和服と帯のコーディネート

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
和服と帯のコーディネート

着物の上手なコーディネートの重要なポイントとは?

着物の着付けをする女性

着物を上手くコーディネートするには、着物と帯を順番に選んでいくことが大切です。また、それぞれのシーンや自分の肌の色などに合わせて選ぶという点も外せないポイントです。

場面だけではなく、肌の色にも合わせてコーディネートする

着物をコーディネートする際は、どのような場面に着用して行くのかが最も重要です。例えば、友達の結婚式・パーティーなどには豪華さのある訪問着、入学式に保護者として出席するには目立ちすぎない付け下げ、もしくは訪問着というのが一般的です。また、ちょっとした食事会などには小紋や紬と、格と豪華さをそれぞれの場面に合わせてコーディネートします。この次に、自分自身の好みはもちろんのこと、肌などの色によく合う着物でコーディネートします。ピンク・イエロー・オークル系など、肌の色によって似合う色が異なります。肩に着物を当てることで、自分にぴったりな色合いかどうかを判断しやすくなります。

帯選びのポイント

場面や肌の色によく合う着物を選んだら、帯を決めます。帯を1番に選んでしまうと、コーディネートするのが大変になりますが、着物を先に選んでおくことでコーディネートの幅が大きく広がります。時代性や個性を顕著に現す帯は、着物とは異なり、昔のものは締められなくなってしまうというケースが多々あり、時代による色や柄などの変化を受けやすい傾向にあります。帯は、自分の好みの色などで選びやすいなど、比較的選択肢が広いこともあり、着物の後に選ぶということはコーディネートの基本とも言われています。このように選べば、自信を持って着用できる着物のコーディネートができます。

最後におさえておきたいコーディネート・着こなしのポイント

帯締めと帯揚げのコーディネートでは、帯締めを最初に選ぶことがポイントです。帯締めは、帯揚げより選択の幅が狭い上、選んだ帯締めによって、似合う帯揚げが変わってくるということがその理由です。着物のコーディネートにおいて最も理想的なのは、着物をより素敵に見せる帯、それ以上に素敵にしてくれる帯締め、そして、最大限に魅力的にしてくれる帯揚げを組み合わせていくことです。
最後に、着物と帯の自分なりのコーディネートが完成したら、着物の知識がある人にチェックしてもらうようにすれば安心ですし、着物に関する知識を深めることができます。


キャンペーン

以下の商品の買い取りもおこなっております。