【着物買取専門】長崎県で着物を売るなら着物のバイセルへ

こんなお悩みありませんか?

・身丈が合いません
・お茶や日舞などの習い事で着用した稽古着があります
・柄や色が多いです
・遺品整理で大量に出てきました
・身内から譲り受けましたが着ません
・着物を着るのがしんどく、洋服しか着ません
・無名作家の作品でも売れるのでしょうか?
・褪色してしまっています
・傷んでいます
・証紙、証明書がありません

着物の売却先にお悩みでしたら、
バイセルにお任せください!

「もう着物は着ない。」
「捨てるのはなんだか忍びない。」
「譲りたいけれども着る人がいない。」

そんな理由で、やむ無く想い入れのある着物を処分してしまおうとしていませんか?

バイセルでは、そんなお客様の着物を少しでもご満足頂けるよう、お買取りさせていただきます。

私たちはお客様の着物や帯をはじめ、着物に関わる全てのお品物を大切に査定し、お買取りした後もお客様とよりよい関係を築いていけるよう、買取後も万全のサポートをさせていただきます。

長崎県内どこでも
査定員が出張買取で伺います

着物のバイセルでは、査定員のご訪問による無料出張査定と、送料無料の宅配査定、お持込み査定の3つの方法をご用意して長崎県内において柔軟に対応いたします。

■市

長崎市、佐世保市、島原市、諫早市、大村市、平戸市、松浦市、対馬市、壱岐市、五島市、西海市、雲仙市、南島原市

■郡

西彼杵郡、東彼杵郡、北松浦郡、南松浦郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

安心!簡単!着物買取の流れをご紹介します。

お電話1本であなたのご自宅へ出張いたします。お問い合わせから現金お渡しまで、簡単4つのステップ!

ご相談・お問い合わせ

まずは無料フリーダイヤルへお電話ください。

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

電話している女性


査定員が出張訪問

査定員がお客様宅へご訪問いたします。お品物をご用意していただき、お待ちください。

※未成年者からの買取はできません。
※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

挨拶している査定員


お品物の査定

着物専門査定員がお客様のお品物を査定。基本的にはお客様のご自宅の玄関先で査定させていただき、金額をご提示させていただきます。

査定は出来る限り速やかに、短時間で完了できるよう努めております。お客様は、できる限り査定員からもお姿の見える場所にてお立会ください。

着物を査定している査定員


現金のお渡し

ご提示させていただいた金額にご納得いただけましたら、現金をその場でお支払いし、お品物を引き取らせていただきます。お取引終了後、査定員から書面資料についてご説明させていただきます。これらはお客様にとっても大切な書面となっておりますので、お手元にて保管をお願い致します。

現金を渡している査定員

長崎県の着物に関する豆知識

長崎県で有名な伝統工芸品や織物

長崎県は外国との交流が盛んだった事もあり、日本と異国の情緒が溶け合う魅力ある街並みや景色が特徴となっています。長崎県で着物買取を依頼する際は、比較的リサイクルショップや着物買取店舗が集まる県庁所在地のある市を選ぶのがオススメ。業者や店舗の場合、そのほとんどが不要になった着物を持ち運ぶ必要があるので、近場にない時は出張買取で人気の着物買取専門サイト(インターネット)を利用してみると良いです。
不要になった着物はできれば査定に出す前に一度チェックした方が良いです。ほぼ処分目的で持ち込むのなら良いのですが、少しでも高額で査定してもらいたい時は加賀友禅などの有名作家の作品であるかどうか、山下南風など人気染色家が関係する作品かどうかなどを今一度確かめておくと安心です。
長崎の有名な伝統工芸品には、昭和53年に国の伝統工芸品に指定された繊細優美の一言で表現される「三川内焼」、ロマンと歴史の街長崎の工芸品でありペンダントやネックレスなどにも利用される「長崎べっ甲」、平成3年に県の伝統工芸品の指定され指輪やタイピン、ネックレスなどに利用される「五島さんご」、折れない伸びないと評判の手作り釣り針「対馬満山釣針」、日本三大土人形の1つとしても有名で黒や赤や白などの原色をふんだんに使った「古賀人形」、古くから長崎県の五島地方で親しまれてきた郷土玩具「五島ばらもん/凧」など色々な種類があります。

着物を着て長崎の街を散策してみよう!

長崎県を代表する織物はありませんが、先ほども言いましたように長崎の芸術家・染色家として知られる山下南風や、岡本幸治など有名な加賀友禅作家の作品は長崎県でも注目を集めている着物なので、県内の買取業者に査定をお願いしても高い買取価格がつく場合があります。ですが、有名作家や価値のある着物を買い取ってもらう際は、ある程度目利きのある方に査定してもらった方がより納得のいく査定額になるかと思います。
他のエリアとは違い、日本と異国の風情を両方味わえる長崎の街を着物で散策する方は結構います。大きな魅力のある街並みに程よく点在する観光スポット、なので海外観光客も多く足を運びます。海外観光客の中でも長崎の風情を楽しもうと着物を着て散策する方が見受けられます。新しく購入する方もいますが、散策用に中古着物を購入する方も多いです。
自宅で不要な着物が見つかったら、まずは着物買取ショップやサイトを利用してみましょう。

長崎県の着物で行きたい名所

国際都市長崎の魅力を凝縮した美しさ!大浦天主堂を着物で歩く

長崎県といえばハウステンボス!と言いたいところですが、長崎は日本初と言ってもいい国際都市。せっかく着物をお召しになって長崎を歩くなら、国宝・大浦天主堂で異国の雰囲気をたっぷりと感じてみませんか?隠れキリシタンが信徒である事を告白した、いわゆる信徒発見の現場としても有名です。
宣教師の指導の下で日本人大工が建立したという天主堂は、日本の洋風建築の中でも最初期の物。レンガ造りの中にも漆喰(しっくい)がふんだんに使われており、和と洋が融合した不思議な印象は着物で散策するのにぴったり。和を身にまとい異国の空気の中に身を置く、他では味わえないなんとも贅沢な時間が過ごせます。こちらも国内で最も古い時期の物という美しいステンドグラスの数々も見どころです。外からの光を通すと、現代の物とは微妙に違うなんとも言えない美しさ。大浦天主堂は外観から内部の装飾の数々まで、国際都市長崎の魅力を凝縮した美しさです。
すぐ近くには世界遺産にも指定された旧グラバー邸のあるグラバー園もあります。こちらでは坂の多い長崎の地形に対応して、動く歩道も完備され着物でも訪れやすくなっています。現代でもモダンに感じる素敵な住宅の数々です。大浦天主堂に行かれたら、こちらも立ち寄られてはいかがでしょうか。おなかが空いたら、帰りにグラバー通りで食べ歩きもいいですね。

着物で長崎を散策したらお土産は福砂屋のカステラで決まり!

近代的な雰囲気の中にも江戸末期~明治初頭の文明開化の空気を漂わせる街、長崎。着物で散策すれば現代の時の流れを忘れて、まるで歴史の中を歩いているような錯覚に陥る事も。そんな長崎を心ゆくまで散策した後は、お土産はカステラ本家 福砂屋本店で決まり!県民がカステラには強いこだわりを持っているという長崎県でカステラ本家を名乗る老舗中の老舗です。
創業はなんと1624年。400年近い歴史があるというから驚きです。カステラがポルトガルから日本へ伝来した頃から脈々と続くお店なんですね。カステラの伝統を守る心は今も健在で、ネットや電話ではほとんど買えません。直接、お店で販売するのが一番おいしいという事でしょうか。こだわりを感じさせますね。
福砂屋は長崎市内だけでもいくつか店舗がありますが、やっぱり着物で立ち寄るなら本店です。福砂屋はよく行くけど本店には行った事がないという方も、1度訪れてみてはいかがでしょうか?歴史を感じさせる漆喰の真っ白な壁に、これまた漆喰で厚く塗り固められた瓦が目を引きます。明治初期のガス灯を思わせるような看板も情緒があってとても素敵です。着物での長崎散策のラストは歴史を存分に感じながら、おいしい「かすていら」で締めくくってはいかでしょうか。

キャンペーン