葛飾区内どこでも
あなたが満足する価格で買い取ります

着物買取プレミアムでは、査定員のご訪問による無料出張査定と、送料無料の宅配査定、お持込み査定の3つの方法をご用意して葛飾区内いつでもどこでも柔軟に対応いたします。

■区

千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区、葛飾区、江戸川区

■市

昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

■郡

西多摩郡

■島しょ

大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅島、御蔵島村、八丈島、青ヶ島村、小笠原村

※一部の地域については宅配での対応となる場合がございます。
詳しくはオペレーターまでお問合わせ下さい。

安心!簡単!着物買取の流れをご紹介します。

お電話1本であなたのご自宅へ出張いたします。お問い合わせから現金お渡しまで、簡単4つのステップ!

ご相談・お問い合わせ

まずは無料フリーダイヤルへお電話ください。

フリーダイヤル:0120-102-142

お品物の大まかなタイプと量などをご確認いただける範囲でおうかがいし、お客様のご都合に合わせて査定日時をご提案いたします。タイミング次第で、お電話から最短30分で訪問の実績あり!

ご相談・お問い合わせ


ご相談・お問い合わせ
査定員が出張訪問

査定員がお客様宅へご訪問いたします。お品物をご用意していただき、お待ちください。

査定員よりご挨拶の上名刺をお渡しし、携行している古物商ライセンスの提示をいたしますと共に、当日お伺いした目的を一度確認させていただきますので、相違がある場合はその旨をお知らせください。

ご相談・お問い合わせ


査定員が出張訪問
お品物の査定

着物専門査定員がお客様のお品物を査定。基本的にはお客様のご自宅の玄関先で査定させていただき、金額をご提示させていただきます。

査定は出来る限り速やかに、短時間で完了できるよう努めております。お客様は、できる限り査定員からもお姿の見える場所にてお立会ください。

お品物の査定


お品物の査定
現金のお渡し

ご提示させていただいた金額にご納得いただけましたら、現金をその場でお支払いし、お品物を引き取らせていただきます。お取引終了後、査定員から当店よりの書面資料についてご説明させていただきます。これらはお客様にとっても大切な書面となっておりますので、お手元にて保管をお願い致します。

※お客様のご都合・ご希望に合わせて銀行振り込み対応等も可能です。振り込みをご希望の際は、その旨お申し付けください。

現金のお渡し


葛飾区の着物に関する豆知識

東京都葛飾区の大まかな歴史


東京都葛飾区の人口は、2015年の調査では44.44万人でした。そんな東京都葛飾区に人が定住し始めたのは、古墳時代だと考えられます。河川の氾濫で堆積した土砂が微高地となり、その辺りを基盤として集落が営まれていました。
さらに奈良・平安時代になると律令制ができ、戸籍精度も開始、葛飾区の辺りは下総国葛飾郡となります。そして平安時代末期には、葛西御厨といわれる荘園を営む葛西氏がこの一帯を支配していました。この支配は豊臣秀吉に滅ぼされた天正18年まで続いたとされています。
戦国時代が終えんを迎えて江戸時代になると、武蔵国に含まれ、農村地としての役割を担うことになりました。それから、葛飾区は湖沼が多いことから鷹狩りにも適しており、幕府将軍もよく遊びにきていました。庶民にとっても保養地として親しまれていて、堀切菖蒲園は人気の行楽地だったとされています。
現代の堀切菖蒲園は区立施設となっており、小規模ながらも約200種6000株もの菖蒲が咲き誇り5~6月には、多くの人が訪れます。また、都立水元公園でも約100種1万4000株の菖蒲を見ることが可能です。菖蒲と良く合う着物を着て花見に行くのも乙なものですが、わざわざ着付けしてまで出かけられないという方は、買取を考えるのも一つの方法です。

東京都葛飾区の伝統工芸品


東京都葛飾区には多種多様の伝統工芸品が残されています。指定された工芸品は46品目と、他地域より多めなのが特徴です。指定伝統工芸品の中には、着物に関するものがあります。それは江戸刺繍や東京手描友禅、東京染小紋などです。
江戸刺繍の伝統工芸士に認定された方は東京都葛飾区にはいませんが、東京手描友禅と東京染小紋の伝統工芸士は活躍中です。東京手描友禅の葛飾区伝統工芸士に認定された兵藤修さんは1953年に生まれ、染色一筋に学んできました。1993年には全日本新人染色展で大賞を受賞し、その後も数多くの賞をもらっています。東京手描友禅は、江戸の粋が表現された図柄や色あいが特徴です。
そして東京染小紋の伝統工芸士である宮尾英太朗さんは1941年生まれで、小学4年生のときから先代から仕事を学んできました。二代目として家業を継いだのは、高校卒業後すぐのことです。武士の間で始まった小紋は、江戸時代になると庶民にも人気が広まり、多種多様な模様が生み出されてきました。なお、東京染小紋は細かな幾何学模様と高級感のある仕上がりが特徴です。
東京都葛飾区には着物の買取店が3店舗ほど見られます。東京や葛飾区の伝統を次に伝えるために、使用しない着物等は買取に出すのも良い方法です。

広大な日本庭園と大正時代の建物で過ごすレトロな時間


日本の伝統工芸の一つには、着物などの染色方法として、辻が花があります。辻が花は絞り染めを基本に、描き絵や摺り箔、刺繍などを合わせた手法で、その方法は簡単なものから複雑なものまで多彩です。奈良時代に生まれたとされる手法はしばらくの間姿を消していたため、幻の染めと言われていました。
その辻が花に魅了され、現代に蘇らせたとして有名なのが、久保田一竹(1917年~2003年)です。どのような手法なのか研究を重ね、1952年に“一竹辻が花”といわれる手法を発表して注目を集めました。山梨県には久保田一竹美術館があります。
東京都葛飾区での着物のお出かけであれば、アメリカでも大変人気のある日本庭園、山本亭に出かけるのがおすすめです。山本亭は葛飾区柴又にあり、帝釈天の裏側に位置します。元は個人宅だった建物と書院庭園は登録有形文化財で、1988年に東京都葛飾区が買い取りました。和洋折衷の建物は増改築を繰り返し、1階は120坪と広大です。日本庭園のほうも270坪とやはり広大で、池泉や築山に滝、という日本庭園らしい風景が楽しめます。また、隣には葛飾柴又寅さん記念館と山田洋次ミュージアムも並んでいるので、たっぷりと観光を満喫することが可能です。

下町情緒を満喫できる葛飾人気スポット


山本亭がある柴又には、葛飾区柴又帝釈天門前参道商店街があるので、ついでに寄るのがおすすめです。まるで大正時代にタイムスリップしたかのような老舗店が建ち並ぶ商店街は、観光スポットとしても人気です。下町情緒溢れた雰囲気は着物での散策にぴったり、周囲の情景に馴染みます。
商店街の名物はうなぎや鯉、ドジョウなどの川魚料理で、江戸らしい草団子やせんべいなども食べ歩きや手土産にすることが可能です。創業は文化2年という元祖くず餅店なども見られるので、歴史の重みが漂います。また、昔使われていたおもちゃやゲームを置いている駄菓子屋と博物館もあって、レトロな雰囲気を存分に満喫できます。
商店街は彫刻の寺としても知名度が高い柴又帝釈天題経寺から始まりますが、この寺に見られる木彫刻のように精巧な作りの木彫りや民芸品も購入可能です。さらに、毎月寅さんの日などの寅さんにちなんだイベントも催されます。なお、年に6回催される庚申の日も多くの人が集まる日です。
それから、山本亭の奥に流れる江戸川沿いには柴又公園が整備されており、江戸時代から続く矢切りの渡しという渡し舟に乗ることができます。川の向こうは千葉県で、東京都葛飾区は都内唯一の渡し場となっています。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ