格式の高い「振袖」の買取方法!高額査定は狙える?

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
格式の高い「振袖」の買取方法!高額査定は狙える?

着なくなった振袖の賢い売り方は買取に出して高値を狙おう

着物と帯

未婚の女性が着る着物の中で最も格式が高いとされる「振袖」。

準礼装として冠婚葬祭とかしこまったシーンで着用する事が多いのですが普段着には向いておらず、あまり着る機会のない着物でもあります。

大事に仕舞っておいている方もいると思いますが、たまに日干ししたり、クリーニングやお手入れをしないとせっかくの華やかな留袖が傷んでしまいます。

振袖には様々な柄やデザイン、染め技法がありますがシンプルで落ち着いたものよりは、色柄華やかでデザインが可愛いものが多いので、若い女性にも人気があります。

また、振袖は手間隙かけて作られる作品がほとんどなので仕立て代も購入金額も高め。

格が高く希少性のある作品も多いため、買取相場も上がります。

古くなった、サイズが合わなくなった振袖を一気に処分したいと思っているなら!

捨てるよりもお金になる振袖の買取をお願いしてみてはいかがでしょうか?振袖の種類ごとの買取相場などもチェックしてみてくださいね。

振袖とは?

名前からも分かるように振袖とは「振れるほど袖が長い着物」であり、未婚の女性が着る着物の中で最も格式が高いとされています。

成人式はもちろん結婚式などにも着用でき、柄やデザインも豊富で華やか、色使いも美しく、女性の魅力を引き出してくれるフォーマルなオシャレ着でもあるんですね。

娘の成人式、卒業式にと新品を購入する方も多いですが、最近は着る機会も少ないとレンタルする方も増えてきています。

購入するかレンタルするかは自由ですが、購入した際でも不要になったら着物買取業者に買い取ってもらう事ができます。

高級な着物に位置するので買取相場も全体的に高く、数万円以上の高額査定が期待できるとされています。

振袖には袖の長さよって「大振袖」「中振袖」「小振袖」と分けられ、袖が長い方が格が高いです。

大振袖、中振袖、小振袖の買取相場

袖の長さで種類が分かれる振袖ですが、基本的には大振袖でも小振袖でも買取相場が大きく変動しないようです。

最低でも1.000円程度~高い場合だと50.000円近くの買取相場となっています。

袖の長さよりも重要視されるのが染め方や作家の作品であるかどうかという点。

辻村寿三郎氏や加賀友禅作家、久保田一竹氏、齋藤三才氏、松井青々氏などの作家振袖なると300.000円前後の買取相場となり、田島比呂子氏や森口華弘氏、羽田登喜男氏、玉那覇有公、中村勝馬氏などの人間国宝振袖になると最高で500.000円近くの買取額がつく場合があります。

振袖と留袖の違い

振袖と留袖はどちらも女性の着物の中で格の高いものとされていますが、具体的にどのような違いがあるのか気になっている方もいると思います。

よく振袖は未婚女性が、留袖は既婚女性が着る着物と言われていますが、実は未婚女性でも30代後半以降になると振袖ではなく留袖を着るという認識が強いので、振袖は未婚の「若い」女性向けの着物になるそうです。

決して30代後半以降の女性が振袖を着てはいけないという意味ではありませんが、年齢に合った着物を着るという感覚を楽しめるのも振袖や留袖の魅力の1つと言えるでしょう。

また、振袖も留袖も作業工程が細かく、1作品ずつ手作りするため、作家や人間国宝のものは量産することができません。

購入価格も高いのですが、最近ではインクジェット技法で量産できる着物も増えてきているので、価格を見て振袖と留袖両方を購入してみるのも良いかと思います。

振袖はレンタルの方が良い?

高級着物な事もあり、振袖をレンタルするという方も少なくありません。

確かに振袖のレンタルは便利ですし、かかる費用もおさえる事ができます。

仕立て済み、使用後はクリーニングせずに返却できるので着物の扱いに慣れていない家庭でも重宝されている方法ですが、身長が低すぎたり高すぎたりすると選べるデザインや種類が減ってしまい、自分好みの振袖を楽しめなくなるというデメリットもあります。

もう一回着たいと思ってもレンタル期間が過ぎてしまうと返却しなければいけませんし、逆に何度も着る機会があるとレンタルするより購入した方がトータルの費用がかからなかったりするんですね。

せっかくの成人式や卒業式、自分のために仕立てた自分好みの振袖を着たいという女性も多いと思います。

レンタルも良いですが、着物を長く楽しみたいなら、思い切って購入するのも良いかもしれません。

自宅の振袖、不要になったら買取へ

思い切って購入した振袖を長年愛用し、娘や孫の代に譲るには少し傷んでしまったという振袖があれば買い取ってもらいましょう。

処分するのも手間がかかりますし、リメイクするには生地が勿体無いというケースもあります。

数ある着物買取専門業者の中には傷んだ振袖でも買い取ってくれるところがあるので、ぜひ一度査定を依頼してみてくださいね。

査定料のかからない業者であれば余計な費用をかけずに買取見積もりを出すことができます。

キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。