着物買取コラム|久保耕の歴史について

久保耕の歴史について

京友禅の代表格、久保耕の歴史とは

京友禅(きょうゆうぜん)の伝統技法を守りつつ、上質な着物を手掛ける「久保耕(くぼこう)」は、一度は袖を通してみたい着物の一つとして、その名があげられることも珍しくありません。そんな久保耕の歴史について触れてみます。

京都の伝統を受け継ぐ呉服屋

久保耕の歴史は1938年(昭和13年)、第二次世界大戦が勃発する直前の、軍事に関する話題や影響が強い時期に始まりました。創業者は久保耕太郎氏で、京都の中心地にほど近い場所に構えられた場所で、伝統工芸である京友禅などの技法を用いながら着物を手掛けます。
京友禅の歴史は元禄時代と古く、染色の際には鴨川の流水を使っていたという歴史があり、久保耕もそのような伝統に沿った方法を取っていました。久保耕は、熟練した職人でなければ成し得ない難解で綿密な染め絵や、多種多様な刷毛や筆といった道具を使い分けることで、高い評価を得ることになりました。

京都の伝統を表す着物

久保耕の歴史は1938年(昭和13年)、第二次世界大戦が勃発する直前の、軍事に関する話題や影響が強い時期に始まりました。創業者は久保耕太郎氏で、京都の中心地にほど近い場所に構えられた場所で、伝統工芸である京友禅などの技法を用いながら着物を手掛けます。京友禅の歴史は元禄時代と古く、染色の際には鴨川の流水を使っていたという歴史があり、久保耕もそのような伝統に沿った方法を取っていました。久保耕は、熟練した職人でなければ成し得ない難解で綿密な染め絵や、多種多様な刷毛や筆といった道具を使い分けることで、高い評価を得ることになりました。

日本のわびさびや、美の意識を持つ着物

久保耕のこだわりの歴史は、日本の「わびさび」という概念などから始まっています。四季折々の景観を楽しむ心や、灰色と表現できる色を十種類近くの名称を与えて区別する繊細さなどを、歴史上のものとせず現代に息づかせているのです。
また、機械化が進んだ現代においても、歴史的に育まれた手縫いでの刺繍や金の加工の技を使い続けています。機械では出すことのできない微妙な柔らかさやメリハリがあってこそ、どこに出しても恥ずかしくない最高級品質の着物である、と久保耕は考えています。そのような努力の結果、久保耕は京都を代表する着物を手掛ける企業として評価されるようになりました。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

査定員さんの真摯な対応が非常によかったです

何年も箪笥に眠っていた久保耕の京友禅を見つけました。着てくれる人がいるなら着物も幸せだろうと思って売ることをきめました。ネットで着物買取プレミアムさんを見て申し込みをしました。査定員の方は迅速に丁寧に対応してくれ、一点一点きちんと見てくれました。値段は予想よりも少し低かったですが、査定員さんの真摯な対応が非常によかったです。


電話から査定まで大変丁寧な応対でした

横浜市港北区の砂原啓太と申します。先日はありがとうございました。振袖や訪問着など和服を買い取っていただきました。
着物の買取サービスを利用するのは初めてで、申し込み前はすこし緊張しましたが、申し込み電話したときから家に来てもらい査定がおわるまで、非常に丁寧に対応してくださって感謝しております。友人にも是非紹介したいと思いました。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ