着物買取の相場や価格を把握して着物を高く売ろう

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着物買取の相場や価格を把握して着物を高く売ろう

着物の買取価格に重要な「着物の買取相場」を知ろう!

ご年配の着物女性が何かを紹介している

不要になった着物は捨てずに売却してしまいましょう。

しかし、着物を売りに出す機会というのはあまりありません。

着物を買取に出す前に、一度買取相場を確認しておきましょう。

着物買取業者はたくさんありますが、この相場を事前に知っておくことでより高く買い取ってくれる業者を探すことができます。

着物の種類や状態によって、どれくらい買取価格に違いが出るのかを確認してみてください。

着物の買取相場とは

一口に着物といっても、着物には様々な種類があります。

この種類によっても買取相場は大きく変動するので、売りたい着物の種類を確認してから相場をチェックしてみてくださいね。

訪問着

着物の中でも着る機会が比較的多い訪問着。

胸や袖につながるような柄が描かれているのが特徴です。

これを絵羽模様と言います。

この胸元の柄に柄があるのが訪問着、柄ではなく紋が入っているのが色留袖。

この二つはよく似ていますが、特徴がそれぞれにあり違いのわかる方が見ると一目瞭然です。

着ていく場所を間違えないようにしてくださいね。

とは言え訪問着はメジャーな種類です。

着付けを習っている方や茶道、花道などで着物を着る機会の多い方は、訪問着をたくさん持っているのではないでしょうか。

ちょっとしたお出かけからパーティーにまで着用することができ、柄によってはどんな年代の方でも使うことができます。

訪問着の買取相場は10000円程度。

デザイン、状態によっても変動しますが、もともとの価格が高いもの、生地がいいものであれば比較的高い価格で買い取ってもらうことが可能となるでしょう。

振袖

名前の通り長い袖が特徴の振袖。

引きずるほど長い大振袖は優美な印象になります。

足元くらいまでの長さの袖の中振袖は、成人式などでも着用されることの多い一般的な振袖です。

様々な柄や価格帯のものがあり、豊富な選択肢から選ぶことができます。

袖の丈が85センチ前後の小振袖は動きやすく、可愛らしい印象に。

大学の卒業式などで着用されることが多いという特徴があります。

振袖と言えば女性が成人式で着用するイメージがありますよね。

しかしそれ以外でも結婚式に参列する際やお祝いの席など、着用シーンは少ないながらも成人式だけのものではありません。

振袖はもともとの価格が高いので買取金額も高くなりやすいというイメージがあるかもしれませんが、その需要の少なさから買取金額は低め。

10000円程度が相場となっています。

しかし成人式のシーズン前に売ったり、フルセットで売ったりすることで買取金額を上げることは可能。

安いブランドのものなどは買取金額がつかないこともあるので注意しましょう。

色留袖

色留袖は黒留袖と同じく格式の高い着物です。

かつては既婚の女性が着用するものでしたが、今は未婚の女性でも着用できるという考えが一般的です。

色留袖には家紋が入っており、五つ紋が一番格式高く、三つ紋や一つ紋はカジュアルめ。

これらは訪問着と同じような扱いで、正式な場ではないパーティーなどに着用していくことも可能になります。

シンプルながらその場を華やかにしてくれる色留袖も、女性に人気です。

派手な柄の着物は着れないけどおしゃれを楽しみたい、ちょっとしたお出かけに着用したいという年配の女性からの人気がとくに高くなっています。

色留袖はそれだけでなく若い女性が着物入門としても着用することができ、中古市場でも需要が高くなります。

もともとの価格が安いものが多いので買取相場は8000円程度にしかなりませんが、それでも満足のいく取引をしやすいと言えるでしょう。

黒留袖

黒留袖はその名のとおり黒い留袖で、家紋が入っているシンプルなものとなります。

シンプルではありますが黒留袖は第一礼装となっています。

結婚式からお葬式まで、冠婚葬祭で活躍する黒留袖。

新郎新婦の母親などは五つ紋入りの黒留袖を着用するのが一般的です。

一番格式の高い着物を着用して、招待客をもてなすという意味合いもあります。

黒留袖は若い女性から年配の女性まで着用する人を選ばないので比較的需要も高いと言えます。

急遽必要になることもあり、中古の黒留袖で補おうと考える方も多いでしょう。

黒留袖には家紋が入っているものが多いですが、あまり家紋を気にして着用する必要はありません。

逆に気にして家紋を外したりすることで余計に費用がかかったり、着物がいたんで買取価格が下がる可能性もあるので注意しましょう。

黒留袖の買取価格は6000円から8000円程度となっています。

小紋

小紋の特徴はその柄。

振袖や訪問着は場所によって柄が違い、袖や裾などに大きな柄が描かれているのが一般的です。

しかし小紋は一面に同じ柄が描かれています。

沖縄地方の伝統的な染めをしているもの、異国の雰囲気を楽しめるもの、粋な印象のある小さな柄のものなど、小紋にも様々な種類があります。

小紋は地味な印象があるかもしれませんが、この柄を変えるだけでかなり違った印象の着こなしができるでしょう。

小紋は着物の中でもカジュアルな種類です。

気軽に着られるものが多く、それでいておしゃれな柄が多いので若者から人気があります。

しかしもともとの価格が安いので、高い買取価格は期待できません。

6000円程度で買い取ってくれる業者があれば十分と考えておいた方がいいでしょう。

名古屋帯

帯の中でも有名なのが名古屋帯ですよね。

軽くて締めやすく、どんな着物にも合わせやすいのが特徴です。

おしゃれな柄のものも多く、洋服ブランドから独特の柄の名古屋帯も登場しています。

小紋や紬など、カジュアルな着物に合わせるのが一般的。

かつては日常的に使用されている帯でした。

毎日使うものだから結びやすいものがいい、という目的で作られたのが名古屋帯です。

名古屋帯は中古でも人気が高く、比較的高い価格で買い取ってもらうことができます。

その買取相場は6000円程度。

もう着物を着る機会がないという方は、着物だけでなくこのように帯も一緒に買取に出すようにしましょう。

買取相場の高い着物とは

着物はその種類によって買取相場が変動しますが、それだけでなく高価買取につながるポイントもあります。

買取相場の高い着物の特徴をチェックしてみましょう。

需要の高い着物

訪問着、色留袖など、幅広い年代の女性が着られる需要の高い着物は買取相場も高くなります。

柄も使いやすいシンプルなもの、個性的でないものが好まれるようです。

どんなにおしゃれな着物でも、あまり使用シーンがないような着物は買取価格が下がってしまうので注意してください。

正絹の着物

着物は現在は様々な素材で作られています。

洗濯機で丸洗いできるような着物は便利ですが、買取市場では価値は低め。

もっとも高く買い取ってもらえるのは正絹の着物です。

その他、地域の特産の生地を利用しているような着物も買取金額が高くなります。

比較的新しい着物

着物は洋服ほどトレンドには左右されませんが、それでも新しい着物は買取価格が高くなります。

新しい着物の方が状態もいいものが多いためです。

古くなるとそれだけで匂いや虫食いがひどくなり、買取金額が下がってしまいます。

着物の買取相場を知ってから売却しよう

着物の買取相場についてご紹介いたしました。

着物は査定が難しく、適当な業者に持ち込むと安い価格で買い叩かれてしまいます。

大切にしていた着物を粗末に扱われてしまうのは悲しいですよね。

きちんと買取相場を把握してから、後悔のない取引ができるようにしていきましょう

フリーダイヤル:0120-542-670

フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。


以下の商品の買い取りもおこなっております。