着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着用方法について

恥ずかしくない着用方法を知っておこう

着物を着る女性

着物を着るときに悩みがちな襟の合わせ方ですが、間違えると恥をかくこともあります。間違いなく着ることが出来る着用方法を確認してみましょう。

基本的には右前という形

着物の衿の合わせ方は「右前」と言われます。着物の着用方法を調べた際にこうした記述があったと思いだした方もいるでしょう。しかし、右とはどちらのことなのか混乱してしまいがちです。「前」がどういったことを指すのかもわかりにくいものです。「肌に近い方」「先に決める方」が前だと覚えておきましょう。このように覚えておけば間違えない着用方法につながります。この「右前」は奈良時代から法令で決められていたという事で、かなり古くからの慣習であったことがうかがえます。どちらでもよいという考え方もありますが、特にこだわりがなければ着物は右前で着るという事を着用方法の習慣としていくのが無難です。

左前に着ることの意味とは

着物の着用方法として男女ともに右前に着るという事がまず基本となります。左前に着るとどのような意味があるかを考えてみましょう。よく言われるのが死に装束というイメージです。仏式の葬儀の際に着物を着せる際左前の着用方法をとるので、現代ではそのようなイメージが強くなっています。そのため、左前の着用方法では縁起が悪い、早死にするなどと嫌われることがあるのです。昔は高貴な人が左前で着物を着ていた時代もあるので一概に悪い形だとは言えませんが、特に家や地域での風習がない場合は左前は避けて右前の着用方法を覚えておきたいところです。

間違いなく右前にするためのポイント

着物を着なれている方ならまだしも、これから着物にチャレンジしたいという方はいくら着用方法を勉強していてもいざ着る段階になってどのように襟を合わせればよいのか混乱することもあるでしょう。そのようなときには確認の仕方をいくつか知っておくことが役立ちます。右前にするなら、右手で懐に手が入れやすい形になります。そのような形になっているかどうかチェックすると着用方法の間違いを防げます。また、誰かの着付けを手伝うときには、対面したときに襟がyの形になっているかどうかを確認するとよいです。あわてずに確認することが着物の着用方法のポイントです。

フリーダイヤル:0120-542-670



フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。


以下の商品の買い取りもおこなっております。