江東区内どこでも
あなたが満足する価格で買い取ります

着物買取プレミアムでは、査定員のご訪問による無料出張査定と、送料無料の宅配査定、お持込み査定の3つの方法をご用意して江東区内いつでもどこでも柔軟に対応いたします。

■区

千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区、江東区、品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区

■市

昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

■郡

西多摩郡

■島しょ

大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅島、御蔵島村、八丈島、青ヶ島村、小笠原村

※一部の地域については宅配での対応となる場合がございます。
詳しくはオペレーターまでお問合わせ下さい。

安心!簡単!着物買取の流れをご紹介します。

お電話1本であなたのご自宅へ出張いたします。お問い合わせから現金お渡しまで、簡単4つのステップ!

ご相談・お問い合わせ

まずは無料フリーダイヤルへお電話ください。

フリーダイヤル:0120-102-142

お品物の大まかなタイプと量などをご確認いただける範囲でおうかがいし、お客様のご都合に合わせて査定日時をご提案いたします。タイミング次第で、お電話から最短30分で訪問の実績あり!

ご相談・お問い合わせ


ご相談・お問い合わせ
査定員が出張訪問

査定員がお客様宅へご訪問いたします。お品物をご用意していただき、お待ちください。

査定員よりご挨拶の上名刺をお渡しし、携行している古物商ライセンスの提示をいたしますと共に、当日お伺いした目的を一度確認させていただきますので、相違がある場合はその旨をお知らせください。

ご相談・お問い合わせ


査定員が出張訪問
お品物の査定

着物専門査定員がお客様のお品物を査定。基本的にはお客様のご自宅の玄関先で査定させていただき、金額をご提示させていただきます。

査定は出来る限り速やかに、短時間で完了できるよう努めております。お客様は、できる限り査定員からもお姿の見える場所にてお立会ください。

お品物の査定


お品物の査定
現金のお渡し

ご提示させていただいた金額にご納得いただけましたら、現金をその場でお支払いし、お品物を引き取らせていただきます。お取引終了後、査定員から当店よりの書面資料についてご説明させていただきます。これらはお客様にとっても大切な書面となっておりますので、お手元にて保管をお願い致します。

※お客様のご都合・ご希望に合わせて銀行振り込み対応等も可能です。振り込みをご希望の際は、その旨お申し付けください。

現金のお渡し


江東区の着物に関する豆知識

東京都江東区、江戸の粋と人情が香る街の着物事情


東京都江東区。その名のとおり隅田川の東に位置しており、そこかしこに下町の風情が漂います。都心へのアクセスも良好で、50万人ほどの人口がありながら、江戸の粋や義理人情が今も残っているのが魅力。清澄庭園や亀戸天神、富岡八幡宮などの歴史あるスポットが点在し、昔ながらの商店街なども賑わっています。
一方で、人気のサードウェーブコーヒー店が日本で初めて出店したのも江東区の清澄白河。江戸の風情と時代の最先端を行く感性が共存する、感度の高い街です。
そんな東京都江東区では、着物を活用できる機会がたくさんあります。風情ある寺社仏閣を着物姿で散策するも良し、おしゃれなカフェにあえてレトロな着物で出かけるミスマッチも楽しめます。着物姿が絵になるスポットが多いので、記念写真を撮ったりSNSに投稿するのも良いでしょう。
一方で、たんすに眠ったままの着物や、譲り受けたものの使わない着物、帯などの和装品があれば、買取に出すという方法があります。着物に関する知識がなくても、確かな目利きのできる専門業者に買取を依頼することで、その着物を本当に必要としている人のもとに届けることができます。大切な着物だからこそ、買取を利用して有効活用してみてはいかがでしょうか。

江戸時代から続く、江東区の歴史


現在の東京都江東区の発展の元をたどれば、歴史は江戸時代にさかのぼります。1657年の明暦の大火のあと、江戸幕府は火災に強い町づくりを強化し、江戸城界隈からの市街地の拡張をはかりました。大規模な再開発が行われたことにより、18世紀初頭には深川地域に多くの武家屋敷や社寺が並びはじめます。その後は河川の水運を利用してさらなる発展をとげました。材木商や米・油問屋の建ち並ぶ街となり、現在も富岡八幡宮の例大祭などに見られる江戸文化が花開いたのです。
最近では地下鉄の沿線に真新しいマンションも建ち並び、都心へのアクセスも良好なため人気の住宅地となった東京都江東区。一方で代々この地域に住んでいるという江戸っ子も多く、祖母の代から受け継いだ着物をたくさん持っているという人も多いかもしれません。
当店では、着なくなった着物やサイズが合わない着物、活用のしかたが分からない着物などの買取を行っております。不要な着物が自宅にあるけれど、着物のことはよく知らない、相場が分からなくて何となく不安という方もご安心ください。着物の買取に関するご相談やお見積りも無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。着物のほか、帯や小物の買取にも対応しております。

着物の似合う街で、江戸文化を体感しよう


亀戸天神は、東京都江東区で着物が似合うスポットのひとつです。もともとは本所亀戸村の小さなほこらに祀られていた天神様に、徳川四代将軍家綱公が寄進した土地に社殿を建てたことにより、現在の亀戸天神社が築かれました。学問の神様である菅原道真公がご祭神であり、学業成就の祈願にお参りする人が後を絶ちません。季節を彩る花も、境内の見どころのひとつ。早春には道真公の愛した梅、ゴールデンウィーク頃には約100株の藤、秋には本殿近くの菊が見頃となります。
亀戸天神と合わせて訪れたいのは、元祖くず餅で知られる「船橋屋」。1805年創業の老舗で、黒蜜ときな粉をかけたくず餅を作り続けています。
そんな亀戸界隈に着物を着て出かければ、江戸の風情を味わえることでしょう。普段着感覚で出かける手軽な散策ならば、江戸小紋なども似合います。越後の塩沢地方で江戸の明和時代に始まったと言われる塩沢紬も、注目の着物です。1975年に経済産業大臣指定伝統的工芸品となり、2009年にはユネスコ無形文化財に指定されました。細かな絣柄が特徴で、シックで落ち着いた雰囲気が魅力。江戸の伝統を今に伝える着物ですが、生産量が少なく、幻の紬とも言われています。

東京都江東区、深川界隈を着物で散策


江戸の下町情緒が残る東京都江東区には、着物で出かけたいスポットがたくさんあります。まずは門前仲町にある「富岡八幡宮」。1627年に創建され、江戸三大祭のひとつである富岡八幡祭りが行われることでも知られています。大きな鳥居や朱塗りが鮮やかな御社など、着物を着て写真を撮りたくなるフォトジェニックな風景がたくさんあります。
富岡八幡宮の隣には「成田山深川不動堂」もあります。成田山新勝寺の東京別院であり、創建は江戸中期の元禄時代と言われる歴史ある寺院です。古くから深川のお不動さまと呼ばれて親しまれてきました。富岡八幡宮と深川不動堂の界隈はとても静かで、のんびりと散策するのにぴったりです。
お参りの後は、着物姿が似合う甘味処に立ち寄って、江戸っ子の気分を味わいましょう。門前仲町の駅から2分の距離にある「いり江」のあんみつは人気の逸品。寒天から餡、白玉まですべて手作りで、あたたかみのある味わいです。明治40年創業の老舗「深川 伊勢屋」も、地元でずっと愛されているお店。職人の手仕事が光る、甘辛いみたらし味の焼団子が看板商品です。
東京都江東区、深川エリアは江戸の粋と人情が香り、着物の似合う街です。お気に入りの着物を着て、気ままな街歩きを楽しんでみてください。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ