こんなお悩みありませんか?

・身丈が合いません
・お茶や日舞などの習い事で着用した稽古着があります
・柄や色が多いです
・遺品整理で大量に出てきました
・身内から譲り受けましたが着ません
・着物を着るのがしんどく、洋服しか着ません
・無名作家の作品でも売れるのでしょうか?
・褪色してしまっています
・傷んでいます
・証紙、証明書がありません

着物の売却先にお悩みでしたら、
バイセルにお任せください!

「もう着物は着ない。」
「捨てるのはなんだか忍びない。」
「譲りたいけれども着る人がいない。」

そんな理由で、やむ無く想い入れのある着物を処分してしまおうとしていませんか?

バイセルでは、そんなお客様の着物を少しでもご満足頂けるよう、お買取りさせていただきます。

私たちはお客様の着物や帯をはじめ、着物に関わる全てのお品物を大切に査定し、お買取りした後もお客様とよりよい関係を築いていけるよう、買取後も万全のサポートをさせていただきます。

福島県内どこでも
査定員が出張買取で伺います

着物のバイセルでは、査定員のご訪問による無料出張査定と、送料無料の宅配査定、お持込み査定の3つの方法をご用意して福島県内において柔軟に対応いたします。

■市

福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、本宮市

■郡

伊達郡、安達郡、岩瀬郡、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡、西白河郡、東白川郡、石川郡、田村郡、双葉郡、相馬郡

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

安心!簡単!着物買取の流れをご紹介します。

お電話1本であなたのご自宅へ出張いたします。お問い合わせから現金お渡しまで、簡単4つのステップ!

ご相談・お問い合わせ

まずは無料フリーダイヤルへお電話ください。

フリーダイヤル:0120-542-670

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

電話している女性


査定員が出張訪問

査定員がお客様宅へご訪問いたします。お品物をご用意していただき、お待ちください。

※未成年者からの買取はできません。
※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

挨拶している査定員


お品物の査定

着物専門査定員がお客様のお品物を査定。基本的にはお客様のご自宅の玄関先で査定させていただき、金額をご提示させていただきます。

査定は出来る限り速やかに、短時間で完了できるよう努めております。お客様は、できる限り査定員からもお姿の見える場所にてお立会ください。

着物を査定している査定員


現金のお渡し

ご提示させていただいた金額にご納得いただけましたら、現金をその場でお支払いし、お品物を引き取らせていただきます。お取引終了後、査定員から書面資料についてご説明させていただきます。これらはお客様にとっても大切な書面となっておりますので、お手元にて保管をお願い致します。

現金を渡している査定員



福島県に関する着物の豆知識

「会津からむし織」ってどんな織物?


福島県の有名な織物、工芸品と言えば「会津郷からむし織」や「会津木綿」。福島県の会津地方では昔から気候や風土に合わせた織物や着物を使用しており、その美しさや素朴さは買取時の査定ポイントにもなります。福島では
代々受け継がれる着物などが箪笥の奥にしまったままになっている家庭も多く、買取してもらう機会が少なめでした。大切な着物でも何着もあるとかさばってしまい、引っ越しの際などに運ぶのが大変になってしまうこともあります。
また、手入れも簡単では無いので知らない間に穴があいたり、傷んでしまい、着られなくなってしまうなんてことも。もし、保管している着物が不要になったときは一度に片付けられる着物買取サービスを利用してみるのも
良いかもしれませんね。
会津からむし織は、速乾性や通気性、吸湿性に優れた織物で、平成9年に福島の伝統工芸品に指定されました。イラクサ科の植物である「からむし」を原料にしており、耐久性の高さや防虫効果も期待できます。水を通すと風合いが
良くなり、日本、会津の風土に最適な織物となっています。買取査定をお願いする際はぜひ「会津からむし織」が無いかどうかチェックしましょう。査定額が上がるポイントになります。会津からむし織は着物の他にも草履やネクタイ、
カバンなどにも活用されています。

「会津木綿」ってどんな工芸品?


鮮やかなタテ縞模様が魅力の「会津木綿」は、会津の人たちの日常生活に欠かせない生活布として重宝されてきた、福島県の伝統工芸品(平成15年指定)となっています。起源は1627年にさかのぼり、当時会津藩主であった加藤
嘉明が会津に移動した際に、伊予松山(前領地)から織師を招き、伝えたとされています。丈夫で厚地であったため、日常着として主に使用されていました。現在ではタテ縞模様に現代風なデザインを取り入れ、若者にも人気の
工芸品となっています。
着物を保管している家庭(旧家)が多いのに買取業者や買取専門の鑑定師が少ないと言われている福島県で着物買取をお願いしたいなら、自宅で買取査定してもらえる出張買取などがオススメです。着物を処分したいけどどうして
良いのか分からない・・・多すぎて買取店まで足を運べない・・・そんな方も安心して利用できます。福島県の有名な織物である「会津からむし織」や「会津木綿」があれば、高額査定してもらいやすいので忘れずに買取を
お願いするようにしましょう。

福島県の着物で行きたい名所

会津を着物で散策!日本の誇る御薬園を満喫しよう


福島県といえば、赤べこや会津漆器などたくさんの伝統工芸品や民芸品が有名です。
また東日本大震災で大きな被害を受けましたが、県全体で各町の復興に力を入れており、自然の豊さや伝統が長く受け継がれている土地です。
だからこそ街並みにもロマンがあり、日本の歴史を感じられる場所がたくさんあります。
そんな歴史ある福島県の中でも、会津エリアを着物で散策してみるのはどうでしょうか。
会津と言えば、国指定にもなっている会津松平氏庭園の御薬園があります。
この御薬園は約400種類もの薬草や薬木が植栽されており、四季折々に花が咲き誇ります。また園内にはお茶屋御殿や重陽閣があるので抹茶や伝統的な健康茶、スイーツなどを綺麗な庭園を目に味わうことができます。
季節によってはイベントも催しており、御薬園の近くに着付けやヘアメイクのセットをしてもらえるお店もいくつかあります。
もちろん着物のレンタルも扱っているので、自前の着物がなくても問題ありません。
浴衣ではなく着物ですから、自分で着るのは難しく普段着る機会も少ないのではないでしょうか。
日本が誇る庭園を日本の伝統文化である着物を着て散策する、そんな贅沢なお散歩ができる場所です。

素敵な着物で城下町を通り鶴ヶ城へ!


福島県の伝統的な場所は、御薬園だけではありません。御薬園はたくさんのお寺に囲まれており、しばらく城下町が続きます。
アンティークな建物や昔の建物を改装したお洒落なカフェ、お饅頭やお団子屋さんなど伝統的な和菓子屋さんがいくつも並んでいます。
ご当地ならではの珍しい和菓子から、昔からある伝統的な和菓子など食べ歩きができるのも、城下町の魅力の1つです。
城下町をしばらく歩くと、鶴ヶ城にたどり着きます。
鶴ヶ城は以前、大河ドラマの舞台にもなった場所です。会津のシンボルとも言われており、全国でも稀な赤瓦の天守閣として有名です。
場内を歩いていると季節感のある風景が広がっており、石垣や堀の水面も当時の歴史を感じさせます。
この風景を着物を着て歩くことで、季節感や今までの歴史をより一層、堪能することができるのではないでしょうか。
通天閣は1から5層の作りになっており、1から4層までは天守閣博物館として貴重な歴史資料が展示されています。
またガイドさんが付いて説明してくれるというサービスもあるので、会津の歴史をより一層深く知ることが出来るのです。
通天閣の最上階の5層は展望台になっており、会津の町並み全体を見渡すことが出来ます。
着物で悠々とした時間を過ごすのも、この場所ならではの楽しみ方ですね。

フリーダイヤル:0120-542-670

キャンペーン
無料着物出張査定,お申し込みフォーム

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

個人情報の取扱いについて
<利用目的>
この無料査定お申込みフォームでご提出いただく個人情報は、無料査定のお申込みまたはお問合せ事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部長
個人情報苦情及び相談窓口
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com
上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。