着物買取プレミアム│訪問着や留袖・付け下げなどの染着物、紬などの織着物、帯類、和装品小物

訪問着・つけ下げ・小紋・振袖・留袖等のお着物
あなたの売りたいお着物はどのようなお品物ですか

格付けで言えば訪問着・つけ下げ・小紋・振袖・留袖等。生地で言えば、友禅や紬等様々な種類があります。種類も素材も様々な着物ですが、目利きの確かな査定員が1点1点丁寧に査定し、お着物本来のお値段をつけさせていただきます。

汚れていたり古いお着物でも大丈夫です。

  • 「染みのある訪問着」……状態が悪くても諦めないでください!まずはご相談を!
  • 「譲り受けて価値の分からない留袖」……価値を見極め丁寧に査定・ご説明いたします。
  • 「昔購入したもう着ない振袖一式」……着物・帯はもちろん小物類も合わせて買取ます。
  • 「桐箱に入ったままの大量の着物」……量が多くても1点1点丁寧に査定いたします。
  • 「長さが短い古い帯」……どんな長さの帯でも大丈夫です。帯のみの買取もOK。
  • 「証紙のない紬」……確かな知識で最適な買取金額の提示を行います。
  • 「サイズの合わなくなった小紋」……普段使いしていた着物もきちんと査定します。
  • 「使用感のある使い込んだ帯」……状態に併せて適切な買取をいたします。
  • 「ため込んでしまった帯締め」……小物もしっかりと査定します。
  • 「古くなった着物や小物類」……小物類もまとめてお任せください。

素材から詳しく見る

着物は大きく分けて紬等の「織り着物」と友禅染め等の「染め着物」に分けられます。それぞれ買取のポイントと高価買取の実績をご紹介いたします。

織り着物買取,紬・御召・木綿絣等
染め着物買取,小紋染め・友禅染め・紅型染め等


「織」と「染」とは

着物に興味を持ったばかりの頃、ほとんどの方が最初にぶつかる疑問点は「織」と「染」の違いではないでしょうか。「織」とは先に色を施した物、「染」とは後から色を施したものを指します。もう少し詳しく言うと、「織」は糸の段階で色を付けてから生地にして仕立てたもの、「染」は形を仕立てた後に色を付けた物、ということです。これは帯も同様で、着物と帯の分別の基となります。具体的には「織」ならば「大島紬」「結城紬」「牛首紬」、対する「染」は「京友禅」「加賀友禅」「江戸友禅」が有名です。ただし、着物用語は曖昧さも強く含んでいるため、一部例外もあることを心に留めてください。

織り着物買取
染め着物買取
帯買取


帯買取
その他和装小物買取


「帯」の重要性

着物のコーディネートをする際に重要な「帯」。どんなに素晴らしい着物を纏っても、お互いを引き立て合う帯をつけられなければあまりにもったいない事です。「織」の帯は糸を染めて精緻に組み合わせて柄を描き上げなければいけないため、かなりの技術が求められます。しかしその分仕上がりは重厚感を持ち、格調高い仕上がりとなって訪問着や色無地を艶やかに飾ります。「染」の帯は、実はそのほとんどが名古屋帯です。白地に模様を描く名古屋帯は、染めの特性を最大限活かし、フォーマルからカジュアルまで幅広い着物に併せて存在感を放ちます。「織」と「染」、両方の帯を上手に使い分ける事は、着物をより楽しむためには決して欠かせない重要なポイントですね。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ