こんなお悩みありませんか?

・身丈が合いません
・お茶や日舞などの習い事で着用した稽古着があります
・柄や色が多いです
・遺品整理で大量に出てきました
・身内から譲り受けましたが着ません
・着物を着るのがしんどく、洋服しか着ません
・無名作家の作品でも売れるのでしょうか?
・褪色してしまっています
・傷んでいます
・証紙、証明書がありません

着物の売却先にお悩みでしたら、
バイセルにお任せください!

「もう着物は着ない。」
「捨てるのはなんだか忍びない。」
「譲りたいけれども着る人がいない。」

そんな理由で、やむ無く想い入れのある着物を処分してしまおうとしていませんか?

バイセルでは、そんなお客様の着物を少しでもご満足頂けるよう、お買取りさせていただきます。

私たちはお客様の着物や帯をはじめ、着物に関わる全てのお品物を大切に査定し、お買取りした後もお客様とよりよい関係を築いていけるよう、買取後も万全のサポートをさせていただきます。

大分県内どこでも
査定員が出張買取で伺います

着物のバイセルでは、査定員のご訪問による無料出張査定と、送料無料の宅配査定、お持込み査定の3つの方法をご用意して大分県内において柔軟に対応いたします。

■市

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市

■郡

東国東郡、速見郡、玖珠郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

安心!簡単!着物買取の流れをご紹介します。

お電話1本であなたのご自宅へ出張いたします。お問い合わせから現金お渡しまで、簡単4つのステップ!

ご相談・お問い合わせ

まずは無料フリーダイヤルへお電話ください。

フリーダイヤル:0120-542-670

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

電話している女性


査定員が出張訪問

査定員がお客様宅へご訪問いたします。お品物をご用意していただき、お待ちください。

※未成年者からの買取はできません。
※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

挨拶している査定員


お品物の査定

着物専門査定員がお客様のお品物を査定。基本的にはお客様のご自宅の玄関先で査定させていただき、金額をご提示させていただきます。

査定は出来る限り速やかに、短時間で完了できるよう努めております。お客様は、できる限り査定員からもお姿の見える場所にてお立会ください。

着物を査定している査定員


現金のお渡し

ご提示させていただいた金額にご納得いただけましたら、現金をその場でお支払いし、お品物を引き取らせていただきます。お取引終了後、査定員から書面資料についてご説明させていただきます。これらはお客様にとっても大切な書面となっておりますので、お手元にて保管をお願い致します。

現金を渡している査定員



大分県の着物に関する豆知識

大分県で有名な伝統工芸品や織物


日本文化の象徴でもある「着物」は現在、海外の観光客にも注目されており需要が高まっています。着物と言えば保管・保存が難しく、劣化するとたとえ高価なものだったとしても価値が下がってしまうので、需要が高まっている今の時期に不要な着物や和装小物などを買い取ってもらってはいかがでしょうか?大分県は北九州に位置し、中国地方や四国地方との交流が盛んな県となっています。人口はおよそ110万人を超え、繊維業者も豊富にあり、着物を扱う問屋も色々選べます。また、大阪には着物を着て散策するのにピッタリな城下町や日本の良さを味わえる別府温泉などがあるので、足を運ぶ観光客も多いです。
大分県で有名な伝統工芸品と言えば「別府竹細工」。大分県はとても質の良い「竹」の産地であり、室町時代から本格的に工芸品として扱われるようになり、現在では国認定の伝統工芸品となっています。竹細工の高級品と言えば「別府竹細工」と言われるほど、たくさんの方から愛されているんですね。
着物はありませんが、巾着やカバンなど和装関連の小物は作られているので着物と一緒に持っているという方もいると思います。もし、不要になった時は着物と一緒に別府竹細工で作った小物も査定してもらうと良いです。高額査定になる可能性は十分にあります。

着物を着て訪れるのにぴったりな「城下町」


昔の大分県で始まったとされる絞り染めから発祥したとされる「豊後絞り」の着物も高額査定がつきやすい傾向にあります。絞り染めの工程はざっくり説明すると、下絵描き→くくりで柄作り→くくった状態で生地の染め上げ→乾燥、糸抜き→しわ伸ばしといった流れになります。豊後絞りの着物は若い方にも人気があり、成人式の振袖として注目されています。
大分では他にも、昔に実在した綾女という女性をモデルにして作られた家庭円満などのご利益があるとされる「姫だるま」や天保年間に発展したとされる「日田下駄」などの伝統工芸品があります。
大分県の杵築には杵築城とその城下町が残っており、大分の歴史と日本ならではの雰囲気を味わう事ができます。石畳の長い階段に武家屋敷、季節の風景と着物を着て訪れるのにピッタリな歴史的観光地となっています。せっかく良い着物を持っているのに着る機会がないという方も、この杵築の城下町のような観光スポットに合わせて着用してみてはいかがでしょうか?
大分県は着物が合う歴史的観光地があり、着物買取の需要もあるのでぜひ不要な着物などを買い取ってもらいましょう。

大分県の着物で行きたい名所

杵築城下町を着物で歩いてみよう


大分県で着物を着て散策するのにおすすめなのが、杵築城下町です。日本で唯一のサンドイッチ型城下町とも呼ばれています。江戸時代の暮らしや様子を体感できる街並みです。武家屋敷や石垣などが残っているので着物を着て散策するといいでしょう。杵築城下町は、和服で歩いていると協力店で割引サービスの特典を受けることができます。着物のレンタル店があるので、気軽に着ることができますよ。映画やドラマの撮影にも使われているので、写真撮影もしておくといいでしょう。
立ち寄ってもらいたいのが「大原邸」です。日本庭園が残っている武家屋敷で、昔ながらの日本建築や上級武士が生活していた様子を知ることができます。杵築城下町での食事は、江戸時代の御殿様が食べていた「鯛茶漬け」がおすすめです。鯛の刺身とゴマだれが乗ったご飯に、お茶をかけていただきます。病で食事を摂ることができなかった御殿様が、喜びながら食べていた食事だそうです。
杵築城は日本で一番小さいお城と言われています。天守閣からは城下町の様子や海を見ることができ、素晴らしい景色です。天守閣にはさまざまな資料が展示されていて、本物の兜や鎧を着用して写真を撮ることもできます。当時の戦国武将が着ていた鎧などの重さを体感してみてもいいかもしれません。

着物で日本遺産に認定された天領日田豆田町を歩いてみよう


大分県の天領日田豆田町を着物で歩いてみるのはいかがでしょうか?この地域は、日本最大規模の私塾「咸宜園」や塾生が暮らした「豆田町」の教育遺産群が日本遺産に認定された場所です。酒蔵や旧家の武家屋敷が残っているので、着物を着ていると当時にタイプスリップしたような気持ちになれます。この一帯は城下町として戦国時代にでき、九州地方にある幕府領の中心地でした。江戸末期や昭和初期の町屋はそのまま残っていて、歴史的町並みが見れる場所の一つになっています。
御幸通りで見てほしい場所が、昔ながらの製法で作る醤油が特徴の「日田醤油」の建物です。別名「雛御殿」と呼ばれ、数千体の雛人形が展示されています。日田の豪商達が豪華な雛人形を集めたそうです。歴史のある享保人形なども飾られているので、是非見てみてください。豆田町上通りには酒蔵が並び、一番古いのは1702年に造られたものです。歴史ある酒蔵で、お酒造りの文化や歴史を知ることができます。試飲できるところや、酒粕が入ったアイスクリームも販売しているので楽しむことができるでしょう。
天領日田地域では、さまざまなお祭りが開催されています。春には「天領日田おひなまつり」、夏には「日田祇園祭」などが特徴的です。伝統的なお祭りが多いので、着物で参加してみるのもいいかもしれません。

フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。