法と言えば店舗での買取ですよね。

着物を買取店舗に持ち込むだけという非常にシンプルな方法です。

今回は、そんな店舗での買取の方法やメリット、デメリットについてご紹介いたします。

着物を店舗で買い取ってもらう方法

着物の買取は、中古の着物を買取販売している店舗で行うことができます。

その方法を今一度おさらいしてみましょう。

着物を持ち込む

まずは着物を持ち込みます。

このとき付属品が欠けていると買い取ってもらえなかったり、買取金額が下がってしまう可能性があります。

証紙、箱、その他帯や下駄などの周辺アイテムも揃えて持ち込むようにしましょう。

買取査定の予約が必要な場合もありますので、事前にホームページなどを確認してから店舗に向かうようにしましょう。

査定を待つ

着物を査定スタッフに渡したら、査定が終わるのを待ちます。

いつごろ購入したものなのか、どこで購入したのか、何回着用したのかなどを聞かれることもありますので、正直に答えるようにしましょう。

また、すでに他の店舗で査定を受けた場合は、その際の査定金額も伝えておくと金額を高くしてもらいやすくなりますよ。

お金を受け取る

査定が完了し、金額に納得ができたら取引は成立です。

多くの場合、その場で現金を受け取ることが可能です。

あまりにも高額な取引になる場合は後日振込となるケースもありますので、きちんと安心できる取引相手を選ぶ必要があります。

着物の店舗買取のメリット

着物を店舗で買い取ってもらうことについてはメリットがたくさんあります。

その一部をご紹介いたします。

対面して査定を受けられる

最近はネットでの買取も頻繁に行われていますが、顔も名前も知らない人に着物を触られて査定されることに抵抗を感じる方も多いでしょう。

店舗での買取なら、しっかり査定スタッフの顔を見て、また名刺を受け取ってから査定を受けることができます。

査定ポイントなどの説明を受けることもでき、安心して着物を明け渡すことができるでしょう。

大切な着物を粗末に扱われたくないという方にも、店舗での買取はおすすめです。

値上げ交渉も可能

ネットでの宅配買取などを利用すると、ただ提示された金額に納得するか、しないかだけの問題になってしまいます。

しかし、店舗での買取なら査定スタッフとの交渉次第では値上げも可能です。

端数などを繰り上げてもらったり、少しでも高く買い取ってもらえるように交渉をしてみましょう。

セットだったり、複数の着物を持ち込むと買取金額を上げてもらいやすくなりますよ。

すぐに現金にすることができる

店舗での買取の場合、着物を引き取るのと現金を支払うのは同時です。

宅配買取の場合は着物が一旦手元を離れ、また入金までに時間がかかるので不安になってしまいます。

また、すぐにお金がほしいという方にも不向きです。

このような場合は、店舗での買取を利用する方がおすすめです。

宅配買取の中では振込手数料を差し引かれる業者もいますので、利用する際は注意しておきましょう。

着物の店舗買取のデメリット

何かとメリットの多い店頭買取ですが、デメリットももちろんあります。

それぞれにどんなデメリットがあるのかをチェックして、自分は我慢できるかどうかを考えてみましょう。

大きい、大量の着物には不向き

店舗での買取は、自分で着物を持ち込まなければなりません。

そのため、一度に大量の着物を売るには車にいっぱい着物を積まなければなりません。

車がないという方や、店舗に駐車場がないという場合には非常に不便ですね。

着物は一枚だけでもかなり大きく、専用の箱なども一緒に売るとなると大荷物になります。

その結果あまり買取金額がよくないとなれば、手間や時間が無駄だったと感じることになるでしょう。

時間や場所の制限がある

近くに着物買取を行っている店舗がない、また店舗が営業している時間は仕事をしているという方も、店舗での買取を利用することができません。

電車賃やガソリン代、移動時間などを考えると、地方に住んでいる方は、宅配買取や出張買取の方がスムーズに取引ができますので、一度ネットでそのような買取方法を採用している業者を探してみましょう。

断りにくくなる

対面して査定を受けられるのは店舗での買取のメリットですが、一方で断りにくくなってしまうというデメリットもあります。

着物の店舗には独特の雰囲気があり、その雰囲気にのまれて買取金額が低いと思っても言い出せず、結局スタッフに言われるがままの金額で納得してしまう…ということにもなりかねません。

また、断ったとしてもまた大きな着物を持ち帰ったり店舗を複数回るのが面倒だという方も多いですよね。

高く買い取ってくれる店舗がどうかを事前にしっかり調べてから査定を依頼する必要がありそうです。

買取金額は低くなる傾向に

店舗での買取は、買取金額は低くなる傾向にあります。

店舗を運営するには、人件費、光熱費など様々なお金がかかります。

これらの経費も差し引いた金額が買取金額となりますので、必然的に低い金額になるようですね。

また、テレビCMなどに力を入れている業者にも要注意。

安心感はあるものの、広告費を差し引かれる可能性があります。

一つの店舗にいきなり任せっぱなしにするのではなく、面倒でも複数の店舗を回って買取金額を比較することも大切です。

ネットでのみ買取、販売を行っているような業者はこのようなコストを削減できているので、買取金額が高い傾向に。

高い金額での取引を優先したいのなら、店舗での買取ではなくネットでの買取がおすすめです。

着物を店舗で買い取ってもらおう!

着物を店舗で買い取ってもらう方法や、そのメリット、デメリットについでご紹介いたしました。

着物の買取の中でも人気の店舗での買取。

気軽に行えてすぐに現金になるというメリットがある一方で、買取金額はそこまで高くならない、時間や場所の制限があるというデメリットもあります。

店舗での買取、ネットでの宅配買取、さらに出張買取など、どれが向いているのか、自分が何を優先して取引したいのかをしっかり考えてみてくださいね。

キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。