着物の持ち込み買取の場所は?流れと高く売るコツを解説します

着物や帯など和装品に関する様々なコラム 着物コラム
着物の持ち込み買取の場所は?流れと高く売るコツを解説します 持ち込み買取の方法を解説の記事のアイキャッチ

「要らない着物を今すぐに売りに行きたい」
「ネットやメールを経由したやりとりはしたくない」

そのような方に合っているのが、着物の持ち込み買取です。

パソコンやスマホの操作なしで、ご自身のタイミングで着物を売りにいくことができます。

当記事では持ち込み買取の流れやメリット・デメリット、高く売るポイントなどを詳しく解説します。
着物を売ることを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「手持ちの着物の価格だけでも知りたい」という方は、まずは無料査定サービスを利用してみましょう。
弊社【着物のバイセル】では、最短即日査定の無料出張査定サービスを行っております。(全国47都道府県対応)
お電話一本で査定にお伺いしますので、面倒なやりとりは必要ありません。
その場での現金即払いにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから
※24時間・土日祝も受付

着物の持ち込み買取の場所と流れ

持ち込み買取の場所と流れ

着物の持ち込み買取とは、売りたい着物や関連品を店舗へ持ち込んで査定・買取をしてもらうサービスです。

持ち込む場所はリサイクルショップ・古着屋・着物買取専門店舗などが一般的で、流れは以下の通りとなります。

  1. お店に直接着物を持っていく
  2. その場で査定をしてもらう
  3. 査定金額を確認し、納得いけば代金を現金で受け取る

基本的にはその場でやりとりが簡潔するので、出来るだけ早く売りたい方やネットでのやりとりが苦手な方に向いているといえます。

買い取り時には身分証明書が必要なケースも多いので、必ず持っていくようにしましょう。

着物の持ち込み買取3つのメリット

直接着物を持参する持ち込み買取には、主に以下3つのメリットがあります。

  • すぐに持っていける手軽さがある
  • 査定額に納得できなければその場で断れる
  • 即現金化できる

それぞれ詳しくご紹介します。

①すぐに持っていける手軽さがある

1つ目のメリットは、思いついたタイミングですぐに着物を売りに出せることです。

出張買取では事前の日程調整が必要だったり、宅配買取は梱包が必要だったりと準備が必須。
一方持ち込み買取は、ほとんどの場合で予約や日程調整がいりません

自分の都合に合わせて店舗に持っていくことができるため融通が利きやすく、お店の人に手渡すまで手間がかからない方法といえます。

②査定額に納得できなければその場で断れる

査定額をその場で断れる

2つ目のメリットは、査定額に納得ができなければその場ですぐに売却を断れることです。

オークションやフリマなどネットを介したやりとりや、メールや電話を経由したやりとりはキャンセル申請にも時間がかかることが多いです。
申請後も相手の承諾や手続きが必要になり、すぐにキャンセル成立というわけにはいきません。

一方持ち込み買取であれば査定員にその場でキャンセルを伝えられるので、万が一査定額に納得がいかなくても安心です。

③即現金化ができる

3つ目は、その場ですぐに現金化できることです。

持ち込み買取では、査定額に納得がいけばその場で代金を支払ってくれるケースがほとんどです。

一方宅配買取やネットを通した買取の場合は、査定額に納得してから代金が振り込まれるまで数日は必要。
その場ですぐに現金を手渡し、というわけにはいきません。

そのため、少しでも早く現金を受け取りたい方には最適な方法と言えます。

着物の持ち込み買取3つのデメリット

手軽で便利な持ち込み買取ですが、以下のようなデメリットも存在します。

  • 着物の持ち込みに手間がかかる
  • 査定結果がでるまで時間がかかることがある
  • 買取価格が低くなる可能性がある

持ち込み買取を検討している方は、参考にしてみてください。

①着物の持ち込みに手間がかかる

持ち込み買取のデメリットは、売りたい着物を持っていくのが大変という点です。

着物は1枚でも約1キロと重く、かさばります。
複数枚ある場合や、和装小物もあわせて売りたい場合にはとても手軽に持ち運ぶことはできません。

さらに査定額に納得がいかなければ再び持ち帰らなければならず、大変な労力がかかってしまいます。

買取店舗が遠い方や査定に出す着物が多い方は、宅配買取や出張買取が向いているでしょう。

②査定結果が出るまでに時間がかかることがある

2つ目のデメリットは、査定結果がでるまでに時間がかかる場合があることです。

買取を行っているお店では、同時に販売も行っているケースがほとんど。
そのためスタッフが販売業務をしていたり、店内が混んでいると査定結果がでるまで1時間前後待つことも珍しくありません。

③買取価格が低くなる可能性がある

買取価格が落ちる

3つ目のデメリットは、他の方法に比べて買取価格が低くなる可能性がある点です。

店舗で買取を行っている場合は、店員の人件費や店舗の光熱費・家賃といったコストがかかっています。
そのぶん、店舗を介さずに売ることができる宅配買取や出張買取に比べて安く買い取られることも多いのです。

出来るだけ高く売りたいという方は、他の方法とも比較検討して決定することをおすすめします。

着物のバイセルの出張買取サービスは、その場ですぐに査定し現金即払いにも対応しております。

査定経験と専門知識が豊富なスタッフが、1着1着丁寧に査定いたしますので、お気軽にご相談ください。

↓バイセルの持込買取は無料で査定↓
値段だけ知りたい方もOK。
電話・WEBでの
査定申込はこちらから
※24時間・土日祝も受付

持ち込み買取で着物を高く売る3つのコツ

持ち込み買取で高く買い取ってもらう方法は以下の3点があげられます。

  • 持ち運びに注意する
  • 証紙・落款も一緒に持っていく
  • 着物の買取専門店に直接もっていく

持ち込み買取を利用するのであれば、しっかりとおさえておきましょう!

①持ち運びに注意する

着物の持ち運び

1つ目は着物の持ち運びに注意することです。

持ち運びが雑で着物にシワや傷がついてしまうと、買取価格が下がる可能性があります。

和装収納バッグを利用する・スーツケースに綺麗に畳んで入れる・風呂敷やたとう紙に包んで持っていくなど、扱いには細心の注意を払って丁寧に持ち運びましょう。

②証紙・落款も一緒に持っていく

証紙・落款と着物

証紙・落款をお持ちなら、着物と一緒に必ず持っていきましょう。

有名な作家物や有名産地の着物には、本物の証明として証紙や落款がついています。
一緒に提示するかどうかで、買取額は数万円変動することも。

無くても買取自体は受け付けているケースがほとんどですが、もしも手元にあるのであれば必ずもっていくようにしてください。

③着物の買取専門店に直接もっていく

3つ目は「着物の買取専門店」に持っていくことです。

着物の適正な価格を見極めるには、専門的な知識や査定経験が必須。
しかしリサイクルショップや古着屋に「着物に特化した査定員」がいることは稀です。
実際の相場よりも大幅に安い価格で買い叩かれてしまうことも少なくありません。

一方で着物の買取専門店であれば査定員の知識や経験も着物に特化したものになりますから、正確な金額を提示してもらうことができます。

正しい査定で少しでも高く売ることを重視している方は、着物の買取専門店に持っていくのがオススメです。

バイセルでも全国10か所の買取センターと横浜・名古屋で持ち込み買取を受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

バイセルでは3つの買取方法をご用意しています

弊社着物のバイセルでは、今回ご紹介した持ち込み買取のほか出張買取と宅配買取をご用意しております。

なかでも出張買取は最も早く・手軽に・無料でご案内が可能です。

ネットでのお申込みまたはお電話一本で、最短即日に査定に伺いします。
出張料・査定料等の手数料は一切ナシ・査定額に納得がいかなければその場でキャンセルが可能です。

値段だけ知りたい」という場合でも喜んで対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

まずは査定だけでもOK◎
全国どこでも出張料・査定料で対応いたします。
↓↓

以下の商品の買い取りもおこなっております。
キャンペーン