着物買取コラム|着用方法について

着物の着用方法

恥ずかしくない着用方法を知っておこう

着物を着るときに悩みがちな襟の合わせ方ですが、間違えると恥をかくこともあります。間違いなく着ることが出来る着用方法を確認してみましょう。

基本的には右前という形

着物の衿の合わせ方は「右前」と言われます。着物の着用方法を調べた際にこうした記述があったと思いだした方もいるでしょう。しかし、右とはどちらのことなのか混乱してしまいがちです。「前」がどういったことを指すのかもわかりにくいものです。「肌に近い方」「先に決める方」が前だと覚えておきましょう。このように覚えておけば間違えない着用方法につながります。この「右前」は奈良時代から法令で決められていたという事で、かなり古くからの慣習であったことがうかがえます。どちらでもよいという考え方もありますが、特にこだわりがなければ着物は右前で着るという事を着用方法の習慣としていくのが無難です。

左前に着ることの意味とは

着物の着用方法として男女ともに右前に着るという事がまず基本となります。左前に着るとどのような意味があるかを考えてみましょう。よく言われるのが死に装束というイメージです。仏式の葬儀の際に着物を着せる際左前の着用方法をとるので、現代ではそのようなイメージが強くなっています。そのため、左前の着用方法では縁起が悪い、早死にするなどと嫌われることがあるのです。昔は高貴な人が左前で着物を着ていた時代もあるので一概に悪い形だとは言えませんが、特に家や地域での風習がない場合は左前は避けて右前の着用方法を覚えておきたいところです。

間違いなく右前にするためのポイント

着物を着なれている方ならまだしも、これから着物にチャレンジしたいという方はいくら着用方法を勉強していてもいざ着る段階になってどのように襟を合わせればよいのか混乱することもあるでしょう。そのようなときには確認の仕方をいくつか知っておくことが役立ちます。右前にするなら、右手で懐に手が入れやすい形になります。そのような形になっているかどうかチェックすると着用方法の間違いを防げます。また、誰かの着付けを手伝うときには、対面したときに襟がyの形になっているかどうかを確認するとよいです。あわてずに確認することが着物の着用方法のポイントです。

お客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

着物買取プレミアムさんに依頼して正解でした

伯母が趣味で着物を集めていました。生前、伯母から龍村美術の帯や久保田一竹の訪問着など作家物着物が多くあると聞いていました。私は着物は着ることもなく、保管も難しそうなので出張査定を依頼しました。家に来たスタッフさんは女性方で丁寧に着物を一枚一枚見てくれました。着物や帯にまつわる楽しいを話をしてくれたのが印象に残ってます。着物買取プレミアムさんに依頼して正解でした。


スマホから申し込みできたのでラクチンです

着物と帯、結城紬の反物、草履など一式を買取ってもらいました。御社を利用したのは初めてですが、査定に時間がかかることもなくすぐに着物類を売ることができました。
スマホで自分の都合の良い時間に、どこからでも申し込めるのは便利ですね。また何かあったらその時はよろしくお願いします。

      

以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ